お色気 めくるめく官能世界へ誘います

出合いの泉⑧シニアのための夜の会話術「中高年が新人に言いたいあの台詞」

いよいよ来月から新年度が始まります。皆様の職場にもフレッシュそうな新人が少なからず入ってくることでしょう。世の中に暗いニュースが漂う中、今とはうって変わって社内は華やかな雰囲気に包まれるに違いありません。

中には田村正和や桃井かおり風の妙に達観した若手もいるかもしれませんが、社会人としてはまだまだ鼻垂れ。読者の皆様はベテラン社員としても社会人の先輩としても恥ずかしくない行動を心がけ、愛情をもって接したいものです。

ちなみにある調査会社によると2020年の新入社員の傾向は「素直で協調性に富む」とのこと。つまり、上司や先輩に対して積極的にコミュニケーションをとってくることが考えられます。

反面、オジサン連中は若い人に話しかけられると、嬉しくなってついつい「オヤジギャク」を連発してしまいがちです。特に目下の者から称賛されたりすると有頂天になって「いらんこと」を言う確率も、かなり高くなります。例えば新人女子に「課長って仕事ができるんですね」なんて言われると、つい「アッチのほうもな!」などとほざいてしまいます。そんなときはグッと心頭を滅却して、是非この言葉を使ってみてください。

「大人をからかうもんじゃないよ」

一瞬、セクシーすぎてヘドが出そうになりますが、若者からは威厳を保ちつつも親しみやすい印象を与えます。なお、この言葉は同世代の社員には使えません。ご注意を。

文責:編集長原田


【夜の会話術 バックナンバー】

▶中高年は「笑納」を多用せよ
▶どんな猥談も紳士的になる「あの言葉」
▶女性がトキメク「お助けしましょうか?」
▶褒めながら自分の意見を言おう
▶クサイ台詞を使ってみよう
▶熟女が蔑む「ナルホドですね」
▶女の子にいつも言いたい「あの言葉」