お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第90回 東京都在住H・Nさん(68歳)の告白【熟女から手ほどきを受けた初の一人旅】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【熟女から手ほどきを受けた初の一人旅】

H・N 68歳 東京都在住

高校を卒業し、無事大学にも受かり、それを記念して念願のひとり旅に出かけた。予定は2泊3日。鈍行の列車に揺られ、駅弁をほお張りながら、なんとか目的の海岸にたどり着いた。

幼いころに両親に連れられ、いつかもう一度と思っていた場所だけに、感慨もひとしお。しばらくぼう然と広がる大海原をながめ、心が洗われる気分を堪能した。

貯金をはたいての貧乏旅行だったので、その日はパンと牛乳を食事とし、駅の待合室に泊まった。けれど、季節の冷気に身体が冷え込み、固いベンチで身体が痛み、次の日は思い切って安旅館に泊まることにした。

宿について風呂につかり、食事を終えると仲居さんが布団を敷きに来てくれた。わたしが恐縮して部屋の隅にいると、仲居さんはなんだか意味ありげな顔つきでいった。

「お客さん、あんまさんはいらんかね」

さすが、客商売が長いと顔を見ただけで身体の疲れがわかるのかと、わたしは感心した。とはいえ、学生の身分であるわたしは、マッサージなど受けたことがない。それでも身体は夜になってもギクシャクしていたし、最後の夜くらいゆっくり眠りたいと考え、お願いすることにした。

しばらくしてあらわれたのは、自分と母親の間くらいの年齢とおぼしき女性だった。とはいえ、濃いめの化粧をほどこした表情はなんとも色っぽく、わたしは不覚にも下半身が熱くなる。

「お客さん、お若いわねぇ、いくつ?」

わたしは布団にうつぶせになって実年齢を答える。

「そう、どおりで肌艶もいいし、身体もやわらかい」

そういいながら、わたしをあお向けにした彼女は腕を揉み、脚を揉み、次第にその手は下半身に伸びる。

「な、なに……」

「ふふふ、心配しないで」

彼女は慣れた手つきでわたしのパンツをおろすと一物を握り、こすりはじめる。その、やわらかで緩急を加えた手の動きに、わたしのモノはたちまちのウチに大きく勃起した。

「若いっていいわねぇ。なんだかわたし」

彼女はそういって顔を近づけ、一物に唇をそえる。わたしはそれだけで暴発しそうになるのを必死にこらえた。

「お客さん、女は知ってるの?」

「え?」

「知らないの? もったいない。ハンサムなのに」

「は、はぁ」

「なんならわたしが手ほどきしてあげようか?」

「え?」

「本当はもっともらうんだけど、お客さんなら」

彼女は右手の指を3本立てる。

「の、半分でいい」

飲まず食わずの貧乏旅行が幸いして、それくらいの余裕はある。それに、もはや股間はビンビンにうずいている。

卒業記念旅行で童貞も卒業するのも、おつなものかと考えたわたしはうなずいてしまった。

「ありがとう」

そういって、彼女はとうとう、自分の口の中にわたしを納めた。

舌がサオに絡みつき、ねっとりとした感触が全体をおおう。温かな唾液が染みつき、内ほほの粘膜で摩擦を加える。

わたしは我慢の限界をおぼえ、瞬く間に彼女の口の中に吐き出してしまったのだった。

「うん、うん……」

ちり紙の上にわたしの精液を吐き出した彼女は、舌なめずりをしながら色っぽい視線でわたしを見る。

「本当は口でなんかしないの。けど、初めての女になるんでしょ、わたしが。ゆっくり楽しませてあげたいからね」

そういうと彼女は立ちあがり、マッサージ服を脱ぎはじめた。

白い蛍光灯の下で全裸になる彼女の姿は、想像以上の美しさを保っていた。若い女の子のような張り詰めた可憐さは失われているが、熟した色香とでもいうのか、周囲の空気に溶け込んでしまいそうな危うさがそなわっていた。

釣り鐘型の乳房に、少し色づいた乳首。腰をねじりながら、見せつけるように服を脱ぐ様子は妖艶だ。

一度吐き出してしまったわたしだったが、彼女の仕草を見つめているウチに、一物はふたたび大きく固くなる。

「すごい、もうこんなになってる」

彼女はうれしそうにいうと、ふたたびわたしを舐りはじめた。

彼女の舌技で完全によみがえったわたしに、彼女はまたがり、指でしごきながら自分にあてがう。

「ここに入るの。わかる、わたしが濡れてるの」

わたしが何もしないのに、すでに彼女の部分はじんわりと潤っている。それが、割れ目に当てられた先の感触でわかった。

「挿れるわよ」

彼女はそういって腰を沈める。わたしの一物は、肉厚のある肉ビラをかき分けながら膣壺に埋没していった。

彼女の内部はやわらかで、なめらかで温かく、口以上に気持ちのいいものだ、と改めて認識させられた。

内部の筋肉がうねうねとうごめきながら、わたしを奥へ奥へといざなっていく。肉粒のようなものが細かく動き、襞がまとわりついてくる。

彼女は最初、動かなかった。女の内部を確実に、わたしに知らしめようと考えたのかも知れない。

わたしにとって、自分が初めての女になる覚悟。

そこまで考えていたのか、いまとなっては怪しいところだが、そのときのわたしには思えた。

「動くわよ、ゆっくり、ゆっくり……」

自分に言い聞かせるように彼女はつぶやく。その動きに合わせ、わたしは内部をかき混ぜる。

徐々にあふれ出る愛蜜。ピチャピチャとしずくの音がひびく。

彼女はわたしの身体を起こし、乳房に顔を押しつけた。わたしは、まるで赤ん坊のように乳首に吸いつく。

「そうよ、ああん、好きなように、うん、好きなようにしていいのよ。好きに……」

客と売春婦という意識は、わたしの脳裏から払拭されていた。そこにあるのは、男になる若造と手ほどきを与える年上の女。それが営利目的だということも忘れ、わたしは彼女に溺れる。

彼女も、仕事を度外視した素振りを見せる。いや、そうであってほしかった。

「ううん、そうよ、そう。ああん、気持ちいい、いい、じょうず」

わたしを抱きしめながら、彼女は腰を振る。わたしも下から彼女の身体を突き刺す。ふれ合う肌の感触と膣内のぬめりに興奮は絶頂に達し、一物は脈打ちをくり返す。

「うん、いきそうなの、出そうなの?」

わたしの頂点が近づいているのを、彼女は察したようだ。

「じゃあ、今度はわたしを上から犯して。ちゃんとした形で男になりなさい」

やさしい言葉で言うと、彼女はわたしからおり、あお向けになった。

わたしは正常位で彼女をつらぬく。彼女はわたしの肩に手をまわし、大きく脚をひろげ、かかとをあげる。わたしは強く腰を打ちつけ、せりあがる精液を我慢していた。

「ああん! やん、いいのよ、そのままいっていいのよ! はやく、さあ、はやく!」

わたしは奥の奥まで挿入したまま射精した。筋肉が震え、頭の中が真っ白になるほどの快感が身体中を駆け抜けた。

すべてが終わると彼女はカネを受け取り、わたしにキスをして部屋を出た。

「あなた、立派よ。とてもじょうず。いい男になりなさい」

旅行の最後に、わたしはふたたび海を見に行った。1日違うだけなのに、大海原の姿は違って見えた。童貞を失った意識がそう見せたのだろう。

あれから50年近くたつが、辛いときや苦しいときは、あのときの海を思い出す。そして、自分に自信をあたえてくれた女性のことも。

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【純朴な看護婦を騙した入院生活】
◀【不幸な娘に憐れみを覚えた買春体験】
◀【発情妻に誘惑された元タクシー運転手の僥倖】
◀【熟睡する少女を思う存分辱めた夜】

◀【嫁の姿にあおられて風俗通い】
◀【家庭教師の性愛指南】
◀【紅葉の信州で未練を残した夜】
◀【女をひどい目にあわせ続けた若い日】
◀【友人の姉に誘惑された思い出】
◀【何度でも求めた具合のいい素人売春婦】

◀【若い女の肌に触れたことで取り戻した自信】
◀【家出中に出会った女との3日間】
【ソープランドで出会った天使】
◀【叔母さんから受けた甘美な手ほどき】
◀【叔母に童貞を奪われた夏休み】
◀【名器を持つ淫乱淑女】

【パンティが好きになった理由】
◀【初体験の相手になってくれたハイミスOL】
◀【母と同年代の年増娼婦】
◀【女体を前に震えた初体験】
◀【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】
◀【真性マゾ女との遭遇】

◀【不倫関係にあったマゾOL】
◀【亡き母の面影を求めて愛した年上の女】
◀【夢のごとき避暑地の恋】

◀【友人の彼女と初体験した16歳の夏】
◀【大ゲンカがきっかけの大人になる儀式】
◀【アルバイト先の酔った年増女に裸にされ】
◀【いきなり抱きついてきた幼なじみと畑の中で】
◀【女子の先輩に強要された初体験】

◀【妻がバイブを受け入れた夜】
◀【狙った女はウソ八百でモノにする】
◀【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】
◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」