お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【AV女優インタビュー・赤瀬尚子様】メガネ美女は毎日「疼き」が止まらない

【快活60史上、最もメガネの似合う女性】

快活60の読者の皆様の中には「無類のメガネ美女好き」という方も少なくないでしょう。

今回ご紹介させていただく女優さんは、おそらく快活60史上、もっともメガネの似合う女性です。

もし、AV業界で「メガネ・ベストドレッサー」があったら間違いなく優勝するほどメガネが板についています。

さっそくご紹介いたしましょう。

今年4月にデビューした赤瀬尚子さんです。

ご覧ください。メガネをかけたこの知性溢れるお顔を。そしてその知的な容姿に似つかわしくない大きなバストを。会った瞬間に思わず股間を抑えて「くの字」になってしまいそうになるほどエロチックです。メガネをかけてここまで人を勃起させる女性を私はみたことがありません。

いったいどんな女性なんでしょうか。

快活60は赤瀬尚子様の秘密のヴェールをそっとめくってみました。

【赤瀬尚子さんの意外すぎるデビューの理由】

赤瀬尚子さんのご出身は花の都・大東京。

気になるスリーサイズは上から93・60・90で、バストサイズは掟破りのFカップ。乳輪は慎ましやかな桜色で、いかにも敏感そうな乳首が上品に添えられています。気の早い方は、このお姿を見ただけで軽く2、3回はイってしまうかもしれません。

ご趣味は映画鑑賞。ご本人曰く「サイコホラー」がお好きだそうです。

こんな虫も殺さなさそうな女性が首チョンパや鮮血まみれの作品がお好きだなんて、ちょっと意外かもしれませんが、赤瀬さんは怖い映像が好きというより、どんな特殊技術で作られているかに興味があるそうです。

つまり、どちらかというと「作り手側の視点」でホラーを楽しんでいるようなのです。

これならあまり怖くないかもしれませんね。

趣味はお掃除。

臓物だらけのホラー好きとは裏腹に、とってもキレイ好きです。

おそらく、赤瀬さんの部屋には陰毛1本も落ちていないことでしょう。

つまり、赤瀬さんについてまとめると、メガネが似合ってクリエイティブでキレイ好きということになります。

なんて素晴らしいい女性なんでしょう。

しかし、いったいこんな麗しき女性が、なにゆえAV界に飛び込んできたのでしょうか。

お伺いしたところ、そこには海よりも深いワケがありました。

「話すとちょっと長くなるんですけど、そもそもは元カレとのセックスレスが原因でした」(赤瀬さん・以下同)

なるほど。ヤリ盛りの熟女の中には、指一本も触れてこようとしない夫とのセックスレスにブチ切れてAVの世界に飛び込んでくる方も少なくありません。彼女もそのクチなのでしょうか。

「うーん。ちょっとだけ違うんです。むしろセックスをしたくなくなってしまったのは、元カレではなくて私のほうなんです」

なんと! ということは欲求不満が爆発してAVに突き進んだワケではなさそうです。

いったいどういうご事情があったのでしょう。

「一言で言えば『性の不一致』ですね。たぶん、セックスの相性が極めてよくなかったんだと思います。なにしろセックスのたびに彼の具合が悪くなってしますんですから」

セックスで男の具合が悪くなるなんて聞いたことがありません。いったいどうなってしまうというのでしょう。

「どうしてそうなってしまうのかわかりませんが、セックスが終わった後にはいつも熱中症患者のようにグッタリしてしまって酷いときにはトイレで吐いたりもするんです」

もはや命がけではないですか。ひょっとして赤瀬さんがお付き合いしていた男性は90歳過ぎの爺様ですか?

「いいえ。年齢は私より上でしたが年寄りではありません」

全然若いじゃないですか! 他にはどのような症状がありましたか?

「フェラも騎乗位も、ものすごく痛がるんです」

えっ! 痛がる。それは赤瀬さんが興奮してチンポに歯を立てたり、ペニスがヘシ折れるほど腰を動かしたからではないんですか?

「うーん。そんなことはないと思うんですけど…」

うーむ。おかしいですね。まさにホラーですね。元カレは何かに取り憑かれているとしか思えません。

「そうなんですかね。でも、いつも具合が悪くなってしまうんで元カレに悪くて…。それでだんだんセックスが疎遠になってしまったんです」

そうでしたか。あまりの悲惨さに返す言葉もありません。つまり赤瀬さんは、ご自分のセックスに懐疑的になって、この業界に入ってきたんですね。

「いえ。それもちょっと違うんです」

えっ! まだなんかあるんですか?

「はい。実は私、今から数年前にも一度AVに出ようとしたことがあるんです」

ええっ! そうなんですか? いったいなぜ?

「それは元カレが、ことあるごとにAV女優と付き合ってみたいと言っていたからです」

なんですと! 自分はセックスで具合が悪くなる人がAV女優と付き合いたいですと! 言語道断です。

「私も、いつも痛いと言われていたのでセックスがうまくなりたくてAV女優になろうと決意したんです。そうすることで元彼が喜んでくれると思ったんですよ。でも面接に行ったことを元カレに話したらメチャクチャ怒られました(泣)。バレたらどうすんだって。それでその時はAV出演を断念してしまったんです」

なんて身勝手な男なんでしょう。そして赤瀬さんたらなんて、けなげな女性なんでしょう。

ここまでくると性の不一致どころか精神的に不一致です。同情します。

しかしこれでようやくわかりました。赤瀬さんはその時に断念したAV出演のことが忘れられなくて今回のデビューに至ったわけですね。

「いえ。それも違います」

あのぅ、赤瀬さん。いったいいつになったら、この度のAVデビューのきっかけにまでたどり着くんでしょうか。

「そうですよね(笑)。細かいところは割愛しますが、そうこうしているうちに私に好きな人ができてしまったんです」

それは大変素晴らしいことですが、愛する人ができたといいうことはさらにAVデビューから離れていきそうな匂いがします。

「いえ、それが近づていってるんです(笑)。実は今まで私は自分から男の人を好きになったことがなかったんですが、初めてその方に対して恋心が芽生えたことで、体が激変してしまったんです」

えっ! 体が激変したですと! もしかして調教されたんですか?

「いえ、その方とは男女の関係はありません。好きな人ができたら、途端に性欲がおかしくなってしまったんです」

男女関係がないのに性欲がおかしくなるとは珍妙な。 全く意味がわかりません。どういう風におかしくなったんですか?

「お恥ずかしい話ですが、朝から晩までいつもその人のことを考えていたら、いつしか仕事をしていても街を歩いていても、体が疼いて疼いて止まらなくなってしまったんです」

なんということでしょう。それはおそらく恋をしたことでホルモンバランスが崩れてしまったに違いありません。

「私も病気なんじゃないかと、すごく悩みました。疼きが止まらない不安と恐怖で泣いたこともあります。でも、いつまでも悩んでいても仕方がないので、この疼きを前向きに利用しようと思ったんです。それが私がAVの門を再び叩いた理由です」

なんて不思議な話なんでしょう。しかし、紆余曲折がありながらも、赤瀬さんはようやく本来の自分を取り戻したとも言えます。

もしかしたら、とんでもない金の卵がAV界にデビューしたのかもしれません。

【赤瀬尚子さんのオナニー事情】

寝ても覚めても疼きが止まらなくなってしまった赤瀬さん。しかも、好きになった男性と肉体関係はないといいます。そうなるとAVのお仕事以外では、どうやって激しいい「疼き」をどうやって解消してるのでしょうか。

「はい。オナニーです」

やっぱり。

せっかくですから後学のためにどんなオナニーを嗜むのか教えてください。

「どっちですか?」

どっち? おかしなことをおっしゃいますね。オナニーにどっちもこっちもありません。

「いえ。私の場合、普通のオナニーと本気のオナニーがあるんです」

そうなんですか! せっかくですから両方教えてください。

「普通のほうはクリの吸引バイブを使ってササっと2、3回イって終わりです」

ちょっと待ってください。「ササっと」という言葉でごまかされていますけど、今「2、3回イってる」とおっしゃいましたよね。普通は1回です。この時点で既に普通の女の子の「普通」を超えています。

では、本気のオナニーはどんなことをするんですか?

「本気のオナニーは、お風呂場に行って吸引バイブに加えてディルドを使ってやるです」

ん? なんか思っていたよりも普通ですね。しかしながら、どうしてお風呂場に行く必要があるんですか?

「それはですね。本気のオナニーは『お漏らし』をするまでやるからなんです」

お、お漏らし! 立派な淑女がハシタナイじゃありませんか! ちなみに「お漏らし」をするまでオナるとどうなってしまうんですか?

「ものすごく感じてしまいます。言葉では言い表せません。でも、お漏らしは『これ以上オナニーを続けてはいけない』という合図でもあるんです」

えっ! 合図? どういうことですか?

「それ以上やると気を失ってしまうかもしれないからです」

ええっ! 気を失う! セックスで失神する女性がいるということは聞いたことがありますが、オナニーで気を失うなんて初めて聞きました。

でもちょっと待ってください。つまり、赤瀬さんは、まだエクスタシーの限界を知らないということになりますよね。

「実はそうなんです。気を失って次の日に仕事に行けなかったりしたら人に迷惑をかけるので我慢しているんです」

なんということでしょう。もしかしたら赤瀬さんは、これまでに我々が遭遇したことがないような感度の持ち主なのかもしれません。

 

【赤瀬さんのエロスイッチと仰天の撮影現場】

どうやら赤瀬さんは真面目そうな顔をしていながら、ものすごい感度の持ち主のようです。

どれぐらい感度が良いのでしょう。その辺のところをお伺いしてみました。

「極端な話、電話で好きな人の声を聞いただけで濡れてきますね。私、耳がすごく感じてしまうようなんです。ヒソヒソ話をされただけで股間が熱くなってきてしまいます」

電話口の声を聞いただけで感じてしまうなんて、まるでパブロフのイヌです。人間を超えた動物的な感度といわざるをえません。

そのほかにはどんなことで感じてしまうんでしょう。

「最近、人前でオシッコをするのが、すごく気持ちいいことがわかりました(笑)」

人前でシッコ! こんな美人が人前で小便を垂らして喜んでいるなんてイヤラシイにもほどがあります。めちゃくちゃ興奮してしまうじゃないですか!

こうなると、赤瀬さんの出演作がどんなことになっているのか気になって仕方がありません。

実際、撮影の時の赤瀬さんは、どんな状態なんでしょう。

「AVのお仕事を始めてから初めてセックスが気持ちいいことがわかったんです。だからもっと気持ちよくなりたくて、あえて撮影前は禁欲をしています。実際、そのほうが数倍気持ちよくなれるんです」

AV作品の中にはわざわざ女優さんに禁欲をさせてから撮影するものもありますが、赤瀬さんの場合は「自主的に禁欲」をしていることになります。さぞかし現場は性欲まみれになっていることでしょう。しかも、素のままの赤瀬さんの悶絶ぶりが拝めるのですからたまりません。

「あ、でもただ欲望のままに感じているだけではないですよ。ちゃんと見てくださっている方が興奮していただけるような工夫もしているんです」

えっ! どんな工夫ですか?

「例えばフェラの時にシーンによっては自分から奥まで迎えに行って、あえて涙を流してみたりとかです(笑)」

それはフェラというよりイラマチオではないですか。

体は発情していながら「作り手側の視点」でも演技しているなんて恐れ入ります。

しかも、これで新人さんなのですから凄まじい限りです。今後のご活躍もさらに期待が高まります。

最後に快活60恒例になりましたが、赤瀬さんに好きなオジサンのタイプと苦手なオジサンのタイプをお伺いしてみました。

「好きなオジサンは誰にでも優しい人ですね。苦手なオジサンはその逆です。私、気が付いたんですけど、世の中の男性って自分の好きな人にしか優しくしないじゃないですか。どうでもいい人にはすごく冷たいですよね。私はすべての女性に対して優しく接する男性が好きなんです」

皆様、いかがでしたでしょうか。

赤瀬さんは間違いなくAV界で何かしらの賞を獲るでしょう。大注目です。

取材&文責:編集Y

【赤瀬尚子さんのオススメ作品はコチラ】

『Gカップ肉感BODY×超絶ムッチムチエロ尻 中出し懇願ランジェリーナ』(プレステージ)

https://www.prestige-av.com/goods/goods_detail.php?sku=shadtt-040

【赤瀬尚子さんのプロフィール】

赤瀬尚子(あかせしょうこ)

▶︎T161-B93(F)W60H90

▶︎生年月日=1990年3月15日生まれ

▶︎出身地=東京都

▶︎趣味=映画鑑賞

▶︎特技=掃除


【AV女優の秘密バックナンバー】

◀松本菜奈実さん「噂の爆乳美女が『スカパー!アダルト』に登場」
◀永野いち夏「SOD史上ダントツのガチ萌え美少女がデビュー」
◀浅井心晴さん「SODの処女社員が衝撃のAVデビュー」

◀桜井千春さん「人見知りを克服したくてAVデビュー!18歳の個性派美女がSODに降臨!」
◀青空ひかりさん「Hの経験がほとんどない山形産さくらんぼ娘がAVデビュー」
◀並木塔子さん「演技力抜群のマルチ熟女女優がスカパー! アダルトに登場!」

◀川上奈々美さん「進化し続けるマルチ女優の今後に注目」
◀新名あみんさん「イクことをコントロールできる驚異の新人がデビュー」
◀日下部加奈様「AVメーカー宣伝部のOLさんが性に覚醒するドキュメント作品に挑戦」
◀架乃ゆらさんがオッサン向けの「お散歩番組」のナビゲーターに」
◀琴井しほりさん「物静かな女性の激しすぎる性欲」
◀矢野乃々華さん「AV界一番の探究熱心な娘を発見!」
◀桜羽のどか様「ウブな娘が連続アクメにハメ潮まで!」
◀涼宮琴音さん「ロリ売りの女優が大人の女性に変身!」
◀石原める「清純派アイドルがAVデビュー」

◀久留木玲「昭和の懐かしき少女が令和に蘇る」
◀SOD社員・吉岡明日海「真面目すぎる女子社員が会社のために人肌脱いだ?」
◀四葉さな「世にも美しい乳房の持ち主がパイズリ初体験」

◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」