お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第75回 群馬県在住T・Mさん(58歳)の告白【叔母さんから受けた甘美な手ほどき】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【叔母さんから受けた甘美な手ほどき】

T・M 58歳 群馬県在住

いまから40年ほど前、わたしが17のとき、叔母の夕子さんが我が家に転がり込んできた。

夕子さんはそのとき、たしか37歳で独身。住み込みで働いていたパチンコ店を辞めたとかで、次に住む場所が見つかるまで居候することになったのだ。

夕子さんは母さんの妹だし、2年前に嫁いでいった姉さんの部屋も空いていたので、父さんに断る理由はない。それどころか、父さんは大歓迎の様子だった。

というのも、夕子さんはとてもきれいな人で、大人の女の魅力を十二分に備えていた。わたしはまだ高校生だったが、夕子さんの美しさは十分理解できた。

透き通るような白い肌にいつも寝ぼけ眼のようなひとみ。胸こそ母さんの方が大きかったけれど、その代わり腰は夕子さんの方が何倍も細かった。

夕子さんの住む部屋は、2階にあるわたしの部屋のとなりにあり、いつも甘い香りが漂ってきた。太陽の光よりも月光の方が似合う夕子さんの容姿に、わたしはたまらないほどのあこがれをいだいた。

わたしは童貞だった。そして、女友だちの一人もいないさびしい高校生だった。

その日、父さんが夕子さんと一緒に帰ってきた。

「いや~、偶然一緒になっちゃってさ」という父さんに、母さんは「そう」と短く答えるだけだった。

その日の夕食は、とても冷たい雰囲気の中で食べた。だれもがうつむき加減で、だれ一人として会話を試みることはなかった。

わたしは早々に部屋に引きあげた。それは夕子さんも同じようだった。けれど用を足すために階段をおりると、母さんと父さんの言い争う声が耳に飛び込んできた。

「あなた、夕子が来てから態度がおかしいわよ」

「なにバカなこと言ってんだ」

「ケーキのお土産なんか買ってきたりして」

「いままででも買ってきてただろ」

「数が違うし値段も違うわ」

「家族が一人増えたから、当たり前じゃないか」

「夕子は家族じゃない」

「実の妹にそれはないんじゃないか?」

「あの子はわたしと違ってきれいだから、むかしからちやほやされて。あなたに初めて紹介したときも言ったわよね。きれいな妹さんだねって」

「社交辞令だよ」

「そうかしら。まだ高校生だったあの子の誕生日にプレゼント買ってきたり、3人で出かけようって誘ってみたり」

「だから、それは……」

「ひょっとしたら、わたしの知らないところで、二人で会ってたとか。そう、きょうだって」

「いい加減にしろ!」

父さんの怒鳴り声がひびき、母さんは黙ったようだった。

「姉さんの焼き餅やき、まだ治っていないのね」

そのとき、わたしの後を通り過ぎた夕子さんが言った。わたしは、そんな夕子さんの背中を見送った。とてもさびしそうな背中だった。

その夜、わたしは夢を見た。夢の中で裸の夕子さんはわたしにおおいかぶさり、全身を舐めていた。

首筋、胸、みぞおちからへそのまわり。そして、わたしの股間に頭を移すと、そそり立ったペニスに舌をはわしはじめた。

わたしは金縛りにあったように身体が動かず、声も出せなかった。ただ、ねっとりとした感触に身をまかせるしかなかった。

「ううう……、ううう……、あ!」

必死になって声を出そうと試みると、その衝撃で目がさめた。すると、現実世界でも、だれかがわたしの股間にしゃぶりついているのが見えた。

夕子さんだった。

夕子さんは薄いスリップこそ身につけているものの、うっとりとした表情でわたしのペニスに舌をはわせていた。

「あら、起こしちゃった?」

「お、叔母さん……」

「なにも言わないで。したいようにさせて」

夕子さんは小さく薄い唇を開き、勃起したペニスのカリ首をなぞり、茎に舌を絡ませる。それからずず~と舐りおろし、陰嚢までさぐりはじめる。

「ああ、そんな……」

「まだよ、まだイッちゃダメ」

夕子さんはそのままわたしを呑み込んだ。

わたしの全身に電流が走る。いままで知ることのなかった快感が、わたしの脳味噌を強く刺激する。

夕子さんはわたしをほお張り、くちゅくちゅと音を立てながら首を上下させた。

ねっとりとうごめく舌の感触。上あごの裏が茎をはさみ、吸いつく力が亀頭に圧力をあたえる。根もとまで吸い込みながら上下運動を繰り返し、わたしの包皮はズリュズリュと往復する。先端に夕子さんの喉の粘膜が当たり、唇がきつい締めつけを加えてくる。

わたしは我慢の限界をおぼえ、ペニスも激しく痙攣をはじめた。それを感じ取った夕子さんは動きを素早くし、抜き差しの幅を大きくする。

「ああ、出る……」

「ふううふん、う、いいわよ、出して。うんうん。の、飲んであげるから。はんん、ふあ。全部出して」

わたしは夕子さんが咥えなおした途端、精液を吐き出した。夕子さんはそれを1滴残らず受け止め、残り汁も搾り出すと、すべてをコクリと飲み干した。

「姉さんもバカね。あなたのお父さんを、わたしが誘惑するわけないじゃない」

ぼう然と横たわるわたしの耳もとで、夕子さんはつぶやいた。

「わたしが好きなのは、あなたみたいな若い男の子。ねえ、もっと気持ちよくなりたい?」

わたしに異存があるはずはなかった。

「その前にひとつ教えて。女は初めて?」

「はい」

「裸を見るのも?」

「はい」

「ふふふ」

夕子さんは妖艶にほほ笑んで立ちあがり、窓を背にスリップを脱ぎはじめた。

その日は十五夜で、すりガラスいっぱいに青い光がひろがっていた。夕子さんは冷たい月光の中で裸になっていく。ブラジャーとパンティー姿になり、それもゆっくりとはずしていく。

「わたし、きれい」

「は、はい」

わたしは夢の続きを見ているんじゃないかと思った。夕子さんの白い肌は、それほどに妖しく現実離れした美しさをたたえていた。

夕子さんはすべてを脱ぎ去ると、わたしにゆっくり近づいてきた。そして、わたしの頭をかかえキスをする。

「好きにしていいのよ。教えてあげる」

夕子さんは、赤ん坊にあたえるように、わたしの顔を乳房に当てる。

「吸って、そう、乳首を舌に含んで転がすの。うん、そう、気持ちいい」

少し色づいた乳頭を吸い、乳肉に手のひらを当てる。指が食い込んでしまいそうな柔軟さに、わたしは驚きすらおぼえてしまう。

「うん、そう、今度は」

夕子さんはわたしから離れ、ベッドの上に腰をおろし、両脚をゆっくりとひろげた。

「ココにあなたが入るの」

「はい」

「その前にわたしを濡らして」

「え?」

「舌でなぞって指でかき混ぜるの」

「い、いいんですか」

夕子さんはうなずく。わたしは恐る恐る近づき、ヴァギナを見た。そして、顔を近づけ舐めてみる。

「キャン……」

愛らしいとも受け取れる声をあげ、夕子さんはのけぞった。わたしは顔を押し当て、肉ビラを舐る。すると、ねっとりとした愛液がにじみ出し、わたしはそれを執拗にすすった。

「ああん、そうよ、そう、じょうず。あんん、そこ、そこ、気持ちいい」

わたしは次から次へとあふれ出る愛液を飲み込む。夕子さんも身体を入れ替え、わたしのペニスをふたたびしゃぶりはじめる。

「やん、もうこんなに大きくなってる。すごく固い。挿れたい。ねえ、挿れていい」

返事を待たず、わたしをあお向けにすると、夕子さんはまたがり、導いてくれる。

「いい、挿れるわよ」

腰をゆっくり沈め、わたしの全部が挿入される。途端に伝わる、温かでやわらかい感触。口でされる以上の快感が、わたしを包む。

「ああ、入ってるの、わかる? うん、イイ、気持ちいい。わたしの身体、気持ちいい?」

夕子さんはわたしを見おろし、何度も聞いてくる。わたしは黙ってうなずくだけだ。

次第に夕子さんの動きは早くなり、腰の動きも上下だけではなく、左右前後の回転も加わる。

わたしは夕子さんの内部をかきまわす。わたしにも夕子さんのうねうねとした圧力とスライドが伝わってくる。

「イイ、イッちゃいそう。すごい、気持ちいい。ああん、いい。うん、もう、出してほしい」

夕子さんはそういって、わたしの身体を起きあがらせた。わたしのひざの上に夕子さんの身体が乗る。わたしは下から突きあげながら乳房を吸う。

「ああん、もう、イク、イクイク! ねえ、出して、わたしの中に出して!」

わたしはそのまま吐き出した。ドクリとしたザーメンが夕子さんの身体にそそがれる。

夕子さんは眉間にしわを寄せ、かすかに身震いしながら受け止めてくれた.

それからわたしは夕子さんにおぼれ、両親の目を盗んではとなりの部屋に行き、夕子さんもわたしの部屋を訪ねてくれた。

けれど、3カ月がたったある日、夕子さんは突然姿を消した。

書き置きひとつ残すでもなく、荷物を全部片づけ、家から出ていった。

それから我が家には以前の平穏さが戻ってきた。母さんは以前の母さんに戻り、わたしもさびしい高校生に戻ったのだった。

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【叔母に童貞を奪われた夏休み】
◀【名器を持つ淫乱淑女】

【パンティが好きになった理由】
◀【初体験の相手になってくれたハイミスOL】
◀【母と同年代の年増娼婦】
◀【女体を前に震えた初体験】
◀【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】
◀【真性マゾ女との遭遇】

◀【不倫関係にあったマゾOL】
◀【亡き母の面影を求めて愛した年上の女】
◀【夢のごとき避暑地の恋】

◀【友人の彼女と初体験した16歳の夏】
◀【大ゲンカがきっかけの大人になる儀式】
◀【アルバイト先の酔った年増女に裸にされ】
◀【いきなり抱きついてきた幼なじみと畑の中で】
◀【女子の先輩に強要された初体験】

◀【妻がバイブを受け入れた夜】
◀【狙った女はウソ八百でモノにする】
◀【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】
◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」