お色気 めくるめく官能世界へ誘います

出会いの泉【シニアのための夜の会話術】熟女が蔑む「ナルホドですね」

女性は男性の相槌が大好きです。特に自分より年配の男性から真剣に相槌をされると、とても嬉しい気持ちになってしまいます。それは、自分が相手にとって特別な存在であることを改めて認識するからです。

また同時に男性の真剣な相槌は女性の母性をも目覚めさせます。なぜなら、女性が体験する相槌の多くは「子供がするもの」だからです。自分が特別な存在であることの高揚感と慈しみ。普段、男性が何気なくしている相槌は、実は女性をキュンキュンさせる効果があるのです。

であるならば、間違ってもケツの穴を掻いたり、鼻クソをほじりながら相槌を打ってはならないことぐらい、火を見るよりも明らかです。真剣な相槌が女性の心を捉える反面、いい加減な相槌は、瞬時にして馬のクソ以下の扱いになってしまいます

また、相槌をするときの言葉にも注意しなければなりません。若者なら許される言葉も中高年が使うと、かなりドン引かれることがあるからです。典型的なのがこの言葉です。

「ナルホドですね」

特に40歳以上の女性は、この言葉に嫌悪感を抱く方が多いようです。例えばこんなシーンなどで使うと最悪です。

女性「今日は帰りたくない気分なの」

男性「ナルホドですね」

瞬時にして女性のアソコはカラッカラです。決してリカバーすることはできません。同じ理由で「ですよねぇ」も危険なので避けたほうが無難です。相槌と言葉には十分ご注意ください。

文責:編集長原田