お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第71回 東京都在住Y・Jさん(57歳)の告白【パンティが好きになった理由】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【パンティが好きになった理由】

Y・J (57) 東京都在住

40代後半から「そろそろかな……」と思っていたが、50代も半ばを超えると決定的になった。ほかでもない、精力の話だ。

若いころは授業中や電車の中でうたた寝しただけでもビンビンに勃起し、ちょっとでも肌の露出が大きい女の子を見ると、慌てて公衆便所に走りこんだりもした。時間のあまった休みの日なんかは、何回射精できるか挑戦したりもしてみた。

けれど、最近は握ってしこってみてもビクともしない。もちろん、夏場のギャルを見ても、いいなと思うだけで、いやらしい感情にはつながらない。

しかし、こっちにやる気がなくてもチャンスはめぐってくるもので、ひょんなことから素人の女の子とベッドインする僥倖に恵まれた。

相手は23歳。大学を出たばかりのピチピチギャルだった。

流行のロングへヤーに短いスカート。背丈は170を少し下まわるくらいか。つぶらなひとみに厚い唇。すらりとした手脚に豊満な乳房という、60手前のしがないオヤジには、もったいないほどの美女だ。

「じゃあ、シャワー浴びてきますね」

ホテルに入ると彼女はいい、わたしはベッドに腰かけ、手持ちぶさたに待った。

待っているあいだは、あれやこれやを想像し、下半身がムズムズうずき、胃のあたりから胸に重苦しさの起こる性欲の高まりをおぼえた。

しかし、しかし、だ。身体のあちこちが、どんなにたかぶりをおぼえても、肝心の一物に力のこもる気配がない。

ほどなくして、彼女は浴室から姿をあらわした。胸もとにバスタオルを巻いただけの姿で、髪はかすかな湿り気を帯び、白い肌は上気し、ふき残したしずくが玉になって薄桃色の肌に浮かんでいる。

両の乳房は指1本差し込むのも困難なようにピッタリと合わさって深い谷間をつくり、実った太ももは破裂しそうなほど張りつめている。

「あまりじろじろ見ないでください。恥ずかしいから」

彼女はうつむき、うわ目づかいで言う。

「さあ、アナタも」

うながされ、わたしも浴室へおもむく。熱いシャワーの飛沫を受けながら、わたしは急いで、それでも丹念に身体を洗う。

これからの時間、あの肢体を好き放題できる。

艶々と光沢を放つ素肌を舐め、唾液にまみれさせることができる。張りのある柔らかな乳房をわしづかみにし、ピンととがった乳首を存分に舐ることができる。

厚い唇をむさぼり、ひょっとしたらほお張ってくれるかもしれない。

そして、いまだ色づいていないであろう、サーモンピンクの秘部をいじくり、そして……。

身体中の血液がけたたましく流れ、激しい興奮にめまいすらおぼえる。

それでも、だ。一物は反応をしめさない。大きくならない。

浴室から戻ると、部屋の明かりは落とされていた。彼女は先にベッドへ入り、布団をかぶっていた。

白いシーツにおおわれた羽毛布団は、彼女の身体でこんもりとした盛りあがりを見せている。

ベッドの脇には、きちんとたたまれたバスタオルと衣服が置かれ、バッグも横にある。

わたしはつばを飲み込んだ。あの布団の下には全裸の彼女が横たわっている。神々しいほどの体躯を折り曲げ、わたしの到着を待っている。

そう考えると、居ても立ってもいられなくなり、それでも大人の余裕をしめすかのように、ゆっくりと歩を進める。

ベッドの脇に立ち、わたしは布団をめくった。その瞬間、彼女は恥ずかしさのためか背中を向ける。

まっすぐな背骨、むいたばかりのゆで卵のような肌艶。腰と尻の間には小さなエクボがあり、双臀のふくらみは扇情的な丸みを見せる。

わたしは彼女の背後にすべり込んだ。そして手を差し伸べ、自分の方へ向かせる。いまにも泣き出しそうな表情で、胸の前で手を組んだ彼女はわたしを見る。

「やさしくしてくださいね」

かすかな声。

わたしはうなずき、抱きしめる。

肌と肌が密着すると、なめらかで温かな感触が伝わってくる。立ちのぼる官能的な甘い香りをかいだわたしは、頭の芯がうずき、欲情のみが全神経、全筋肉を支配する状態におちいった。

はずだった……。

しかし、股間の部分だけは冷静だ。

「大丈夫、そのうちなんとかなる」

心臓が苦しみをおぼえるほどに鼓動し、呼吸すら困難になっている。それほどまで興奮の極致にあるのだから、一部分だけが冷めた状態に保つ方が難しいに決まっている。

そう考えたわたしは彼女に唇を重ね、舌を絡ませ、乳房を揉みながら陰部に手をまわす。そして、潤いの少ない内部に指を挿入し、攪拌する。

「あん、いやん……」

艶美な表情を浮かべ、ゆるく唇を開き、切ない吐息が漏れる。指を出し入れすると、熱を帯びた膣穴からとろりとした蜜がにじみ出る。

わたしは唇から顔を離し、乳房にむさぼりつく。柔軟な乳肉は手のひらにボリュームと質感をあたえてくれ、桜色の乳首に吸いつけば薄い甘味が口にひろがる。

「あああん、すてき、うん……」

わたしの愛撫に彼女は敏感な反応をしめしてくれる。フェロモンの香りはますます濃厚になり、汗が吹き出て体躯にぬめりと艶をあたえだす。

しかし、反応してくれない。

彼女の準備は整っている。少々、勃ちが悪くても、無理やりねじ込めばなんとかなるかもしれない。中のぬるりとした感触で、力が発揮するはずだ。

そう思ったわたしは彼女の足をひろげ、間に身体を割り入れた。

「ねえ、お願い、つけて」

そのとき彼女はいった。

「きょうはちょっと、危ない日だから」

衝撃の指示であった。

コンドームをはめろと彼女はいう。しかし、しなびた一物には無理がある。

わたしは躊躇する。すると彼女はわたしの異変に気づいたようだ。

「どうしたの? 元気がない」

「い、いや……」

「わたしじゃダメなの?」

「そんなことない! 絶対にない!」

わたしは必死に訴える。

「疲れてるの? いいわ、わたしがなんとかしてあげる」

そういうと、彼女はわたしの股間に顔をうずめ、口を開いてすっぽりとふくんでくれた。

舌がうごめき、茎や根もと、先にカリ首をなぞる。髪をかきあげ、見せつけるように首を振り、時折うわ目づかいでわたしを見る。

しかし、ダメだ。

「はああ、疲れた」

さんざんわたしをしゃぶってくれた彼女は、冷徹な声でいった。

「もういい、がっかりだわ」

身を起こし、全裸のままでベッドからバッグに手を伸ばし、タバコを取り出す彼女。

「タバコ、吸うんだ」

「悪い?」

ふてくされた態度で彼女はいう。

「ホント、がっかり。時間の無駄だったわ」

わたしは、いままで味わったことのない屈辱をおぼえた。しかし、講じる手立てはない。

打ちひしがれながら、ふとベッドサイドを見ると彼女のブラジャーとパンティ。わたしは何気なくそれを取る。そして、気のおもむくままに鼻に押し当ててみた。

「あ……」

股間の部分に染み込んだ体液の匂い。甘ずっぱく、アンモニア臭も鼻に伝わる。

「ちょっと、なにしてんのよ」

気づいた彼女は、自分の下着をわたしから奪い取ろうとした。しかし、わたしはかたくなに嗅ぎ続ける。

頭の中の澱のようにたまっていた何かが溶解する。少年時代のころように、脳みそが晴れわたり軽くなる。それと同時に、まったくピクリともしなかった肉棒が、グングンと勢いづいて膨張する。

「ちょ、ちょっと……」

彼女は無理やりわたしからパンティを取った。しかしわたしは、それまでのわたしではない。

「キャ!」

たぶん獣のようにひとみは血走っていただろう。彼女があらがうのもかまわず、わたしはゴムもつけず、閉じた部分にねじ込んだ。

「いや!」

彼女は小さく悲鳴をあげる。しかし、わたしの力強いつらぬきで、次第に歓喜をあらわにしはじめる。

「やんやん、あああん、こんなの、やん、ああん!」

真上からつらぬき、裏返して背後から挿入し、ひざの上に乗せ、最後は正常位で心ゆくまで犯す。

しかし射精も近くなったころ、精神が平常に戻りつつあったわたしは途中でコンドームをはめ、その中にほとばしりを放ったのであった。

「もう、あんまりいじわるしないでね」

満足おぼえたのか、余韻を楽しむわたしに対し、彼女は人が変わったように甘えてきたのであった。

それからしばらく、わたしは彼女との逢瀬を楽しんだ。しかし、彼女のパンティを鼻に押し当てているうちに、彼女自身よりパンティに興味をいだくようになった。

すると当然、ほかの女の子のパンティも嗅いでみたくなる。

カネで、その手のショップに出かけることもあるし、SNSでパンティだけを目的とした書き込みをし、生の脱ぎたてを入手することもある。

そしてとうとう、わたしはパンティの匂いだけで満足するようになり、女性自身には興味を持たなくなった。

これでいいのか悪いのか。しかし、歳も歳だし、風俗なんかに出かけるよりもよっぽど安上がりだし、安全なのでかまわない。そんなふうに、いまは思っている。

 

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【初体験の相手になってくれたハイミスOL】
◀【母と同年代の年増娼婦】
◀【女体を前に震えた初体験】
◀【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】
◀【真性マゾ女との遭遇】

◀【不倫関係にあったマゾOL】
◀【亡き母の面影を求めて愛した年上の女】
◀【夢のごとき避暑地の恋】

◀【友人の彼女と初体験した16歳の夏】
◀【大ゲンカがきっかけの大人になる儀式】
◀【アルバイト先の酔った年増女に裸にされ】
◀【いきなり抱きついてきた幼なじみと畑の中で】
◀【女子の先輩に強要された初体験】

◀【妻がバイブを受け入れた夜】
◀【狙った女はウソ八百でモノにする】
◀【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】
◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」