お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第70回 大阪府在住K・Kさん(59歳)の告白【母と同年代の年増娼婦】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【母と同年代の年増娼婦】

K・K 59歳 大阪府在住

わたしの初体験はちょんの間だった。場所は大阪南部の信太山新地だ。

生まれ育った町には、「だんじり」と呼ばれる山車を曳く、全国でも有名な祭がある。高校1年から20代半ばまでは青年団に所属し、同い年同士がひとつのグループになって定められた役目をこなす。青年団には、その町の関係者でなくても入団は可能で、名高い祭りに参加したいがために、近隣市町から通ってくる連中もいた。

そこには中卒で電気工を仕事にしているものもいれば、近辺でも有名な不良工業高校の暴走族もいる。と思えば、軽く国立大学をねらえる進学校の優等生もいて、普通の高校に通う普通の学生だったわたしには、さまざまな世界を垣間見ることができた。

9月になれば半ばにはじまる祭りのために、毎晩、午後7時に町の会館へ集合し、寄付集めをしたり、だんじりや装飾品の整備をおこなったりする。その日、高校3年生だったわたしは、学校を中退して塗装工の見習いをしている友人と話をしていた。

「まだ、女抱いたことないんけ? それやったら女できたとき、いざやろと思て、やり方わかれへんかったら風悪いやろ」

「そうかなぁ」

「なあ、今日、なんぼ持ってる?」

「5000円かなぁ、バイトの給料出たし」

「わいも今日、給料日やったんや。足らんぶん出しちゃるさかい、山、行けへんか」

「山? 信太山?」

「そうや」

わたしはちゅうちょした。信太山のうわさは耳にしていたが、あまりりかんばしくない内容だったからだ。

「病気をうつされる」「とんでもないオバハンが出てくる」「慣れない男は適当にあしらわれ、ぼったくられる」などなど。

「そんなことないで、向こうも商売やさかい、病気はちゃんとしてる」

「そやけど、15分で終わりやろ」

「じゅうぶんや。わいら出るのん早いさかい、15分でも長いくらいや」

やりたい盛りの年ごろである。そして好奇心は強い。

何も、最愛の女性で童貞を失いたいなどという理想も持ち合わせていない。それどころか、なんでもいいから、極上の快感をあたえてくれるというセックスを体験してみたい。

「いまからでも間に合うんか?」

「お、行く気になったな」

友人は笑って肩を叩いてくれる。わたしは承諾したものの、いきなり不安にさいなまれはじめたのであった。

JR、当時の国鉄で3駅目。目的の駅に着くまで、友人は異常なくらい話し続けた。

もともと彼は、しゃべりな性格ではあったが、その日は普段以上だった。不審に思ったわたしはたずねてみる。

「お前もじつは、あんまり慣れてないんとちゃうん?」

「わかるか……」

図星だったようで、彼も先輩に連れられて信太山には1回しかいったことがないという。けれど、そのときのことが忘れられずに、だれかと一緒に、もう一度行きたかったことを彼は告げた。

駅に着き、目的の新地へ。わたしたち二人の風体は、だれが見ても未成年だ。だから、店頭に立つ客引きのオバサンも声をかけてこない。

それでも、先輩に連れてこられたという店に、友人は足を運んだ。店頭に立つと、おばさんは怪訝な顔で我々を見る。

「なんか用か?」

「な、なにいうてんねん、客やないか」

「ふ~ん。まあええわ、ちょうど空いてる子が二人いてるさかい」

オバサンは店の奥に声をかける。あらわれたのは、歳は若いが、わたしたち二人分の体重を足しても足りないくらい恰幅のいい女性。わたしはおどろき、一歩あとずさりする。すると、その女性は友人を見て満面の笑みを浮かべる。

「いやん、カワイイやん。ボク、いくつ?」

そういって女性は、友人の腕をむんずとつかんで、ドスドスと2階への階段を昇っていった。

わたしはそのまま逃げ出そうとも考えた。しかし、そうすれば明日から友人との関係にひびが入る。そう思った矢先、別の女性がわたしの前に姿をあらわした。

先ほどの女性ほどボリュームはなく、けれど、どう見ても歳は40代半ば。美人な顔立ちだが、わたしの母親と同年代だ。

「ふうん」

彼女はわたしを一瞥した。その視線に身体は硬直してしまう。

「まあ、ええわ」

彼女はそういってわたしを誘う。

ここまできたら覚悟を決めるまでだ。そう決心わたしは、ぎしぎしきしむ階段を昇っていったのであった。

「歳は」

「じゅ、18」

「18かぁ、エエのん、こんなとこ来て」

彼女は言う。

いいも悪いも、ここまで来たらしかたがない。そう思っていると、彼女は身につけているものを脱ぎだした。

「これ、つけてな」

取り出したのはコンドームだった。わたしは苦労しながら、なえた一物にはめようとする。

「なんや、元気ないなぁ。ひょっとして初めて?」

「は、はい……」

その言葉に、彼女の表情がやわらいだ。

「エエのん、ウチみたいな女と」

「それは、別に……」

「ふふ、わかった」

彼女は、わたしの手からコンドームを奪い取る。

「初めてやのに、こんなんつけんの、いややろ。生でエエさかい」

やさしい笑みを浮かべる彼女。その表情を見て、わたしの緊張や不安もやわらいだ。

「ほな、ウチがちゃんとできるようにしたげる。こんなことするのん、特別やで」

彼女はわたしの股間に顔をうずめ、うな垂れた部分を口にふくんだ。絡みつく舌と温かな内頬の感触。わたしの一物は隆々と頭をもたげはじめる。

「これで大丈夫やね」

彼女はわたしを布団の上にあお向けにし、脚を広げて馬乗りになる。そして、わたしの先端を裂け目にあてがうと、ゆっくりと腰をおろす。

「う、うん……」

うねうねとうごめく膣襞と加わる圧力。快感は全身を駆けめぐり、我慢はすぐに限界をおぼえる。

「も、もう……」

「もうイクのん。エエよ、出しても」

「けど……」

「エエの、きょうは中に出してエエ日やから、うん、エエよ、そのまま……!」

わたしは、彼女にいわれるまま射精した。わたしの上から降りた彼女は、ティッシュで内ももをぬぐう。

「気持ちよかった?」

「はい」

「よかった。けどもう、こんなとこ来たらアカンで」

「え?」

「あんたにおうたかわいい子見つけて、もういっぺん、ちゃんと男になり。それからや、遊びで女抱くのは」

わたしは彼女の情け深い言葉に感動すらおぼえた。

その後、彼女に見送られて店を出た。先に済ませた友人は、情けない表情でうつむいている。

「お前、どうやった?」

「え、まあまあかな」

「そうか、わいは最悪や」

その後、わたしは同級生の彼女ができ、2度目の行為は、親の留守をねらってわたしの家でおこなった。そして、大学に進み、社会人となり、結婚もし、その時々で、真剣に、もしくは遊びでセックスを楽しむ。

けれど信太山での初体験は、いまになっても忘れることが出来ない。あのとき相手をしてくれた彼女の言葉とともに。

 

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【女体を前に震えた初体験】
◀【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】
◀【真性マゾ女との遭遇】

◀【不倫関係にあったマゾOL】
◀【亡き母の面影を求めて愛した年上の女】
◀【夢のごとき避暑地の恋】

◀【友人の彼女と初体験した16歳の夏】
◀【大ゲンカがきっかけの大人になる儀式】
◀【アルバイト先の酔った年増女に裸にされ】
◀【いきなり抱きついてきた幼なじみと畑の中で】
◀【女子の先輩に強要された初体験】

◀【妻がバイブを受け入れた夜】
◀【狙った女はウソ八百でモノにする】
◀【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】
◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」