お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第68回 静岡県在住H・Dさん(58歳)の告白【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【エロ看護婦の口戯で救われた夏休み】

H・D 58歳 静岡県在住

高校1年の冬に免許を取って、しばらくは親父のカブに乗っていたが、勉強そっちのけでバイトに明け暮れ、1学期の終わりに念願の400ccのバイクを買った。

「女の子を誘って、ツーリングして。これで夏休みはバラ色だ!」

そう思ったのも束の間。初乗りで早々に転倒事故を起こし、バイクは廃車、わたしは左腕と左脚を骨折するという大ケガを負った。

「9月の新学期までは入院ですな」

医者の言葉に、わたしの気持ちは奈落の底に突き落とされる。

「まあ、命が助かっただけでも、不幸中の幸いということで」

そんな友人の言葉も、まったく慰めにならない。

どうせやつらは海へ山へとくり出し、青春を謳歌する。中には女の子と仲よくなって、晴れて童貞とオサラバするやつもいるに違いない。

そんなことを思うと、悔しくて涙が出てきそうになった。

入院生活は退屈だった。骨が折れていることを除けばまったくの健康体なので、日がな一日ベッドの上というのは苦痛以外の何ものでもない。

「あ~あ、最悪」

最初は頻繁に見舞いに来てくれた友だち連中も、次第に足が遠のきはじめる。

わたしは一人、世間から取り残された気持ちにさいなまれ、鬱屈とした日々を送るようになっていた。

そんなわたしの面倒を見てくれたのは、40歳手前のベテラン看護婦さんだった。還暦に近い今なら十分ストライクゾーンに入る年齢だが、10代半ばにとってはオバサンの範疇だ。けれど、色白でスレンダー、しかも胸もとの大きく盛り上がったスタイルは、20歳近く歳が離れていても、魅力的な女性だという認識は持っていた。

高校2年といえば、やりたい盛りの年代である。あふれ出る精力を持てあまし、処理しないとすぐに精巣がパンパンになってしまう。

さいわいにも右手の自由がきき、脚も股間にはギブスをはめられていなかったので、むき出しにすることは可能だ。だから、暇つぶしにオナニーにふけることはしょっちゅうだった。しかも、個室だったのでだれに遠慮もいらない。

わたしはほとんど一日中、それこそおぼえたばかりのサルのように、一物を握ってはしごきをくり返す。妄想をはたらかせたり、テレビのアイドルを見たり、悪友が見舞いに持ってきたグラビア雑誌をおかずに、せっせせっせとはげむ。

そんなある日、わたしはオナニーの途中に猛烈な眠気をおぼえ、自分を握り締め、射精したまま眠りにおちいってしまったのだった。

目ざめたとき、わたしはだれかが股間の辺りをぬぐっているのに気がついた。それは例のベテラン看護婦さんだった。

「ななな、なにを!」

「あら、起きたの」

看護婦さんは平然と言う。

「オチンチン、むき出しにして寝ちゃ、いくら夏でも風邪引くわよ」

病院に勤務するだけあって、こういったシチュエーションにも慣れているのだろう。看護婦さんは手際よくわたしが吐き出した精液をふき取り、寝巻きを着せると夏物の布団をかぶせる。

「でも、あなたぐらいの年ごろじゃあ、しかたないわよね」

薄ら笑いを浮かべる看護婦さん。わたしは恥ずかしさで、何もいうことができない。

「でも、汚れた手でいじくりまわすと尿道炎になるかもよ。それだけは気をつけなさい」

彼女はそういって部屋を出て行ったのだった。

そんなことがあったからといって、わたしのオナニー癖が治るわけはない。何も悪いことをしているわけじゃない、と自己弁護しながら、毎日シコシコとくり返す。吐き出したザーメンはティッシュでぬぐってゴミ箱へ。

「すごい量ね、身体、壊さない?」

その使い終わったティシュの山を見た看護婦さんは、驚きの表情でいった。

「きっとちょっとずつ出しているから、こんなにできるのね。精液っていうのはね、エクスタシーに比例して出る量が違うのよ」

「詳しいんですね」

「まあね。自分でしているだけじゃあ、気持ちよさも半減するでしょ」

「さあ、ほかを知らないもので」

「じゃあ、わたしがうんと気持ちよくしてあげる」

妖しく微笑む看護婦さん。彼女はそのまま、わたしの股間に手を伸ばすとうなだれたものを握り締めた。

「あ……」

「どう? 気持ちいい?」

冷たくてしなやかな指の感触。わたしの一物はすぐに大きくなり、彼女の手のひらで脈打ちをくり返す。

「我慢しなくていいのよ。出したくなったら出しなさい」

つぶやく看護婦さん。わたしは上下する動きに耐え切れず、そのままほとばしりを放ったのであった。

「ほら、いっぱい出た。自分でするより気持ちよかったでしょ」

「は、はい……」

「これでしばらくは大丈夫ね」

たしかに快感は自慰よりも数倍強烈で、吐き出した量も比べものにならない。しかし、かえって彼女からあたえられた心地よさが忘れられず、その後も思い返しては、何度も何度もオナニーをくり返す。

「なにこれ。全然、量が減らないじゃない」

ゴミ箱を見て、看護婦さんはいった。

「わたしの手だけじゃ不満なの?」

「そういうわけじゃないけど」

「そうねえ、じゃあ、もっと気持ちのいいことしてあげる」

艶然と微笑む彼女。期待はどんどんふくらんでいく。

わたしをむき出しにした看護婦さんは、前と同じように指でつまみ、手のひらでおおってこすりはじめた。わたしの一物はすぐに大きくなり、そり返る。すると看護婦さんは顔を近づけ、舌を伸ばして舐りはじめたのであった。

絡みつく舌の感触、温かな口腔の温度。唾液が塗り込められ、吸いつきで圧迫感が増す。最初はゆっくり舌での愛撫をくり返していた彼女は、やがて根もとまでほお張ると、激しく首を揺さぶりはじめる。

「ああ、ああ、ダメ、看護婦さん、もう……!」

「ふ、ほうう、いいのよ、口の中に出してもいいのよ」

くちゅくちゅと卑猥な音が鳴りひびく。わたしは我慢の限界をおぼえ、そのまま放出してしまったのだった。

初めて体験したフェラチオの快感は強烈で、身体中の体液がすべて吐き出されたような快感をおぼえた。空っぽになった陰嚢に、しばらく精液は充満しないだろう、とも思えた。

しかし、すぐに空の部分は粘液でいっぱいになり、しかも自分でこすったくらいでは十分な満足も快感も、射精感も得られない。

「もう、困った子ね」

正直にそのことを告げると、看護婦さんはいたずらな笑みでわたしを見て言う。

「じゃあね、きょうは」

白衣のボタンをはずし、乳房をあらわにし、わたしの手を誘う。

「触っていいのよ」

導かれるままわしづかみにし、わたしは指に力を込める。人間にこんなにもやわらかな部分があるのか、と思えるくらい柔軟で、そしてボリュームに満ちている。

「そう、舐めてもいいのよ、乳首、舐めて」

わたしの顔に胸乳をあたえる看護婦さん。彼女の手はわたしを握り、しごき続ける。

「うん、そう、あん、わたしも感じちゃう」

「看護婦さん、ボク、もう」

「出したいの? いいわよ」

そして彼女はわたしを深々と咥え、射精に導いてくれたのであった。

「ごめんなさい、セックスはできないの。その代わり、口でなら何度でも」

そういって自らわたしを慰めてくれる看護婦さん。わたしは、ほとんど毎日、彼女の口に放出し続けたのだった。

やがて、退院の日を迎え、彼女との行為も終わりを告げた。灰色になると思われた入院生活は、彼女のおかげで別の意味でバラ色だった。

この歳になっても、あの夏休みに彼女と出会えたことを感謝している。

 

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【真性マゾ女との遭遇】
◀【不倫関係にあったマゾOL】
◀【亡き母の面影を求めて愛した年上の女】
◀【夢のごとき避暑地の恋】

◀【友人の彼女と初体験した16歳の夏】
◀【大ゲンカがきっかけの大人になる儀式】
◀【アルバイト先の酔った年増女に裸にされ】
◀【いきなり抱きついてきた幼なじみと畑の中で】
◀【女子の先輩に強要された初体験】

◀【妻がバイブを受け入れた夜】
◀【狙った女はウソ八百でモノにする】
◀【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】
◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」