お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【AV女優インタビュー・琴井しほりさん】物静かな女性の激しすぎる性欲

【令和の御代に大正モダンの娘がデビュー】

快活60の中高年男性のなかには昭和、平成、令和と3つの時代を経験している紳士も多いことでしょう。

時代が変わるたびに女性は進化してきましたが、やはり昭和生まれの男性にとっては、古き良き日本女性に憧れを持つものです。

ちなみに私の理想はといえば、静かな公園のベンチで野鳥に囲まれながら『リルケの詩集』を読んでいる女性でしょうか。

そんな女性がいたら、間違いなくチンピクしてしまいます。

しかし今となっては、リルケの令嬢も「様子のおかしな女性」の仲間入りとなってしまいました。

嘆かわしい限りです。

どこかに物静かで読書好きで、野鳥が勝手に集まってくるような心根の美しい女性はいないものでしょうか。

こうお嘆きの中高年に朗報です。

令和の時代ではすでに漫画の世界でしか会えないような物静かで淑やかで心の優しい女性を発見したのです。

それは今月、名門美女メーカー・S1からデビューした琴井しほりさんです。

もう、名前からしてエレガントです。

趣味は読書、お茶、映画鑑賞にお散歩。

お顔を見ればお分かりの通り笑顔が涼やかで、彼女の周囲には絶えず桜が舞い散り、優しいそよ風が吹いているようなオーラを漂わせています。

言葉遣いも非常に丁寧です。

とどのつまり、琴井さんときたら淑やかさと優しさが身体中から溢れているのです。

彼女を森になんぞに連れて行ったら、間違いなく動物たちが寄ってくることでしょう。

当然、虫も殺しません。

もし、彼女のことを漢字二文字で表すとしたら「古風」でしょうか。

それでいてモダンな香りがするのですから、なんとも不思議な娘です。

まるで、大正時代の女性を彷彿とさせます。

実際、琴井さんとお話していると大正時代にタイムスリップしたような錯覚に陥るのです。

しかし、そんな女性がなぜ、時代の最先端を突っ走るAVの世界に入ってきたのでしょうか。

当サイトはこの謎を解き明かさねばなりません。

まずは琴井しほりさんの人となりに触れてみましょう。

【琴井しほりさんの少女時代】

見るからに古風な雰囲気の漂う琴井さんですが、幼い頃は意外にも活発な少女だったと言います。

「よく母親に『ずっと喋っている子だね』って言われていました(笑)。当時はとても社交的でしたね。それが、中学校に入った頃から、興味の方向が変わっていったんです。その時の流行より過去に人が伝えようとした書物や文献を読むのが好きになりました。ですから、学生時代は部活動もせずに本に没頭していましたね」

こういう経験は中高年の皆様にもあるでしょう。

思春期のある時期、人が変わったように難しい哲学書や歴史書を読みふける。こういう時代があってこそ、後の人間形成に大きな影響を与えるものなのです。少女時代の琴井さんも、その例にもれずして、健全に人間形成をしてきたことが推察されます。

さらにその後も琴井さんの興味は様々な分野に広がっていきます。

「そのうち、お茶の世界に興味を持つようになりましたね。お茶といっても、習い事としてのお茶ではありません。紅茶や中国茶が好きで、専門店に行って自分の好みのお茶を探すんです。世の中には多種多様のお茶があって、それぞれに味や香りが違うんです。その背景にある土地の歴史や文化を知るとさらに楽しいですね」

活字を「読む」ことから実際に「触れてみる」という世界に足を踏み入れた琴井さん。

この大海原への旅立ちが、彼女を自然な流れでAV界に誘っていったのです。

そこでまずは琴井しほりさんの恋愛遍歴についてお伺いしていきましょう。

【琴井しほりさんの恋愛遍歴】

中学、高校と文学少女だった彼女の恋の目覚めは周囲の同級生たちよりも、ずいぶん遅かったようです。

「もちろん初恋はありましたよ。あれは小学校6年生の時だったと思います。クラスで一番足の速い男の子を好きになりましたね。でも、今考えれば、それは単なる憧れだったような気もします。本当に異性として男性を好きになったのは中学2年の時でしたね」

琴井さんは、いったいどんな男性を好きになったのでしょう。

「私より10歳年上の男性でしたね。当たり前のことなんですが、私も含めて周囲にいる同級生は、まだまだ全然子供だったんですが、その方は私がいる世界とは全く違う世界の人に見えたんです。優しいし、知識も豊富だし、無条件に好きでしたね。その頃に初めて『女心』というものが芽生えたと思います」

本の世界の中で育った娘は、同級生たちの「中二病」とは異なる「大人の恋」に目覚めたようです。

しかし、性への目覚めは、まだまだ先のことだったと言います。

「確かにその方に対しては胸のトキメキは感じましたが、それ以上の関係にはなりませんでしたね。もしかしたら相手の方が私を大人の女性としてみてくれていなかったのかもしれません」

相手の男性からすれば、それもムベなるかなです。たとえ恋に年齢など関係なかったとしても、淫行だけは避けなければなりません。かくして琴井さんの恋心は、儚くも散っていったのであります。

では、彼女はいつ初体験を迎えたのでしょう。

「初体験は17歳の頃でした。相手は30代半ばの男性でしたね。初体験の感想ですか? うーん。こんなことを言ってしまうと相手の方に失礼かもしれませんが、よくわからないまま終わってしまいました。感想としては『こんな感じなんだな』っていう程度です」

なんということでしょう。

あながち相手の男性の年が離れている分だけ侘び寂びを感じてしまいます。

そしてそれは、まるで自分のことのようです。

その男性は、その後にどんな性ライフを送っていらっしゃるのでしょうか。

私のようにセックスが下手で、女性にことごとくフラれていないことを心から天に祈るばかりです。

【琴井しほりさんの性の目覚め】

さて、初体験が「こんな感じなんだ」で終わってしまった琴井さんですが、元来、本が好きで想像力豊かな彼女は「あること」がきっかけで、急激に「大人の女」に変化していきます。

それは彼女が二十歳を超えた頃のことでした。

「相手の方は3つ年上の方だったんですが、その方とエッチした時に初めてセックスが気持ちいいものだと感じました」

いったいその男性は彼女にどんなことをしたのでしょう。

この記事をお読みの読者の皆様の後学のためにも、なんとしてでもお伺いしなければなりません。

「その方は、それまでの男性と違って、私の反応をちゃんと見ながらしてくれたんです。あと、エッチな空気感を出すのが抜群にうまい人でしたね」

聞きましたか皆さん。

ポイントは2つです。

相手のことを気遣うこと。

そして「エッチな空気感を作り出す」こと。

この2つをメモしておきましょう。

また、いつも野球中継なんぞを見ながら急に古女房に「おい、ちょいとケツ貸してくれよ」などとほざいている紳士は、これを機に食い改めねばなりません。

さて、気遣いとエロ空間で、ようやく性に目覚めた琴井さんですが、ここからが凄まじいことになってしまいました。

本来の探究熱心が加わって、エロの極みに突っ走り始めてしまったのです。

大正時代からタイムスリップしてきたような古風な娘はどうなったのか。

また、どうしてAVの世界に飛び込んできたのか。

次はその真相が明らかになります。

【大正娘が超敏感変態娘に変身】

琴井しほりさんがが現在、どれだけエッチな心と体になってしまったのか。

まずは彼女のこの言葉を聞いていただきましょう。

「今の私は、男性に見つめられるだけで興奮してしまいます」

見られて興奮すると聞くと、一瞬、変態なんじゃないかと思ってしまいますが、どうやら彼女はすっかり変態の仲間入りをしてしまったようなのです。

しかも、そんじょそこらの変態とはワケが違います。

もともとが慎ましやかで古風な女性だったからこそ、余計にやばいのです。

なにしろ、性行為を見られて興奮するのではなく、ただ男性にじっと見つめられるだけで濡れてきてしまうのですからタイヘンです。

実際、デビュー作の中にも男優さんとご対面してまだ何もしていないのに、目を見つめられて興奮している琴井さんの姿を見ることができます。

おそらく、ご対面のシーンでこんな興奮している女優さんは、後にも先にもいないでしょう。

そこに加えて、彼女のおしとやかな口からこんな言葉が飛び出してきたのですからタマリマセン。

「見つめ合いながらキスだけでもすごく濡れてしまうんですが、目を合わせたままイラマチオをするとブレーキが効かなくなってしまうんです。最近、身体中が敏感になってきてしまったんですけど、喉の奥まで感じてしまうなんて夢にも思いませんでした」

なんということでしょう。フェラを通り越してイラマチオです。

あまりの衝撃に腰が抜けそうです。

古き良き日本女性は今やすっかり全身性器になってしまいました。

見た目とのギャップが激しすぎて、もはや異次元と言わざるを得ません。

そんな彼女のデビュー作がこちらです。

『新人NO.1STYLE 琴井しほりAVデビュー』

こちらの作品を拝見すると他の女優さんのデビュー作では、あまり見ることができない彼女ならではの特徴をうかがい知ることができます。

まずその1つ目が、先ほどの彼女の言葉にもあった「視線」です。

とても新人さんとは思えないほど、それぞれのシーンで目の表情が変わるのです。

例えば、キスの時にはまるで本物の恋人同士のような視線を相手に送ります。

それが、フェラやイラマチオになるとMっぽい従順な視線になり、瞳の奥に妖しい淫乱な輝きを放ち始めます。

よく見ると彼女の瞳がイヤラシサのために潤んでいるのがわかります。

以前から私はこの潤みを「脳の愛液」と呼んでいるのですが、新人さんでこの潤みをたたえられる女優さんは滅多にいません。

それでいて、電マやバイブをアソコに当てられた時には困ったような切ないような瞳になり、これが正常位になると可愛らしい甘えた視線を投げかけるのです。

極め付けは騎乗位とバックです。

騎乗位では、感じながらもどこか誇らしげな光をたたえていますが、バックの時には完全に快楽を貪る貪欲なメスの目になります。この目が男のS心を妙にくすぐります。

これまでいろんな新人さんの作品を見てきましたが、女優さんの目の表情だけでヌケる作品は見たことがありません。

そして2つ目の彼女の特徴は「性に対する貪欲さ」です。

普通、新人女優さんのほとんどは「男優さんにお任せ」というパターンが多いのですが、彼女の場合、言葉と体を使って積極的に男優さんに「おねだり」をしているのです。

潤んだ瞳で男優さんに「挿れて欲しい」と懇願するシーンなど、フル勃起モノです。

ここまでくると作品を通り越してプライベートセックスにしか見えません。

さらにデビュー作については彼女の大物ぶりが垣間見れるコメントをいただくことができました。

「デビュー作では2人の男優さんにお相手してもらったんですけど、男優さんによって気持ちいいにもいろんな気持ち良さがあることに驚きを感じました。最初にお相手していただいた方は繊細な気持ちよさがありましたし、次の方は荒々しい本能的な気持ち良さがあったんです。そのどちらも好きですね。これからもいろんなタイプの男優さんと異なる気持ち良さを経験できるのがとても楽しみです」

このコメントの中に、どこかで聞いたようなデジャヴを感じます。

そうです。彼女がこよなく愛している「お茶」です。

つまり、彼女のAVデビューの真相は、プロの男優さんの様々な「性の味」を楽しみたいと同時に、ご自身の肉体がその体験にどう反応するか知りたかったからということになります。

女性としてのこの飽くなき探究心はアッパレです。

最後に琴井さんのような女性が、どんな中高年が好きで、どんな中高年が苦手かをお伺いしてみました。

「好きな中高年男性は、心優しくて変態の方が好きですね。気遣いができて、時間を感じさせない変態セックスをしてくれる方が好きです。苦手な男性は清潔感のない方ですかね」

なお、最近琴井さんは「書道」にも興味があるといいます。このようなタイプの女性の場合、あまりにも字が汚い方は清潔感を疑われるかもしれませんので、大至急習いに行きましょう。

文責:編集Y

【琴井しほりさんのデビュー作の視聴とお求めはコチラ】

『新人NO.1 STYLE 琴井しほりAVデビュー』(S1)

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=ssni00554/

【琴井しほりさんプロフィール】

琴井しほり(こといしほり)

▷T153-B82(D)W56H85

▷生年月日=1992年4月7日

▷出身地=三重県

▷趣味=読書、映画鑑賞、お茶、散歩

▷特技=マッサージ


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀矢野乃々華さん「AV界一番の探究熱心な娘を発見!」
◀桜羽のどか様「ウブな娘が連続アクメにハメ潮まで!」
◀涼宮琴音さん「ロリ売りの女優が大人の女性に変身!」
◀石原める「清純派アイドルがAVデビュー」

◀久留木玲「昭和の懐かしき少女が令和に蘇る」
◀SOD社員・吉岡明日海「真面目すぎる女子社員が会社のために人肌脱いだ?」
◀四葉さな「世にも美しい乳房の持ち主がパイズリ初体験」

◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」