お色気 めくるめく官能世界へ誘います

快活60【AV女優インタビュー・矢野乃々華さん】AV界一番の探究熱心な娘を発見!

【こんな探究心が旺盛な娘は見たことがありません】

お休みの日には整体に行ってホットヨガに行って、そのあとジムに行ってから走る。

料理が大好きで、世界中の料理を研究中。

私は自分の周囲で公私ともにこんなにアクティブな娘は見たことがありません。

そんな元気印娘が、矢野乃々華さんです。

しかも、AVにデビューしたキッカケが、これまた凄いのです。

「これまでにいろんな職業を経験してきたんですが、その中にアダルトビデオに関わるお仕事があったんです。毎日AVを見ているうちに『こういう作品はどんな人が企画してどれだけのスタッフが関わっているんだろう』って興味を持ち始めました。

そのうちに性欲という人間の三大欲求に関わる仕事が凄いことだって気づいて、どうしても女優の仕事をやってみたくなってしまったんですよ。

もちろん、人前で裸になることには偏見や抵抗はありましたけど、この業界を知らずして老いていくのは後悔すると思ったんです。だから思い切ってこの世界に飛び込みました(笑)」

どうらや彼女、一度こうと決めたらとことんやらなければ気が済まないタイプなのです。

こういう娘が出演する作品がつまらないわけがありません。

実際、彼女の出演作は評価がどんどん上がってきているのです。

そこでこの度、快活60編集部は絶賛人気上昇中の矢野乃々華さんの素顔を知るべくインタビューを敢行しました。

 

【デビュー作は激しすぎ!】

そんなヤル気満々の彼女のデビュー作は、想定していた以上に凄まじいものだったそうです。

「一番最初にいただいたお仕事は、序盤でいきなり乱交で20人の汁男優にぶっかけられるというものでした。その上初めての作品なのに、いきなり絡みが4Pだったんですよ(笑)。もちろん私生活で複数プレイなんかやったことがありませんから、かなり戸惑いましたね。でも、男優さんが『わからなくても、ついてきてくれればそれでいい』っていうんです。もう必死で頑張りましたね」

これがどれだけ凄いことかお分かりでしょうか。

例えるならば普段、大酒を食らって運動はポコチンを動かすことぐらいしかしたことがないというオッサンがいきなりフルマラソンに出ることと大して変わりはありません。

もはや、死ぬか生きるかのレベルなのです。

それを彼女はデビュー1作目でやり遂げたのですから、凄いことです。

まずここで拍手喝采です。

さて、普通はデビューで過酷な試練を乗り越えれば、次は素晴らしい作品が回ってくるものです。

実際、それが人生というものです。

しかし、矢野さんの場合は、そうではありませんでした。

「次の作品は5Pでしたね」

なんということでしょう。一人増えてます

もしかしたら「傷口に塩を塗る」とはこのことなんじゃないでしょうか。

しかし、矢野さんはくじけませんでした。

ありとあらゆるオファーを進んで受けて、徹底的に自分の役を演じ続けたのです。

素晴らしいとしか言いようがありません。

「だから男優さんと1対1の作品に出演することができた時は、とっても嬉しかったですね」

嗚呼、なんて清貧な娘なんでしょう。

そういえば最近は、冷えていない白飯を食えることに感謝すら感じない若者が増えているといいます。

そういう輩には密かに彼女の爪の垢を煎じてやらなければなりません。

いやむしろ私が煎じて飲みたいぐらいです。

なんなら、茶柱がわりに陰毛の一本でもいただければ、なお幸せです。

なぜなら、このような娘はアゲマンに違いないからです。

彼女の御神体を頂戴できれば運気はどんどん上がるでしょう。

まさに観音様です。

しかし、そんな観音様でも私生活での性の経験はほとんどなかったといいます。

次は彼女の性の変遷をご紹介いたしましょう。

 

【矢野乃々華さんの性遍歴】

少女時代の矢野さんは、とにかく体を動かすことが大好きな活発な少女でした。

しかし、どんなに活発でも、性には奥手だったようです。

「性の知識とかオナニーなんかを覚える前に初体験をしたんです。だからかもしれませんが、膣の中ではイケても外側のクリちゃんではイケなかったんです。AV業界に入って初めて外側でイケるようになりました」

普通は逆です。

実際、AVの世界では「外側でしかイケなかったのにAVで中でもイケるようになった」という女優さんがほとんどです。

しかも彼女はちょっと珍しいタイプで、初体験から思いっきり「中イキした」というのです。

なんという感度なんでしょう。

千年に一人の大物の匂いがプンプンします。

そこに加えて矢野さんたら、好きなプレイも変わっているのです。

「私、首筋を甘噛みされると弱いんです」

乳首を甘噛みされるならまだしも、首を噛まれて悦ぶとは、男性経験もほとんどない彼女にいったい誰がそんなプレイを教えたんでしょう。

噛まれて喜ぶのは犬や猫だけです。

もし、本能的にそれが気持ちいいと知っていたとしたら、末恐ろしいにもほどがあります。

また、彼女は自分の体の性感帯をある程度熟知していると言います。

自分がどこをどのように愛撫されたら気持ちよくなるかを知っているのです。

実はこれは非常に稀なことです。

あまり知られてはいませんが、大半の女優さんは自分の性感帯を聞かれても「よくわからない」ことが多いのです。

そしてそこに彼女の作品の人気の秘密がありました。

なんと、彼女はオナニーをしながら日々、自分の性感帯を探究しているというのです。

次はそんな彼女の「オナニー影練」について触れてみたいと思います。

 

【矢野乃々華さんのオナニー影練】

先にも述べましたように、矢野さんはオナニーよりも先にセックスで性に目覚めた娘です。

ゆえに、AV業界にデビューするまではオナニーなどしたことがありませんでした。

そんな彼女が女優になってからオナニーをやり始めたのには深いワケがありました。

「今はほぼ毎日オナニーをしています。ムラムラするということもあるんですけど、自分の体を開拓する目的でしているんです。どうしてそんなことをしているのかというと、どこが気持ちいいかを知っていれば、作品で嘘偽りのない自分のイク姿を演出できるからです。

実際、本当にイっちゃってるほうが、いい作品になると信じていますから」

こんな探究熱心な女優さん、見たことがありません。

つまり、彼女の作品はすべて「ガチイキ」ということです。

矢野さんがここまでするのには理由があります。

「いろいろな職業を経験してきましたが、AV業界は自分が想像していた世界と違って芸能界のように明るく華やかな世界でした。

そして、そこで働く人たちも物作りに対して真剣そのもので、作品に対してどこまでもまっすぐだったんです。実際、いい加減な気持ちで取り組んでいる人など一人もいません。

そういう人たちと仕事をする以上、私も最善を尽くさなければならないと思ったんです」

もうこなると、彼女が出演する作品はハリウッドの映画よりも崇高なものだと言わざるを得ません。

我が家のAVコレクションの永久保存版にしなければならないほどです。

こんな矢野さんですから、当然のごとく「ご奉仕」に関しても真剣そのもの。

作品からはヒシヒシと本気具合が伝わってきます。

次は彼女の女優としての心構えについてお話をお伺いしました。

 

【矢野乃々華さんの女優魂】

まずは彼女が「男性を攻める」ことに対してどのような気持ちでいるのかをお伺いしてみました。

「作品では攻められることのほうが多いんですが、そもそも私は男の人を攻めるほうが好きなんです。手コキもフェラチオも大好きですよ。特に男の人が気持ちよさそうな顔をしているのを見ると興奮が最高潮に達してしまいます。でもあまりにも相手の顔をガン見していると、『そんなに見ないでほしい』って言われることも度々あります(笑)」

相手の目を見ながらフェラに興じるなんて、まるで恋人同士のようです。

それはセックスでも同じだといいます。

「目と目を合わせられる体位が好きですね。自分が受け身の時には正常位、私が男性を攻める時には騎乗位が好きです。仕事といえども相手の男優さんと心が通じあえば、作品を観ている方々にも、よりリアルな性描写が伝わると思うんです」

実際、矢野さんは撮影のたびに心がけていることがあると言います。

「監督さんが作品を撮るぞってモードになった瞬間に、相手がどんな男優さんでも『好きになれるスイッチ』が入るんです。そうすると目の前の男性が私をこれから「愛してくれる人」に見えてくるんです。だから私、いつも撮影の時はすごく幸せになって感じまくってしまいます」

なんて、エロいお言葉なんでしょう。

もはや作品でありながらも生々しいプライベートセックスそのものではありませんか。

これじゃあ、人気が出ないわけがありません。

話を聞いているだけでタマキンがでんぐり返りそうです。

 

【矢野乃々華さんの好きなタイプの男性】

こうなると、矢野さんがどんな男性に心を惹かれるかも気になってしまいます。

教えていただきましょう。

「経験豊富で良いことでも悪いことでもちゃんと言ってくれる人が好きですね。あと器が広い人が好きです。やっぱり女の子ですから、どうしても明るくて優しい人に惹かれてしまいます」

なお、矢野さんの苦手な男性は「清潔感がない人」とのこと。

やはり、男も身だしなみはキチンとしなければなりませんね。

最後に、矢野さんにAV女優としての今後の展望をお伺いしてみました。

「時代の流れに合わせてVRで人を魅了する女優になりたいですね。あと、戦隊モノのAVを極めてみたいです。どんな作品でもベストを尽くしていきたいと思います」

どうですか皆さん。もうお名前は覚えましたか? 矢野乃々華さんは、これから大注目の女優さんですよ。まずは一度、彼女の作品を観てください。自然と元気が湧き出てきます。

取材&記事:編集Y

【矢野乃々華さんのオススメ作品はコチラ】

『某人気ステーキ店でバイトしているムチムチエロボディーのドスケベ肉食女子は、男の獣臭さや味が大好物で自ら嗅いだり舐めたりしながらSEXしちゃう変態!』(S級素人)

https://www.km-produce.com/works/saba-533

【矢野乃々華さんプロフィール】

矢野乃々華(やのののか)

▷T155-B92W61H91

▷生年月日=1995年10月14日

▷出身地=神奈川県

▷趣味=ヨガ、体を鍛えること、整体

▷特技=料理


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀桜羽のどか様「ウブな娘が連続アクメにハメ潮まで!」
◀涼宮琴音さん「ロリ売りの女優が大人の女性に変身!」
◀石原める「清純派アイドルがAVデビュー」

◀久留木玲「昭和の懐かしき少女が令和に蘇る」
◀SOD社員・吉岡明日海「真面目すぎる女子社員が会社のために人肌脱いだ?」
◀四葉さな「世にも美しい乳房の持ち主がパイズリ初体験」

◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」