お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【AV女優インタビュー・涼宮琴音さん】ロリ売りの女優が大人の女性に変身!

今年でデビュー7年目。

数々の珠玉の作品を世の中に排出してきた、あの涼宮琴音さんが老舗AVメーカー『MAX-A』(マックス・エー)と独占契約し、来たる8月25日に新作を発売するという情報を入手しました。

これは1ファンとしても、快活60の記者としても絶対に取材に行かなければなりません。

なぜなら、涼宮琴音さんは我々中高年層にとって「活力の源」になる女優さんだからです。

なにしろ涼宮さんのプレイスタイルはどんな作品でも全力投球。その姿は甲子園球児を彷彿とさせ、イヤラシイのに深い感動と爽やかな「ヌキ後感」を与えてくれるのです。

一説によると涼宮作品を見たシニアは1回観るたびに1歳若返るとか若返らないとか。

とにかく冷え切った中高年のタマキンを再び熱くさせてくれる女優さんであることだけは確かです。

これまでは、どちらかというと「ロリ系」が多かった彼女。今回の作品はどんな姿を見せてくれるのか大変気になるところです。

さっそく記者は多忙な涼宮さんにアポを取り、半勃ち状態で取材に向かったのでした。

【涼宮琴音さんの最新作はどんな作品】

まずは、久々のリリースになる彼女の最新作についてお伺いしてみました。

「今回の作品は性に対して貪欲な女性を演じています。いつも発情しているメスとでも言っておきましょうか。私自身も、過去にこんなに発情してしまった作品はありません」

クワワワワッ! 早くも腰が抜けそうです。発情女神の彼女が「過去最大に発情した作品」とはどんな作品なんでしょう。想像もできません。もはや「神の領域」です。

しかもタイトルもタイヘンなことになっていました。

『濃交 涼宮琴音の真性中出しSPECIAL』

これだけで軽く2、3回はイッてしまいそうです。

それに加えてこのキャッチです。

『中出し×欲情×痙攣』

見ているこっちのほうが痙攣しそうです。

さらに涼宮さんのパッケージ写真も凄まじいことになっていたのです。

見てください。まずは妖艶な彼女の視線に射抜かれそうになってしまうのですが、問題は股間の付近です。

なんていうことでしょう。きちんとお掃除しないで帰ってしまった輩がいるようなのです。

でもちょっと待ってください。一見、単なる白濁液の放置のように見えますが、虫メガネでよーく見るとそこに涼宮様のありがたい本気汁が混じっているようにも感じるではありませんか。

タマリマセン。

こりゃ、盆が終わって一度は彼岸に帰りかけていた爺様も戻ってきてしまいそうな勢いです。

とにもかくにも、私たちのよく知っているウブでロリの似合う涼宮琴音様は、この作品で大きな変貌を遂げたようです。

すでに発売前から我慢汁が止まりません。

ここに至るまでに彼女がどのように進化していったのか。

ここからは涼宮琴音様の「恥ずかしいヴェール」をめくっていきましょう。


【涼宮琴音さんの私生活】

さて、涼宮様のことをあまりご存知ないという方のために、彼女の現在の私生活についてご紹介したいと思います。

最初に押さえておかなければならないポイントは彼女は長く関西に在住していたということです。実は彼女はコテコテの関西人なのです。

つまり、話がメチャメチャ面白いのです。もちろん一つ一つの話に必ずオチがあります。

そのへんを踏まえていただかんことには、話が前に進みません。

ということで、まずは軽くジャブ程度に彼女の現在の趣味についてお伺いしたいと思います。

「趣味はコスメ集めとカラオケです」

お洒落でお歌がお好きとは、涼宮さんたら、まるでカナリヤのようです。

涼宮さんのことですから、さぞかし美しい声で歌われるのでしょう。

ところで、コスメ集めってどんなことをしているのでしょう。

「いろいろな化粧品を集めるのが好きなんです。特にリップはたくさん持ってますね。数えたことはありませんが、たぶん100本以外に収まっていると思います」

100本! 1年365日としてどうやって使い分けているのでしょう。

化粧品といえば、リアップ1本しか持っていない記者には皆目見当もつきません。

「季節によって色を変えるんです。今の季節ならオレンジ、春だったらピンク、秋だったらワインレッド。その日の気分によって微妙に色を変えてセレクトします」

なんということでしょう。お洒落にもほどがあります。

しかし、それだけ化粧品があるとオジサンは嫁入り前の娘のお部屋がどんなことになっているのか、とても気になってしまいます。

「あはは。たくさんメイク道具があると部屋が散らかっているように思われがちですが、実は私、すごく綺麗好きなんですよ。部屋に髪の毛が一本落ちているだけで気になってしまうんです(笑)。だからいつも掃除ばかりしてますよ。もちろん、化粧品もきちんと整理整頓してありますし、お洋服や下着も分類別に綺麗に引き出しにしまってあります」

素晴らしい。もはや非の打ち所がないではないですか。

しかし、残念なことに、ここまでのところ全くオチがありません。

「あ、そういうことだったらありますよ。いつも私生活で脱いだらキチンとたたむ癖がついてしまっているんですが、それを撮影現場でもカメラが回っている最中にやってしまったんです。男優さんも私も完全に盛り上がっている状況での『洋服たたみ』だったんで、かなりシュールなシーンになってしまいましたね(笑)」

本番の最中にいそいそと洋服をたたんでいる女優さんなんて見たことがありません。このシーンを探すのも、彼女の作品を鑑賞する上での喜びになるかも知れませんね。

さて、そんな質実剛健な生活を送っていらっしゃる涼宮さんですが、普段、ご自宅にいらっしゃるときはどんな時間を過ごしていらっしゃるのでしょう。

「けっこう外出することが多いので、あまり家にはいないんですが、家にいるときにはアニメの鑑賞をしていますね。あと、暇さえあればオナニーをしてます」

な、なんですと。最初のアニメはいいとして、最後にとんでもない破廉恥をぶっ込んできましたね。

しかも「暇さえあれば」とはどういうことでしょう。発情女神の本領発揮です。

それにしても、そんなにたくさんのオナニーをいったいどんなタイミングでするんでしょうか。

「オナニー自体は好きなことは好きですが、私にとってはある意味、暇つぶしです」

ひ、暇つぶし! 暇なときに読書をしたり、ゲームに興じている娘の話はよく聞きますが、オナニーを暇つぶしに投入している娘の話は未だかつて聞いたことがありません。

こうなると、彼女がいつからオナニーを始めて、どんな経緯で「暇オナニスト」になったのかがとても気になります。

ゆえにこの先は、彼女の「オナニーの歴史」についてお伺いしなければなりません。

【涼宮琴音さんの性の目覚め】

現在は、毎日猿のようにオナりまくっている涼宮さんですが、まずは初めてオナニーを知ったのはいつ頃だったのか聞いてみましょう。

「あれは小学校1年生の時でした。入学式で仲良くなった友達の家に遊びに行ったんです。その子の家は共働きで昼間は両親がいなかったんですけど、どういう経緯かは忘れましたが、一緒にその子のお父さんが隠し持っていたAVを観ることになったんです。

そしたら2人で『下のほうがジンジンするね』って話になりましてね。そんなときに、ちょうど近くにキリンのぬいぐるみがあったので、2本あるキリンの角を二人で分けあってアソコに当てて遊びました。それが私のオナニーの最初です」

今のお話のそこかしこにツッコミどころが潜んでいますが、とどのつまり、その友達は小学校1年生からオナニーの常習者だったわけですね。しかし、初オナニーが友達とキリンと一緒とはとんでもない話です。

「実はその続きがあるんです。そのあとにキリンの角じゃ物足りないということになった私たちはお父さんの部屋を物色したんです。そしたらたくさんオモチャが出てきたんですね。

その中からダブルローターを見つけ出して、今度は2人でローター遊びをしたんです。

それがくすぐったいやら気持ちいいやらでハマってしまって、それ以来、毎日その子の家に遊びに行くようになりました(笑)」

オ、オゾマシイ! 毎日遊びに行ったというと、世間様からは、ただの仲良しにしか見えないでしょうが、要は小学生の分際でオナニー秘密クラブを結成したことに他なりません。漢字や掛け算の前にローターを覚えてしまったこともさることながら、他の子がママゴト遊びをしているときにマンマンゴト遊びに興じるなど言語道断です。

ちなみに、そのクラブはいつまで続いたんですか?

「小学校5年生までです」

完全に物心がついているじゃありませんか! とんでもない娘たちです。もはや無知だったという理由は通用しません。

しかし、そうなると5年生で解散した理由も気になります。

いったい何があったんですか?

「のちに、私の家にもローターがあることがわかったんです」

昔から「金の切れ目が縁の切れ目」とはよく言ったもんですが、涼宮さんの場合は「ローターの切れ目が縁の切れ目」だったんですね。

でも、涼宮さんの場合、オナ友と違って、そうしょっちゅう親御さんのローターを拝借しているわけにはいかなかったでしょう。

そんなときは、やはり「指オナ」で我慢していたんですか?

「いいえ。あの頃はプレイステーションのソフトの中に失敗するとコントローラーが震えるデコトラのゲームがあったんです。それを使ってわざとちゃんと走らずにガタガタいわせて、楽しんでいました」

今の話を聞いたら、当時のゲームの開発者は腰を抜かすに違いありません。

【涼宮琴音さんの様子のおかしい友人たち】

若気の至りで女の子友達と「オナニー秘密クラブ」で親交を温めていた涼宮さん。

そんな涼宮さんも思春期を迎えます。

当然、彼女も異性を意識するようになりますが、涼宮さんの場合は少し様子がおかしかったようです。

「中学1年生のときに『手マンフレンド』ができたんです。その少年とは別々の学校に通っていたのですが、毎朝、私の家に来てキスと手マンだけしてそれぞれの学校に登校していました」

絶句です。小学生の時に同性のオナニーフレンドがいた涼宮さんは中学生になって異性の「手マンフレンド」をこしらえたというのです。

いったいどういう話し合いをしたら、うら若き男女がそのような関係になるのか昭和生まれの私にはさっぱりわかりませんが、少年のほうは決して「チンコを舐めてくれ、挿れさせてくれ」とはいわなかったそうです。

不思議な関係です。

ともあれ、今度は「早朝手マン倶楽部」に加入した涼宮さん。

どんどんおかしな方向に進んでいきます。

なぜなら、もう一人、手マン少年が加入してきたからです。

「その少年の場合はキスと手マンのほかにフェラが加わりましたね。初体験を迎える前にフェラはかなり上達したと思います」

ほほう! それは偉いですね。若い頃は、たとえそれがなんであっても新しいことに挑戦することは良いことです。青春万歳!

学校の先生なら、こうやって彼女を褒めたりするのでしょうか。

しかし、一般社会人の記者はどう返答したら良いのか全くわかりません。もやは目の前にいる彼女がただの様子のおかしい「変態娘」にしか見えないからです。

嗚呼、お腹が痛くなってきました。取材中にも関わらず下痢になりそうです。

しかし、そんな涼宮さんにも、ようやく「まともな彼氏」ができることになります。

でもそれは彼女が17歳の春まで待たなければなりませんでした。

「彼とのセックスで初めてエッチの気持ち良さを知りましたね。それ以来、変な友達はいなくなりました」

ようやく普通の娘としての道を歩み始めた涼宮さん。次は彼女が「どんなエッチが好きなのか」についてお伺いしてみたいと思います。

【涼宮琴音さんの理想のセックス】

涼宮さんにとっての「気持ちの良いセックス」を検証するために、まずは彼女の性感帯についてお伺いしてみましょう。

「今となっては、ここが気持ちいい、あそこが気持ちいいというのがなくて全身が性感帯なんです。本当に頭のてっぺんからつま先まで、どこを触られても気持ちいい。極端な話、髪の毛を触られただけでも濡れてしまいます」

やっぱりというか当然というか、小学校1年生から性の世界に没頭していた彼女は「全身性器」という最終進化を遂げたようなのです。

そんな全身性器の涼宮さんは、普段の生活の中でもことあるごとに発情してしまうと言います。

これなら「暇さえあればオナニーをしている」という彼女の言葉にもうなづけます。綺麗に合点がいってしまいました。

しかしまだ、どんな時に彼女のオナスイッチが入るのかは聞いていませんでした。

彼女はいったいどういうときに「ハアハア状態」になってしまうのでしょう。

「それは不意に訪れます。たとえば、私はワンちゃんを飼っているのですが、『いい子ねぇ~』なんて言いながら可愛がっているときに『はっ』ときたりします。

その場合はワンちゃんにちょっと待っていてもらってオナニーをするんですが、時々ワンちゃんがジッと私のオナニーを見ていることがあるんです。すごく気になるのですが、一度始まったら達するまで止まりません。なるべくワンちゃんの目を見ないようにしてやってます」

飼い犬からしてみれば、ご主人様が飯を食っているよりも頻繁に見る光景。羨ましくて仕方がありません。せめて犬にカメラをつけたいと思うのは私だけでしょうか。

そのほかにも、こんなときに涼宮さんは発情してしまうそうです。

「何気なくテレビを見ているときに、CMなんかで男の人が出たときに急にもよおす時もあります。そんな時は男の残像を記憶したまま、ささっとオナります。実はそんなこともあって、私のベッドの枕の下にはいつでも使用できるように電マがコンセントにつながったまま常に待機状態なんですよ。

あとは、ドラマやアニメのキスシーンや、そこで交わされる愛の言葉を聞いてもムラついてしまいます。そんな時もささっとオナニーで対応しています」

もはや、ロシア軍機や中国軍機が領空侵犯する以上にスクランブル回数が多い涼宮さんの電マ。年間を通してどれだけ緊急発信をしているかなんて恐ろしくて聞けません。

さて、そんな発情女神の涼宮さんですが、好きなセックス自体は意外にもシンプルでした。

「正常位にしろ、座位にしろ、相手の顔が見える体位が好きなんです。挿入されながらキスをされるとすごく興奮しますね」

なんともピュアな性嗜好です。とっても可愛らしいですね。おそらく涼宮さんは根は甘えん坊なんでしょう。

しかし、最近、涼宮さんの性の嗜好性に「ある変化」が起こったと言います。

「これまでは、どちらかというとロリ系や制服モノが多くて、主に責められる役が多かったんですけど、最近は『受け』だけでは物足りなくなってしまったんですね。決してドSになったわけではないんですが、男の人を責めたい気持ちがふつふつと湧いてきてしまっているんです」

なんということでしょう。ウブでロリで可愛らしいイメージの涼宮さんが、こともあろうに「責め」に興味を持ち始めたというではありませんか。これは事件です。

彼女はいったいどんな「責め」をしたいと懇願しているのでしょう。

「ガチの痴女なんかは、まだできませんが、男の人の感じている顔や気持ちよさそうな吐息を聞くと無性に興奮するようになってきたんです。他にもフェラや手コキでイキどうになっている男の人の姿を見るのも濡れますね。そういう『責め』をしてみたいんです」

今回の新作でも、所々に涼宮さんの「責めの顔」を垣間見ることができます。

皆さんも是非、探してみてください。

【涼宮琴音さんの好きなオジサン&苦手なオジサン】

最後に快活60では恒例になっております。涼宮琴音さんから見た好感の持てるオジサンと苦手なオジサンのタイプを聞いてみましょう。

まずは好感の持てるオジサンのタイプからです。

「好感が持てるオジサンは紳士的で清潔な人ですね。言葉遣いが美しい方も好きです。あと、私は加齢臭が好きなので、加齢臭と香水が混じった匂いのするオジサンにもキュンときてしまいますね」

いいですね。加齢臭好きに悪い人はいません。

次に「苦手なオジサンのタイプ」をお伺いしてみましょう。

「そうですねぇ。好きなオジサンと逆のタイプの人が苦手ですねぇ。例えば一緒に食事に行ったときに店員さんに敬語を使わない人は嫌です。

あとは私のことを褒めるのが0で、けなすのが100みたいな人は苦手ですね。絶対に私の意見を受け入れてくれなくて、自己主張ばかりしている人は一緒にいたくないです。

それと、当たり前の話ですが、街のルールを守らないオジサンはダメだと思います」

この暑さでマナーにまで気が回らなくなったのか、最近は歩きタバコをしたり、ゴミをポイ捨てしたりする人が確かに増えています。このような無法者はチコちゃんに叱られる前に涼宮さんに嫌われます。常々、注意したいものです。

様々な発見や楽しみが満載の涼宮さんの新作、とっても楽しみです。

文責:編集Y

【涼宮琴音さんの新作はコチラ】

『濃交 涼宮琴音の真性中出しSPECIAL』(MAX-A)

https://www.max-a.co.jp/item.php?item_id=5d0fa57400664ba69e327e2352123054

【涼宮琴音さんのプロフィール】

涼宮琴音(すずみやことね)

▷T157-B84W57H84

▷生年月日=1992年6月27日

▷出身地=滋賀県

▷趣味=コスメ集め、カラオケ


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀石原める「清純派アイドルがAVデビュー」
◀久留木玲「昭和の懐かしき少女が令和に蘇る」
◀SOD社員・吉岡明日海「真面目すぎる女子社員が会社のために人肌脱いだ?」
◀四葉さな「世にも美しい乳房の持ち主がパイズリ初体験」

◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」