お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【AV女優インタビュー・SOD社員・吉岡明日海】「真面目すぎる女子社員が会社のために人肌脱いだ?」

n【SOD女子社員・吉岡明日海さんてどんな人?】

前々から噂には聞いていましたが、ソフト・オン・デマンドでは時々、女子社員自らがAVデビューすることがあるといいます。

あながち信じられない話ですが、AVという世界でお仕事をする以上、それもあり得る話かもしれません。

私が長いこと社畜として働いてきた出版社でも、ごくたまに作家としてデビューする人もいますから、それと同じようなことなのでしょう。

ともあれ、この度AV界の名門・ソフト・オン・デマンドから女子社員さんがデビューすることになりました。

それが宣伝部に所属する吉岡明日海さんです。パフパフ。

1992年生まれの26歳。

ちなみに彼女はソフト・オン・デマンドは新卒入社ではなく、以前は短大を卒業して医療事務のお仕事をしていたそうです。

しかしながら、お仕事の延長線上とはいえ、社員から女優さんに転身する方ってどんな人なんでしょう。

ものすごく興味がわきます。

まずは現在の彼女のお仕事の内容からお伺いしてみましょう。

「初めまして。この度は(取材に)ご足労いただきましてありがとうございます。宣伝部の吉岡明日海です。よろしくお願いします」

なんと! 彼女はきちんとご挨拶してくれた上に名刺まで出してくれるではありませんか。

私も長いことAVの取材をしてきましたが、会社名のついた名刺を頂戴したのは初めてです。

なんとも奇妙な感じがします。

しかも宣伝部というのがこれまた珍妙です。

ひょっとして彼女、自分で出演した作品を自分で宣伝したりするのでしょうか。

もしそうなら、世の中のおっさん記者はひとたまりもありません。

なにしろ、出演した本人が社員として自分の作品を売り歩くのですから、たくさん買うわ、みだりに紹介するわと大騒ぎです。それはどこかの娘が「手作り弁当」を売りに来るよりパワーがあります。

それにしても、ハキハキしていて感じのいい娘です。さぞかし仕事もバリバリこなすんでしょう。ややもすればウチの社員に欲しいぐらいです。素顔はいったいどんな娘なんでしょうか。

そこで彼女に私生活についてもお伺いしてみました。もしかしたらそこから彼女がAV出演するに至った理由がわかるかもしれません。

プロフィールによると、彼女は秋田県の出身。ということは必然的に一人暮らしということになります。AV会社の女子社員はどんな生活をしているのでしょう。

「お花いじりが趣味で、今一人暮らしをしているアパートのベランダにはバラやひまわりの他にオクラやほうれん草なんかも植えています。全部で15鉢くらいはありますかね。田舎生まれ田舎育ちで小さい頃から常に植物が身近にあったので、そばに草花があると安心するんです」

なんて可愛らしいご趣味なんでしょう。

こんな可愛いい顔して実は部屋の中が「大人のオモチャだらけなんじゃないか」などと勘ぐっていた自分が恥ずかしい限りです。

しかし、バラやひまわりはいいとしてオクラやほうれん草はやっぱり食うんでしょうか。

「はい。食べます。お料理が趣味なので、自分で作った野菜で創作料理なんかもしています。前に医療系の仕事をしていたので、健康のためにも野菜には詳しくなりたいですね」

完璧です。もういつどこに嫁に出しても恥ずかしくありません。

「ありがとうございます。でも、結婚はしないつもりでいるんです」

なんということでしょう。嫁入り前の娘が嫁に行かないとは衝撃的すぎます。

彼女の過去にいったい何があったのでしょう。

是非とも聞いてみなければなりません。

【吉岡明日海さんの恋愛遍歴】

なぜ彼女が「結婚しないつもり」なのか。その事情を詳しく聞いてみました。

「私が好きになる人は他の人も好きだからです」

おやおや? かなり様子のおかしい答えが返ってきましたよ。いったいどういうことなんでしょう。

「私がいいなって思う人は必ず他にもいいなって思う女性がいて、いつも私のほうが負けてしまうんです。それにいい人ほど彼女がいたり、奥さんがいたりするじゃないですか。その繰り返しで疲れてしまったんです」

なんということでしょう。まだ20代で恋愛に疲れるなんて、あってはならないことです。

そもそも彼女の好きになる男性とはどんな人なんでしょうか。

「だいたいひと回りかふた回りぐらい年上の方が多いですね。タイプとしては中性的な人に惹かれてしまいます」

なんと! 彼女のひと回りふた回り上の年齢というと40代、50代ということになります。オジサン記者としては、それはそれで大変素晴らしいことなのですが、中性的な人とはこれいかに。もしかして「どんだけぇ~」みたいな人なんでしょうか。

「女性の視点で女性のことを見ることができる人が好きなんです。寛容で優しい人が好きですね」

なるほど。確かに40代、50代で性格もよければ大抵、女房や彼女はいますわな。

しかし最近は20代、30代でも爺さんみたいな人が増えていますから、いずれ結婚したくなるようないい人が見つかるに違いありません。

【努力家だった吉岡さんの少女時代】

さて、結婚についてはすっかり諦めてしまっている吉岡さんですが、学生時代はたいそうな努力家だったようです。

しかもご本人が自分が努力家であることに気づいていないのが驚きです。

まず、彼女は幼い頃からずっとピアノを習ってきているのですが、ピアノについてはこんなエピソードを聞き出すことができました。

「どこの学校でもクラスごとに発表する合唱コンクールというものがあったと思うんですが、私、そこでピアノの伴奏者になりたかったんです。でも、同じクラスに私よりもピアノがうまい子がいて、その子が選ばれてしまったんです」

結果的に二番手にピアノができる彼女は指揮者になったのですが、どうしてもピアノ伴奏者を諦めきれなかった彼女は別の方法を模索します。

「当時、私の学校では選択授業というものがあり、その中に『音学』の授業があったんです。今度はそこで伴奏者の道を目指しました」

そこからの彼女の伴奏者への執念は並々ならぬものがあったようです。

「どうしても伴奏者になりたい一心で、先生を捕まえてほぼ毎日、特訓してもらいました」

朝晩のピアノの修練に加え、放課後の特訓。当然、音楽を専攻する学生が集まるわけですからライバルも多かったことでしょう。

特訓は雨の日も風の日も雪の日も続きました。

そして、そんな努力が実ってか、ついに彼女はピアノ伴奏者に選ばれたのです。

嗚呼、例の番組の中嶋みゆきさんの曲が聞こえてきそうです。

もし、これが私なら、最初の「指揮者」で十分満足していたはずです。いや、ピアノ以上の誉れを感じていたことでしょう。

なぜなら、昔から男子の憧れの職業といえば、プロ野球の監督、オーケストラの指揮者、連合艦隊の司令長官と相場が決まっているからです。

ともあれ、彼女の努力に拍手喝采です。

他にもこんなエピソードがあります。

実は彼女、中学・高校では陸上部に所属していたそうなのです。

さぞかし足に自信があっての部活選択かと思いきや、そうではなかかったと言います。

「実は小学校の頃は学年で3番目に足が遅かったんです。それがとっても悔しくて陸上部に入りました」

そうなると当然、陸上部では一番足が遅いことになります。

そこで彼女は部活動の練習だけでなく、毎日一人で走り込みの影練をしていたそうです。

その結果、彼女は中学2年の頃には地域で一番長距離が速くなり、駅伝部長の重責まで拝命しました。

なりたい→できない→悔しい→努力→獲得

ご本人はまったく気がついていませんが、どうやらこの方程式が彼女の人生の縮図のようです。

おそらくお嫁さんについては現在「できないエリア」にいるのでしょう。悔しさが芽生えて努力に結びつけば、きっと成功するに違いありません。

【吉岡明日海さんの性の目覚め】

次にそんな吉岡さんに「性癖」について聞いてみました。

方程式通りなら26歳である現在、とてつもない性癖を「獲得」しているに違いありません。

まずはいつ頃、性に目覚めたのかをご本人に語っていただきましょう。

「最初は幼稚園の頃でした。お風呂上がりに親に体を拭いてもらっていた時に股間に妙な気持ちよさを感じたのが最初です」

この発見をした吉岡幼児は親にソコを指差しながら「この部分はなんなんだ」としつこく問い合わせたと言います。おかしな子です。両親もさぞかし困ったことでしょう。

しかし、この後、さらに困ったことが起こります。

「小学2年生のとき、その頃仲が良かった友達と家で普通にNHKの教育テレビを見ていたら、急に友達が後ろにフェードアウトして、気がついたらアソコを弄りながらハアハアしていたんです。その時はそれがオナニーだって知らなかったんですが、恥ずかしいことをしていることは直感でわかりました」

こともあろうに小学校低学年で友達の生オナニーを間近で目撃してしまった吉岡児童。普通ならそんな光景を目の当たりにしたら、アドリブが効きません。しかし…。

「友達がオナニーしているのを見て、私も隣で一緒になってオナニーをしました」

なんと、彼女の初めてのオナニーがお友達とのダブルオナニーだったというのです。

しかもその時、吉岡児童はこんなことを思ったそうです。

「恥ずかしいことだけど、人間ってそういうもんなんだって思ってしまいました」

どうやら吉岡さんのエロ哲学はこの時に芽生えたようです。

しかしながら気になるのはその時にNHK教育で放送されていた番組です。児童のオナニーを誘発した教育番組とはいったいどんな内容だったのでしょうか。

【吉岡さんのオナニー史】

小学生の時に「仲良しオナニー」で自慰デビューを果たした吉岡さんですが、現在のオナニー事情はどのような状況になっているのでしょう。かなり気になります。

「今は1日最低7回はしています」

とんでもない回数です。

想像していた以上の回数に腰が抜けそうです。

睡眠時間を6時間とした場合、起きてる時間は2時間半に一回はオナっていることになります。

いや待ってください。仕事の時間中はオナニーができません。

就業時間が1日8時間として24時間ー6時間(睡眠時間)ー8時間(就業時間)=10時間。

これを7で割ると平均1時間半に1回がオナニータイムです。

凄絶すぎます。

もしこれが男なら煙が出るでしょう。

しかしながら、教育テレビでオナニーを覚えた娘がいかなる経緯でこのようなヘビメタオナニストに変貌を遂げたのでしょう。過去を辿ってみなければなりません。

吉岡さんにその辺のところをお伺いしてみたところ、衝撃的な事実がわかりました。

「実は最初のオナニーの後、家で電マオナニーをするようになってしまったんです」

オナニー2回目で指からいきなり電マとは小学生らしからぬ破廉恥です。

そもそも、いたいけな児童はどこから電マを手に入れ、誰が電マオナニーを教えたというのでしょう。

「実は私の家には一人一台パソコンがあって、私は小学校時代からこっそりAVを見ていたんです。電マは本来のマッサージ器として家で使われていたものを拝借しました。でも、当時の私にはそれは『アソコに当てる道具』にしか見えませんでした。なぜなら、最初に電動マッサージ器の存在を知ったのがAVだったからです」

なんということでしょう。本来、両親が学習のために娘に用意したパソコンが別の教育のために使われ、お父様やお母様のコリをほぐすための道具は愛娘の股間を振動させていたのです。

親の心子知らずとはまさにこのことです。

ここまででも、かなりタイヘンな娘ですが、中学に入るとさらにソレがエスカレートします。

これもご本人の口から言ってもらいましょう。

「初めてアソコに何かを入れたのは15歳の頃なんですが、本来、入れるべきでないものを入れてしまいました」

さて、吉岡少女はいったい何を入れたのでしょうか。その答えはおそらく林先生でもわからないはずです。

さあ、吉岡さん、お答えをどうぞ。

「私がモコちゃんと名付けたぬいぐるみの足を入れてしまいました(汗)」

これまでの取材の中で、アソコに様々な異物を突っ込んだ娘の話はよく聞きますが、ぬいぐるみの足を入れた娘は初めてです。

それに加えて気にするのは「モコちゃん」の正体です。

モコちゃんは何のぬいぐるみだったのでしょう。

「ア、アルパカです(大汗)」

嫁入り前の娘が入れるものとしては太すぎます。今時、40を超えた人妻だってそんな太い足は入れません。

「あ、でも足をすぼめてゴムを被せるといい感じの太さと柔らかさになるんです」

いやはやなんとも。

ちなみに彼女の初体験は19歳。

お相手に処女じゃないことを疑われたことがショックだったそうです。

しかも、これまで付き合った人はたった一人。

オナニーの開発には積極的ですが、恋愛にはオクテな娘のようです。

【ソフト・オン・デマンドに入社した理由】

そんな彼女がソフト・オン・デマンドに転職することになった理由も、やはり「恋愛」が関係しておりました。

「好きな人にフラれた時にオナニーで自分を慰めようと思って見た作品がソフト・オン・デマンドの作品だったんです。それが高じてAVのイベントにも参加するようになりました。そうしたらだんだんエッチな業界に興味が湧いてきたんです。それで思い切って中途採用試験を受けました」

つまり彼女は、自分で自分を慰める自慰行為の原点が転じてこの業界に入ってきたわけです。

しかし、だからと言って社員になるのとAV出演はまったく別の話です。

いったいどういう経緯でデビューすることになったのでしょう。

「実は、ある現場に同行した時に、みんな忙しくて男優さんのケアをする人がいなかったんです。それで私がこっそり手コキをしてあげたんですが、その時の模様が偶然カメラに映ってしまっていて…。それが監督さんにバレて、その後ずっと隠し撮りをされ続けていたんです。後からそれを見せられて、監督さんに『これをAVにしていいか』って聞かれた時はびっくりしましたね。

でも、自分も宣伝部の一員として他の女優さんの作品を世の中に広めるだけでなく、自分が出演して広めるのもいいなって思ったんです。それでデビューに同意しました」

なんて仕事熱心な娘なんでしょう。身を呈して会社のために人肌脱ぐなんて立派すぎます。

【吉岡明日海さんのエロスイッチ】

さて、どんな事情があるにせよ、女優さんとしてデビューした以上、快活60としては、やはり「アレ」を聞いておかなければなりません。

そうです。吉岡明日海さんの「エロスイッチ」です。

実際、吉岡さんはどんな時にエロスイッチが入るのでしょうか。

「うーん。また変な子と思われるのも嫌なんでけど、お風呂場を見ると興奮しますね。股間がキュンとします」

うーん。やっぱり変な娘です。

しかしながら、いったいどうしてお風呂場にエロスを感じるのでしょう。

「本来、セックスって寝てするものじゃないですか。それがお風呂場だとそうはいかないですよね。だから、お風呂場を見た時『ここだったらどんなセックスができるのかな』ってついつい妄想してしまうんです。そうなると、やっぱり濡れてしまいますね」

理由を聞くと哲学的な部分もありますが、絶対に彼女はお風呂のショールームには連れて行けません。

ちなみに一番興奮する風呂場はシティホテルなんかにある夜景が見えるガラス張りの風呂だそうです。


【企画の殿堂!ソフト・オン・デマンド女子社員の企画力】

読者の皆さんからすれば、すでに吉岡さんが少し変わった娘であることはお分かりのことと思いますが、そこはやはり「企画の殿堂」とも言われるソフト・オン・デマンドの女子社員。

自分が出演するために、どんな作品を企画したいかも聞いておかなければなりません。

「企画として成り立つかどうかはわからないんですが、昔好きだった『あるAV作品』が、今でも忘れられないでいるんです。

それは、『掃除機で男性器を吸う』という内容でした」

もう期待通りのお答えです。

吉岡さんには是非とも風呂場でチンコを掃除機で吸われている男のAVを作ってもらいたいものです。

ともあれ、努力家であり、真面目であり、そして変態である社員女優が今まさに誕生したわけです。

こうなると、彼女の出演作が面白くないわけがないではないですか。

デビュー作は8月に発売ですが、今からめちゃくちゃ期待してしまいます。

最後に、年上好きの彼女に「好きなオジサンのタイプ」と「嫌いなオジサンのタイプ」を聞いて見ましょう。

「好きなオジサンのタイプはエッチなオジサンです。苦手なオジサンは清潔感のない方ですかね」

時々「SOD酒場」でも働いているという彼女。

オジサンにとっては本当の意味での「会いに行けるアイドル」の誕生です。

文責:編集Y

【吉岡明日海さんのデビュー作はコチラ】

『「今までのどの女子社員よりも押しに弱い社員」宣伝部・中途入社1年目 吉岡明日海(26)お願いを断れない性格で、土下座すればやらせてくれそうな彼女のありえないくらい優しくて懐の深い素顔と意外とスケベで巧者なSEXが撮れました!!』(SODクリエイト)

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=SDJS-027

【吉岡明日海さんのプロフィール】

吉岡明日海(よしおかあすみ)

▷T159-B70(F)

▷生年月日=1992年9月3日

▷出身地=秋田県

▷特技=料理

▷趣味=お花いじり、LINEスタンプ作り、ピアノ


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀四葉さな「世にも美しい乳房の持ち主がパイズリ初体験」
◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」