お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【AV女優インタビュー・小島みなみさん】デビュー8年のベテラン女優がAV史を変える

今年でデビュー8年を迎えた女優さんがいます。

古来より日本では「八」という数字は「末広がり」を意味しますので、なんともめでたい限りです。

それではさっそくご紹介しましょう。

小島みなみさんです。パフパフ。

どんなにAV事情に疎いオッサンでも彼女のお名前ぐらいは知っているでしょう。

実際に新橋あたりで泥酔している紳士に彼女のことを聞いてみましたが10人中9人はご存知でした。

今や「小島みなみ」というブランドはAV界のレジェンド以外のナニモノでもないのです。

しかし、本当の彼女がどんな女性なのか、あまり知る人はいないでしょう。

そこでこの度、快活60編集部は女優歴8年を迎えた彼女にバースデーインタビューを敢行しました。

【小島みなみさんてどんな人】

実際、小島みなみさんはどんな人なんでしょう。まずがご本人に自己分析をしていただきました。

「そうですねぇ。割とポジティブだと思います。あとは綺麗好きですね」

近頃は「どうせ私なんか」などとネガティブなことほざきながら、布団の上でスナック菓子をパリポリ食い散らかす汚い娘が増殖していますのでオジサン記者としては、もうそれだけで好印象です。

しかし、よくよく考えてみれば「ポジティブな綺麗好き」って、どんな人なんでしょう。具体的にエピソードを聞いてみないと、なかなかピンと来ません。

もしそれが彼氏をボコボコにぶん殴って、その後に綺麗に手当てをするといったような類のことが彼女の言う「ポジティブな綺麗好き」だったとしたら、もうこの時点でアドリブが効きません。

彼女のどういうところが「ポジティブな綺麗好き」なのか恐る恐る聞いてみましょう。

「私、お米が大好きなんですよ。毎日でもお米を食べたい子なんです。

それである晩、いつものように米を炊こうとしたら、炊飯器の中蓋がないんです。しかも、どこを探しても見当たらない。まさかそんな物を持ち歩くはずもないと、色々考えていたらハッと気がついたんですよ。今日の朝、雑誌と一緒に捨てちゃったかもしれないって(汗)」

雑誌と炊飯器の中蓋がどうして一緒に捨てられることになったのかは置いといて話を先に進めましょう。

「中蓋がないと米が炊けないって一度は諦めかけたんですけど、私、その日はどうしても米を食べたかったんですね。だから、中蓋無しで米を炊いてみたんです」

もはやポジティブというよりも、ある種の冒険家です。これにはアルピニストの野口健さんも腰を抜かすに違いありません。

それはさておき、彼女の米はどうなったというのでしょう。

「それがビックリ! 普通に炊けてたんですよ! 日本製品恐るべしですね」

なんということでしょう。彼女は「ポジティブな綺麗好き」ではなくて「うっかりさんでポジティブ」な女性だったのです。

まるでサザエさんです。

加えて「なんでもよく見ず捨ててしまう」タイプの綺麗好きであることも判明しました。

それにしても恐ろしいまでの米に対する執着心です。このことから決して物事を途中で諦めない「粘り強さと根性」も兼ね備えていることもわかります。

さらにこのエピソードの後日談から、彼女の「優しい心根」も垣間見ることができました。

「実は捨てるのが可哀想だから今でもその炊飯器を使っているんですよ。ちゃんとお米は炊けますからね。でも困ったことがひとつだけあるんです。米を炊くたんびに部屋中が結露だらけになってしまうんです(困)」

いえいえ小島さん、助けてもらった炊飯器から出るスチームはきっと小島さんのお肌を瑞々しく生き生きとさせてくれているはずです。その証拠に米ぬか石鹸もお肌にいいと言われてるじゃないですか。部屋の結露はおそらく「鶴の恩返し」ならぬ「炊飯器の恩返し」です。

 

【小島みなみさんが8年もの間ファンに愛され続けた理由】

ここまでのエピソードだけでも小島みなみさんがサザエさんのような「愛されキャラ」であることが十分に伝わったと思います。

しかし、ただの「うっかりさんでポジティブな人」では生き馬の目を抜くAV業界では長く生きていけません。

ここから先は、小島みなみさんが「なぜこれほどまでの長きにわたりファンに愛され続けられているのか」その秘密を探ってみようと思います。

そのためにはまず、彼女が本業である女優のお仕事に「どう向き合っているのか」を調べてみなければなりません。

いったい彼女はお仕事の前はどんなことをしているのでしょうか。さっそく聞いてみました。

「テレビの番組やAVのお仕事をいただいたときは前もって共演者さんや男優さんのことを調べますね。どんな趣味があるのかとか、食べ物は何が好きなのかとか。それで、いつも寝る前に掛け合いをシミュレーションしてから眠ります」

なんと! めちゃくちゃ努力家じゃないですか。実は小島さんは根がものすごく真面目だったようです。

クソ真面目なサザエさん。

これが彼女がファンと国民に長く愛される秘密のようです。

しかし、彼女のこの真面目さは時として様子がおかしい一面も浮き彫りにします。

「好きな人ができて、その人の血液型と誕生日さえ分ければ、占いで調べて会った時のシミュレーションを考えますね。奥手なタイプの女の子が好きなのか、ガンガン攻めてくる女性が好きなのか、それによって戦法を変えるんです」

意中の男相手に誕生日と血液型と占いだけで勝負するなんてなんて無謀なんでしょう。

これにはマスオも仰天です。

 

【小島みなみさんが一番思い出に残る作品】

そんな努力家でクソ真面目でポジティブなうっかりさんである小島さんが、8年の女優生活の中で、腰が抜けるほど驚いた現場があるといいます。

「ちょうど今と同じぐらいの時期だったと思うんですけど、スタジオの庭で撮影するシーンがあったんです。しかもそれが夜の撮影だったんで、照明をガンガンにたいていたんですよ。そしたら、が大量に集まってきてしまったんです」

女性の中には「虫嫌い」という方が結構いらっしゃいます。そんな方からすれば、生きた心地がしない撮影だったに違いありません。

「いえいえ。虫はどうってことないんですよ。その時は男優さんと裸でイチャイチャするシーンだったんですけど、フェラをしようとしたら、男優さんのお腹に虫に混じって『G』がいたんです。これにはさすがに私も悲鳴をあげてしまいましたね(笑)」

Gといえば、言わずと知れた「ゴキブリ」のことです。ガンダムではありません。

「しかも、そのGが男優さんのヘソよりもデカい超巨大Gだったんです。ヘソはチンコのすぐ上ですから私にとっては目と鼻の先だったんですよ。あれには参りましたね」

しかし、彼女が心底驚いたのは『Gの件』だけではありませんでした。

「そのときの男優さんが、ものすごく冷静で『どうしたの?』なんていいながら余裕でGを払い飛ばしていたんですけど、チンコだけは元気なままでギンギンなんです。どんなことがあっても勃起している男優さんに度肝を抜かれましたね。

でも、それを見て私も『プロとしてしっかりしなきゃ』っていう意識が芽生えて、その後の撮影はキッチリこなすことができました」

Gという大きな困難を乗り越えたことで、現場は信じられないほどの共鳴感に包まれたといいます。

 

【オナニーで見る小島みなみさんの性の変遷】

デビューしてから8年の間に様々な経験を積んだ小島みなみさん。

Gの件だけでなく出演したすべての作品が彼女の経験値を高める上で血となり肉となったことでしょう。

でも、読者の皆様が一番気になるのは彼女の「性感」が8年の間にどう変わったのかということでしょう。

そこで次は彼女の「性感の進化」についてお伺いしてみました。

意外なことに小島さんたら、デビューしたての頃はエッチなことは何一つ知らなかったそうです。

「実際、デビューの前はオナニーすらしたことがなかったんです。もちろん今みたいに潮なんて吹いたこともありませんでした。こういうと驚くかもしれませんが、AVも『女性がみてはいけないもの』っていう認識だったんです。

だから、今の私のエッチなカラダはすべてAVの撮影現場で作られたといっても過言ではないと思います」

8年間のAV生活で作られた性感とはどんなカラダなんでしょう。小島さんの他には滅多に症例がないので、エロ的にも医学的にも興味津々です。

「まず、オナニーを覚えてしまったことが私のエロ歴史の始まりですね。私のエロの歴史を紐解くにはオナニーを語るのが一番だと思います」

黒歴史ならぬエロ歴史がオナニーでわかるなんて、なんて新しい視点なんでしょう。

まずは小島さんの「オナニー草創期」からお伺いしてみましょうか。

「最初は正座をして恐る恐る指で弄ってしてました。オカズは2次元のいやらしい絵や画像でしたね」

草創期のオナニーはまるで茶道でもしているかのような慎ましやかさです。横から見ていても、いやらしさのカケラもありません。

それがどう変わっていったのでしょう。

次は小島さんの「オナニー発展期」について聞いてみました。

「その次は正座のまま上半身を後ろに倒してオナニーをしていました。そうすると踵がお尻を築き上げるため、ちょうどクリが山(カラダ)の頂点に位置するんですよ。しかもその体勢だとクリが剥き出てくるんで気持ちいいことこの上ないんです。そのときのオカズはまだ2次元でしたね」

なんと! 正座でオナっていた嫁入り前の娘は「オナニー・イナバウアー」を開発していました。

こんな格好でオナニーをしている人は滅多にいません。いやらしさも金メダルです。

さらに小島さんに「オナニー安定期」についてもお伺いしました。

「そのうち、指をやめて道具を使うようになりました。当時は豆みたいなローターでもキュンキュンしてましたね(笑)。その頃のオカズも動画になりました」

その昔、猿は「道具」を手に入れたことで人間に進化したと言われています。このときの小島さんはまさに進化の絶頂期だったと言えましょう。

そして現代。小島さんのオナニーはさらなる発展を遂げたに違いありません。どんなことになっているのかワクワクします。

「今や豆ローターでは刺激が足りないんです。もっぱら電マですね。なんか期待ハズレなことになってしまって申し訳ないんですが、オナニーはテレビを見ながらCMの合間に電マを当てて適当にやってます(汗)。オカズはありませんが1回のオナニーで軽く5回はイってますね。もはやオナニーは私にとっては暇つぶし以外のナニモノでもありません(笑)」

ナニゴトにも衰退期はあるものですが、まるで手間いらずのベテラン主婦のオナニーのようです。

ちなみに小島さんの部屋では電マの電源は常にコンセントに突き刺さったままだそうです。

 

【衝撃! 小島みなみさんの肉体に変化が!】

オナニーについては、すでに「進化の最終形」に達してしまった小島さんですが、肉体のほうはまだまだ進化し続けているようです。

最近も小島さんの肉体に「2つの変化」が現れました。

「まずひとつめは最近乳首を攻められるのが好きになったんですかど、右と左とでどうも感度が違うんですよ。なぜか右のほうが格段に気持ちいいんです。だから最近は撮影時にも左の乳首を多めにお願いしてます。左の乳首も経験値を上げれば感度が上がってくると思うんですよね」

右と左で感度が違うなどということがあるのでしょうか。女体は神秘だらけです。

「もうひとつは一種類しかなかった『潮吹き』の快感が二種類に増えたことですね」

潮吹きの快感が二種類になったとはどういうことでしょう。

そもそも、男の最大の疑問として「潮を吹く」のと「イク」は一緒なんでしょうか?

「いままでの『吹かされちゃう潮吹き』はイクのとはちょっと違います。でも最近、イク潮吹きをするようになったんですよ」

潮吹きが「イクのとはちょっと違う」という事実も男からすれば衝撃ですが、イク潮吹きとはいったいどんな感覚なんでしょう。

「つい最近気がついたんですけど、自然な流れで『吹きそうで吹きそうで我慢していて、あっ、吹いちゃった』っていうのがイク潮吹きですね。もう頭もカラダも凄いことになっちゃいます」

なんと! これはもしかしたらアダルト史上、今世紀最大のスクープかもしれません。

つまり、最新作では小島みなみさんの「イク潮吹き」が拝めるということです。

これは見逃すわけにはいきません。

 

【小島みなみさんの最新作】

そんな小島みなみさんの「イク潮吹き」が拝める作品が8月に「エスワン」から発売される『』です。

しかもこの作品、小島みなみ作品史上初めてとなる「催眠」をテーマにしたものということで、7月の今から巷の男どもの話題になっているというのです。

すなわち二重の「見どころ」があるということ。これはタマリマセン。

いったいどんな作品なんでしょう。

「最愛の彼氏とラブラブだった私が、彼氏の悪い先輩に催眠をかけられ寝取られるというものです。この作品での私は文学少女という設定で、彼氏以外には心もカラダも許さないとい真面目な女の子なんですよ。それが催眠で彼氏との愛よりも他人の大きなチンコを欲しがる淫女になってしまうんです」

オ、オゾマシイ。そして羨ましい。

その催眠、ぜひ私も習得したいです。

ところで、パッケージに妙な文字がありますが、これはなんです?

『鬱勃起』

聞いたことがありません。

「それは男のほうが酷い目に遭っているのにも関わらず勃起してしまうことです。よくわかりませんが、今流行っているみたいですね(笑)」

あわわわわっ! そんな勃起が流行っているなんて世も末です。

政府は消費税を上げている場合じゃありません。

たかが2%税率が上がっただけで日本男児が喜んで「鬱勃起」に走り出しそうです。

しかしながら小島みなみさんの催眠状態、ぜひ見てみたいものです。

 

【AV鑑賞の常識を変える衝撃発言】

また、この作品の観賞の仕方について小島みなみさんから衝撃のお言葉をいただくことができました。

「もしかしたら私だけかもしれませんが、1回目のカラミよりも2回目、3回目のほうが感じてしまうんです。多分、1回目でアソコがほぐれて2回目以降にようやくエンジンがかかるからだと思います。最後のカラミはもうワケがわからないぐらい感じちゃってますね」

つまり、1回目のセックスは小島さんにとっては準備運動。本当のセックスは2回目以降ということになります。

これはAV観賞の歴史を変える衝撃的な作品です。

この作品を手に入れたら是非、1回目のカラミと最後のカラミを比較検証してみてください。

 

【小島みなみさんの好きなオジサン&苦手なオジサン】

最後に、小島みなみさんに「好きなオジサン」のタイプと「苦手なオジサン」のタイプを聞いてみました。

「好きなオジサンは清潔感があって、いつも朗らかな表情をしているオジサンですかね。そういう優しそうなオジサンを見ると『夜はどんな顔するんだろう』って邪悪な妄想が芽生えてしまいます。そんな人が淫語を言ったりドMだったりしたら、さぞかし楽しいだろうなって思います」

最初のくだりはいいとして、後に続く「好きな理由」を知ったら、どんなオジサンも膝から崩れ落ちるに違いありません。

そうなると「苦手なオジサン」のタイプも普通ではなさそうです。

「苦手なオジサンはズボンをめちゃくちゃ上げて履いている人。よく公園なんかで、キンタマが食い込むほどズボンを上げて散歩しているオジサンがいるじゃないですか。アレ、苦手です」

予想通り、変な答えでした。

しかしながら世の中にズボンの履き方で嫌われるなんてことがあるなんて、おそらく男は誰も知らないでしょう。

理由を聞いてみましょう。

「そういうキンタマまでズボンを上げているオジサンは概して人からどうみられているか気にしないオジサンが多いんです。そういう方は十中八九、自分勝手なセックスをするんです。そうに違いありません」

確かにそれは納得です。やはり紳士たるもの「見た目」も非常に大切だということですね。

その他にも小島さんは、お酒や食事の席で下ネタを言うオジサンが苦手なそうです。

「だいたい酔った勢いで『俺は2時間クンニをする』なんて言っているオジサンほど舐めるの下手だったり…。しかもたとえそれが事実だったとしても、女の子は大して気持ちよくもないクンニを長時間やられることになります。これは耐えられません。むしろ、あんまり下ネタを話さない人のほうがセックスがうまそうに見えると思うんです」

いかがですか皆さん。酔った勢いで軽々しく下ネタなんぞ飛ばしていると、女性には「ヘタレ」に見られることもあります。十分に気をつけましょう。

しかしながら、小島みなみさんたら、魅力的すぎます。

これからの作品からも、ますます目が離せません。

引き続き、注目して行きましょう!

ちなみに彼女の好きな食べ物は「イチゴ」です。

取材&記事:編集Y

【小島みなみさんのサンプル動画と作品はコチラ】

『催眠NTR覚醒 僕とのSEXは淡泊な文学彼女が嘘みたいに大失禁アクメしまくった胸糞証拠VTR』(エスワン)

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/list/=/article=actress/id=1010958/sort=date/

【小島みなみさんプロフィール】

小島みなみ(こじまみなみ)

▷T150-B85W56H83

▷生年月日=1992年12月14日

▷出身地=神奈川県

▷好きな食べ物=イチゴ


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀夢見照うた「アイドル合格を断ってAVデビュー!決意の裏舞台とは?」
◀八尋麻衣インタビュー「デビュー1年で乳首だけでイケるようになりました!」
◀3秒で「イクッ!」超敏感娘がプロ男優を相手にしたらタイヘンなことに!
◀ピアノの勉強から180度方向転換! 教員志望の女子大生がAVデビュー 古賀まつな
◀スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞「加藤あやのさんが妖艶すぎる」件
◀宮沢ちはる「撮影で初イキして感涙していたウブ娘が騎乗位寸止めS女に豹変」

◀望月あられ「1年半ぶりにAV復帰した伝説の美少女が中出し志願」
◀AV界の女神・波木はるかが衝撃の引退「最終作は緊縛解禁!」
◀唯井まひろさんの巻
◀有馬すずさんの巻

◀きみと歩実さんの巻
◀明里ともかさんの巻
◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」