お色気 めくるめく官能世界へ誘います

還暦風俗ライターSがイク!「神々しい巫女さんがオッサンの御神体を除霊&お清め」

前回、コスプレデリヘルで生保レディとのプレイを堪能した私、S。

普通のデリヘルでは満足できないカラダになってしまったのでしょうか、今宵もちょっと変わった刺激的な趣向のお店はないものかといろいろ探し回ったところ、ありましたよ、インパクトのあるお店が。

それは秋葉原のハンドヘルス店『アキバ神社』です。

しかも、お相手してくださるのは何と神様に仕える巫女さんです。

こんなバチ当たりなことをしていいのかと一瞬チューチョしましたが、そこは男の悲しい性。さっそく参拝して、私の神体を清めていただくことにいたしました。

まず神社に電話をして神主さんに参拝や除霊の方法を伺います。

基本的には手コキプレイがメインですが、巫女服の上からの乳もみ生乳もみ&吸い顔面騎乗、さらには巫女のオナニー鑑賞などさまざまなオプションがあってお好みに応じてリクエストできる仕組みです。これは楽しみですね。

ところが、電話をしたのはお昼の12時ちょっとすぎだというのに今日いる巫女さんはすでに全員、予約で一杯なんだそうですよ。人気のある神社なんですねえ。

そこで日を改めて翌日の朝10時、顔も洗わずに電話を入れると、今度はバッチリ予約が取れました。

その日の夕方、神主さんに紹介してもらったホテルで心を落ち着けて待っていると、巫女さんがしずしずとやって来ました。めいちゃん、22歳。処女なのは聞くまでもありません。何しろ巫女さんなんですから。

それにしても白衣と緋袴にはそそられますよねえ。これからこれを脱がしてと想像しただけで、私の御神体にはいつもとは一味違うパワーが漲って来る感じなんですよ。恐るべし、神のチカラ!

「じゃあ、そろそろ始めましょうか」

というめいちゃんの一言で除霊の開始です。初回の今日は4000円の「オールヌード(お触りなし)」を選んだので、巫女服を脱いだめいちゃんの真っ白な柔肌をしっかり鑑賞しながら、シコっていただきました。

 

というわけで本日の結論。

巫女さんのおかげですっかり極楽浄土へと導いていただきました。えっ、あれっ、極楽浄土はお釈迦様の担当でしたっけ? どうだったかなあ。学生時代にちゃんと歴史の勉強をしておくべきでした。

まあ、どっちでもいいけど、めいちゃんにしっかり御祈祷をしていただいて気持ちよく発射したので、これからの私は開運間違いなし。商売も繁盛するかもしれません。

 

【女のコ情報】

めいちゃん(22歳)

T153-B85(F)W58H89

東京都 秋葉原 デリヘル

『アキバ神社』

☎︎03-5809-2271

参拝料=40分8000円~

取材&記事:還暦風俗ライターS


【シニアの風俗放浪記バックナンバー】

◀「生保レディの枕営業」
◀『新大久保・エプロンのしろうと妻達』
◀番外編
◀『アリスマリオン』の巻
◀『熟らぶ』の巻
◀『萌えろ!! パラダイス学園』

◀『ライオンズクラブ』の巻
◀「恵方巻」

◀「○○人妻倶楽部」の巻
◀「ハイブリッドヘルス小岩中央」かえでちゃん
◀「欲しがり女は激しくて」の巻

「風俗に飽きた方にオススメのドルチェ」の巻
「五反田の中国エステ」の巻
「五反田人妻城」の巻
月に1週間しか働けない風俗嬢
働く女性のアソコを嗅ごう
◀『東京射精管理倶楽部』
若者にソープを任せていてはいけません