お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第56回 埼玉県在住Y・Tさん(59歳)の告白【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【介抱しつつもてあそんでしまった先輩OL】

Y・T 59歳 埼玉県在住

まだ、いまの会社に入社して間もないころ、わたしには非常に良くしてくれる先輩がいた。しかも、5つ年上の女性で独身。仕事もできるし、だれもがあこがれをいだく美人で、スタイルも抜群だ。どうしてそんなに気にかけてくれるのかたずねたところ、わたしは事故で亡くなった弟に瓜ふたつらしい。

「ムチャばかりして、ハラハラさせられるところなんかそっくり」

彼女は長い髪をかき上げながら、笑顔でそういっていた。

ある日、所属していた部署の課長が定年となり、送別会を開くことになった。もちろん、彼女もわたしも参加した。そして、彼女と宴席で一緒になるのは、そのときが初めてだった。

「わたし、あまり飲めないから」

乾杯が済んで、わたしがビールをすすめると彼女は言う。しかし、彼女の気を惹きたい社員連中が、入れ替わり立ち代り酌をする。無下に断ることもはばかられると考えたのか、彼女は無理な笑顔を浮かべてグラスを空にした。

「大丈夫ですか?」

「え、ええ、なんとか」

そういいながらも目はうつろになり、肌も赤く紅潮しはじめる。何度かトイレに立つものの、足もとはおぼつかなく、次第にろれつもまわらなくなってくる。

わたしは不遜にも、そんな先輩を色っぽいと思いはじめていた。

平素は凛とした態度でわたしたちに指示を出し、背筋をまっすぐ伸ばして社内を闊歩する。英語が堪能で、海外からの来客があると通訳を務める。それでも常に笑顔を絶やさず、お茶くみや掃除も進んで行う。

そんな彼女に男性社員ばかりでなく、女子社員も尊敬の眼差しを向けていた。

しかし、酒の力は彼女の弱さを露呈させる。そしていつの間にか、わたしのとなりの席でウトウト居眠りをはじめたのである。

「先輩、本当に大丈夫ですか?」

「う~ん、ダメ、みたい……」

そういいながら、頭をわたしの肩にあずける。それとなく見おろせば、スーツの下に着たブラウスの胸もとから乳房の谷間やブラジャーがかいま見える。

赤い唇に長いまつ毛、甘い香水の匂い。わたしの感情は尋常でなくなり、若さも手伝って、股間にうずきをおぼえたのであった。

宴もお開きとなり、みんなは二次会へと河岸を代えた。しかし、先輩は満足に立つこともできず、わたしが体躯を支える。

「大丈夫、わたし、帰れる……」

「こんな状態で、危ないですよ」

「じゃあ、送って帰って」

潤んだひとみで彼女は言った。もちろん、わたしに異存はない。

わたしはそのまま彼女をかかえて、タクシーが見つかる場所まで歩いていく。繁華街を抜け、幹線道路へ出ようとすると、すぐ近くにホテルのネオンが見えた。

わたしは足を止め、先輩を見る。彼女は泥のように眠っている。かかえる腕や手に彼女の柔らかい感触、とくに乳房の豊満さが伝わり、すでに歩くのが困難なほど股間はふくれあがっている。

「せ、先輩、す、少し、休んで……」

「うん……」

それは、ただのうわ言だったかもしれない。けれどわたしは承諾の返事と勝手に解釈し、道路に出る方角からホテルの方へ向かったのであった。

部屋を選び、エレベーターに乗り、目的の場所へたどり着く。そのあいだも先輩はまったく目をさまさない。ドアを開け、スリッパもはかずに部屋の中に入り、わたしは彼女をベッドの上におろした。

「さて」

正体なく眠り続ける先輩を見て、わたしはしばらく考える。

「どうしたものか」

どうするもこうするもない。ここまできたら、やることはひとつだ。

しかし、彼女とは明日も会社で顔を合わせることになる。魅力的な存在であることに変わりはないが、意識のない相手を勝手にもてあそんぶというのは、許されるべきことではない。

「先輩、先輩、起きてください」

わたしは声をかける。しかし、彼女は目をさまさない。

「苦しくないですか? 水、もってきましょうか」

そういうと、かすかにうなずいてくれる。

わたしはそなえ付けのコップに水をくみ、先輩の身体を抱き起こして飲ませる。唇が濡れ、細いのどがコクリと音を立てるが、全部を飲み干すことはできない。あまった水が口からあふれ、ブラウスを濡らす。

「あ~あ」

わたしはそういって彼女を横たわらせた。

「濡れたままじゃ、な。それに、締めつけているのも……」

泥酔しているが、別段苦しそうではない。それでも身につけているものを脱がしたほうが、楽になるかもしれない。

「ですよね」

返事はない。

「じゃあ、そういうことで」

わたしは先輩の上着を脱がし、ブラウスのボタンをはずす。そして、スカートを脱がし、ストッキングを脱がす。

まったく抵抗をしめさない先輩は、下着姿であお向けになる。胸もとから腰、太ももにかけての曲線がなんともエロチックで、艶やかな肌はきめが細かく純白に近い。

「先輩、胸は苦しくないですか?」

返事がないのを知っていて、わたしはたずねる。彼女は少しうめき声をあげるだけ。

「そうですか、じゃあ、楽に……」

先輩の背中に手を回し、ブラジャーのホックをはずす。肩ひもをずらし、身体からはずすと、こんもりと盛り上がった形いい乳房があらわになる。

その瞬間、わたしのどこかにスイッチが入った。屹立を果たしている一物の先端からは、粘り気のある先走り汁がにじみ出る。血液は逆流し、顔面はほてる。

「せ、先輩、いいんですね」

「ううん……」

「いいんですね!」

わたしは大急ぎで裸になり、飛びかるようにおおいかぶさる。そして、乳房を揉み、乳首を転がし、陰部に手を伸ばして指で蜜壷をさぐる。

先輩の内部は呼吸に合わせて伸縮を繰り返し、時おり窮屈な締めつけをあたえてくれる。かき混ぜるたびに大量の蜜があふれ出し、何度かビクンビクンと身体を痙攣させはじめる。

「あああん、いや、だめ……」

「ダメ? なんですか?」

「いやん、あん……」

夢見心地でいるのか、先輩は唇をゆるく開け、切ない吐息を漏らす。それと同時に、濃厚なフェロモンが立ちのぼり、わたしの理性は飛翔してしまう。

「先輩も感じてるんだ、よろこんでるんだ」

わたしは彼女の身を起こし、壁一面の鏡に向かって脚をひろげさせた。少し濃い目の陰毛の向こうに、サーモンピンクの肉裂が口を開ける。指でこねくり回し、背後から乳房を揉むと、なんとも卑猥な姿が映し出される。

「先輩、きれいですよ、すごくきれいだ」

目を閉じたままの先輩に反応はない。それでも、子宮に達するほど指を挿入させると、ビクンと背中を反らせる。

続いて先輩をうつ伏せにし、わたしは背骨に沿って舌をはわせる。そして顔面を秘部に押しつけ、すする。

「やああん、あん……」

かすれた声がひびく。部分は十分に濡れそぼり、いまかいまかと挿入を待ち受けているようだ。

「さて、そろそろ」

わたしはコンドームをつけ、そのまま後からつらぬき通した。

「やん!」

根もとまでズブリと納まった瞬間、先輩はあごをのけ反らせた。それでも夢の世界から抜け出すことができず、完全にわたしのオモチャと化す。

わたしはズンズンと腰を振りながら、先輩のぬるみと温度を甘受する。次に先輩をあお向けにすると、脚を高く掲げさせ、内部を攪拌しながら抜き差しを続ける。

「ああ、先輩、すごい、すてきですよ、先輩」

律動のたびに乳房がタプタプと揺れる。彼女の表情は淫靡にゆがみ、唇から舌が顔をのぞかせている。

「ああ、いい、イキそうだ、先輩、イキますよ、イッてもいいですか」

答えはない。そしてわたしはそのまま、彼女の内部にほとばしりを放ったのであった。

夜明け前、眠りに落ちていたわたしは揺り起こされた。目を開けると、厳しい表情の先輩がわたしをにらんでいる。

「これはどういうこと!」

いままで見せたことのない、すごい剣幕。当たり前だ。自分が眠っている間に犯されたとあれば、怒るのも無理はない。しかし、わたしは平然と答えた。

「どういうことって、ボクは先輩の命令にしたがっただけですよ」

「命令?」

「そうですよ。やだなぁ、おぼえてないんですか」

送別会で酔って、わたしに家まで送るよう命じたこと。タクシーをひろおうとしたら、ホテルで休みたいといったこと。拒否すると、大声で泣きわめいたこと。仕方なくこの部屋に入ると、自分から服を脱ぎ捨てて迫ってきたこと。

「ホント?」

「本当ですよ。ボクは仕方なく……」

まっ赤なウソである。しかし、彼女は信じてしまった。

その後、彼女はわたしによそよそしい態度を取るようになった。それはそれで残念なことだが、たった一度でも甘美な体験ができたことに満足はおぼえる。卑怯だといわれればそれまでだが。

 

【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【新婚夫婦によって回春した夫婦】
◀【心中まで考えた幼なじみとの恋】

◀【シニアの山岳会で美熟女意気投合】
◀【女子大生二人にもてあそばれて童貞喪失】
◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」