お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【シニアの夜遊び基礎知識】 風俗は「大人の学校」です

時代が令和になったということで、新しく「習い事」を始めたという方も多いでしょう。自分の知らなかった世界を学ぶことは人生に大きな刺激を与えてくれます。

しかし、新しいことばかりに気をとられて古いことを疎かにしてしまっては元も子もありません。昔から温故知新という言葉があるように、これまでのことをしっかりとおさらいしてから新しいことを学ぶべきです。

そしてそれはセックスでも同じことが言えます。特に中高年のなかには、たいしたテクも持ち合わせていないのにセックスのすべてを知った気になっている御仁が少なからずいらっしゃいます。

しかも、そういう輩に限って、女性の演技に気づかずに「俺はセックスがうまいんだ」などと能書きを垂れたりするのです。

大事なことは女性の多くは本当に気持ちいいときは、ことさら大きな声で喘いだり、みだりに淫語を使ったりしないということです。

過日もこんなことがありました。それはうらびれた昭和風の熟女風俗でのことです。

そのとき指名した嬢が騎乗位でまたがると、ことさらにアンスカ騒ぐのです。しかもカンペでも見ているかのように「大きい」だの「硬い」だのスラスラと淫語を繰り出します。祖チンなのにこりゃ様子がおかしいと、プレイ後に後をつけてみると案の定、屁をこきながら「あー疲れた」などとほざいておりました。

日本のおもてなしとして、こんな愚行を放置しておくわけにはいきません。後日、同じ店に行って同じ嬢を指名して頭を下げて本当に気持ちいいセックスとは何かについて教えを請うことにしました。

するとどうでしょう。前回はアバズレ感満載だったその五十路女は人が変わったように親身になってアレコレと教えてくれるではありませんか。しかもその内容が目からウロコの連続です。

なかでも衝撃だったのは「女性の愛撫はすべて勝手口(裏口)から入ることだ」との教えです。

五十路女曰く、ほとんどの男が女を前から攻めるのですが、実は女は後ろから攻められたほうが感じるというのです。極論を言えば、前から抱きしめられるより、後ろから抱きしめられたほうが濡れ具合が激しく、前のときより軽く2、3倍は淫乱が高まるらしいのです。逆に前から抱きしめられるのは恋人限定だともおっしゃっていました。

なぜなら、エロよりも愛を求めているからだそうです。

このことを聞くにつけ、今まで女性相手に正面玄関からズケズケ入っていた自分が恥ずかしい限りです。皆さんも風俗学校で性を学びなおしましょう。

文責:編集長原田


【シニアの夜遊び基礎知識バックナンバー】

◀100歳でも現役のペニス
◀男の陰毛は女性のアロマです
◀新時代は「エビ反り騎乗位」が主流!?
◀衝撃!男性の乳首を欲しがる女性たち

素股で振り返る平成
◀オプションを堪能しましょう

◀音を立ててイキきましょう!
◀「母性をくすぐる勃たないエロス」
◀「旅ハメ」に挑戦しよう!
◀3月は出稼ぎ嬢で満開です
◀変態散歩を楽しみましょう

◀春のかほりを楽しみましょう
◀女性に冷えは禁物です
◀風俗嬢を困らせるシニア客
◀インフルエンザと風俗遊び

◀車の運転はセックスと似ています
◀愛液は口ほどにモノを言う
◀舐め技をナメてはいけません
◀究極の「味くらべ」はいかが?
◀2019年の風俗心得を伝授
◀年末風俗は「声出していこう」
◀風俗も「備えあれば憂いなし」
エロさ倍増「待ち合わせ風俗」
名医が教えた「性病予防」
◀女性が忘れられない男
芸術の秋に試したいオプション
触らないほうがいい場所
勃たないことは武器になる
女性を不安にする男の特徴
男の食べ方はセックスを表す
 一度はヤりたい掟破りの「着たまま」プレイ
「ヘンリー式」で興奮度倍増!
ペニスは風俗で進化する?
女性の性欲は「声」でわかる
セックス時の正しい呼吸法
出会い系は損して得とれ」
もうひとつのW杯で勝つ!
◀風俗で脳が活性化する!?
 風俗に行く「正しい服装」
シニアのための女性器観察
馴染みの風俗嬢に手土産を
五月病は風俗で治す
「妄想力」でエロさ倍増
左は「性界」を制する?
◀店で最初に確認すべき事
◀愛撫がうまい人の作法
「褒める」「感謝」を忘れずに!
◀女性が興奮する環境とは?
風俗嬢の母性を掻き立てよ!
風俗プレイも声出していこう!
女性が乱れる「立ち愛撫」
◀春風俗は「M女と遊ぼう」