お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第51回 岩手県在住O・Jさん(65歳)の告白【怪しい行商女と行きずりの性交】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【怪しい行商女と行きずりの性交】

O・J 65歳 岩手県在住

非常に奇妙な出来事だった。65歳の今になってもそう思う。

あれはかれこれ50年ほど前の話。キツネにつままれるというのは、まさしくこのことか、と思えるような体験をわたしはした。

わたしが生まれ、高校時代まで過ごしたところは山深い寒村だった。人口も少なく、1歩山道に入ると誰かに出会うということは滅多にない、ひなびたところだ。精霊や妖怪の伝説も残り、幼い頃は戒めの言葉として「悪いことをすると山姥に連れ去られっど」と脅されていた。

その日、わたしは一人で林の中を歩いていた。理由は分からない。うっそうと茂る葉の間から木漏れ日が降り注ぎ、時折わたしに気づいた鳥が羽ばたきをして飛び去っていく程度で、とても静かだったことはおぼえている。

しばらく辺りをながめながら歩いていると、道端でうずくまっている一人の女性を見つけた。かすりの着物ともんぺ姿。手ぬぐいでほおかむりをした老人風だ。かたわらには大きな荷物がおかれ、わたしは何気なく近づいて声をかけた。

「どうしました」

その声に女性は顔をあげる。その顔を見て、わたしは驚いてしまう。てっきり老婆だと思っていた彼女は、しわもなく、目もともはっきりした妙齢の女性だった。

「足を痛めてしまって」

彼女はいう。

「では、この荷物をボクが運びましょう」

わたしは動揺をかくしていう。

「いいんでですか」

「大丈夫です」

そういうと、わたしは彼女の荷物をかかえた。

村には時々、峠を越えて、行商人が魚や肉、町でつくられた道具類を売りに来た。野菜や米は自給自足だが、スーパーはもちろん、よろず屋が一軒しかなかった村ではありがたい存在だ。しかし、その誰もが、老婆か生活苦のにじみ出た中年女だった。

わたしは思い荷物を背負ってゆっくり歩く。彼女もわたしのあとを無言でついてきた。ある程度歩くと林も途切れ、村が見渡せる場所までたどり着く。

「もう、ここでいいです」

彼女は突然いった。

「すぐそこですよ」

「いいんです。ありがとうございました」

そういって彼女は、ほおかむりをとる。その表情があらわになったとき、わたしは声を失い、まじまじと彼女の顔を見つめてしまったのである。

いままで見てきた行商人にはない、気品と華麗さに彼女は満ちあふれていた。色は抜けるように白く、目尻の吊りあがったひとみは涼しく、髪の毛も黒々として素直に長い。それに、林の中では気づかなかったが、着物の胸もとも大きく盛りあがっている。

年のころなら40前後といったところか。高校1年のわたしにとっては十分年上で、おばさんの範疇に入る。が、それでもきれいな人だと思う。何かわけありで行商女に身をやつしているといった、容姿と風貌だ。

そんな彼女が妖しく笑ってたたずんでいる。

「本当にありがとうございました」

「足はいいんですか?」

「はい、もう、すっかり」

わたしは荷物をおろす。すると彼女は宙に浮いたような足取りで、わたしの目の前に立った。

「お礼がしたいんですけど」

わたしは、間近で話す彼女にドキドキしながら答える。

「い、いいです……」

「いえ、わたしの気がすみませんから」

そういって彼女はわたしの手を取り、道からはずれた場所に連れて行こうとする。

「どこへ?」

「いいから」

荷物はおかれたまま。わたしと彼女は草むらをかき分け、道からずいぶんと離れてしまった。

こんな場所があったのだろうか。15年も村に住んでいて、まったく気づかなかった空き地が雑草に囲まれ広がっている。空き地といえども芝生状に背の低い草の茂る、人一人が寝転ぶことしかできない場所だ。

彼女はわたしの手を取ったままその場に座る。わたしは引っ張られるまま、彼女の横に腰をおろした。

「本当に助かりました」

「いえ」

「でも、わたしにはおカネも値打ちのある品物もありません」

「だから、お気づかいなく」

「ただ、自慢できるものといえば」

彼女はそういって、いきなり着物のえりをひろげた。

「あ」

わたしは一言発しただけで、何もいうことができなくなる。その胸乳はこんもりと形良く盛りあがり、乳首の色も薄い。

「きれいですか? わたしの胸」

「はい」

「いいんですよ、触っても」

「でも」

「ほら、遠慮なさらないで」

彼女はわたしの手を自分の乳房にいざなう。やわらかく豊満で、艶やかな肌触り。

「いいんですよ、舐めても」

「で、でも」

「いいんですよ、お願い、吸ってください」

彼女の声がうわずる。表情も妖艶にゆがみはじめる。

わたしは顔を押し当て、吸い付いた。母親のおっぱいを吸って以来のことだ。舌で乳首を転がし、手のひらで乳房をわしづかみにする。

「ああ、気持ちいい、あん」

彼女は切なく、か細い声をあげる。

「さあ、わたしがもっと気持ちよくさせてあげます」

さんざん胸乳を吸い、舐らせたあと、彼女はいった。

「な、なにをするんですか?」

「わたしに任せておきなさい」

彼女はわたしをあお向けに寝かせ、ズボンと下着をおろした。わたしの部分は、すでに隆々といきり立っている。

「すてき」

ポツリとそうつぶやくと、彼女はいきなりわたしをほお張ったのだった。

「あ」

ぬるみと体温、絡みつく舌のうごめき。わたしは我慢ができず、すぐに彼女の口にほとばしりを放った。けれど彼女は精液を飲み込むと、ふたたびわたしを舐め、しゃぶる。

「あ、あ、あ」

「また、固くなってきた」

彼女はそういうともんぺを脱いで、着物も脱いだ。下着は着けてなく、全裸の肢体でわたしに覆いかぶさってくる。

「い、いいですよね、わたしの中に挿れても」

「で、でも」

「我慢できないんです。挿れます、挿れますよ」

いまにも泣き出しそうな表情で、彼女はいう。そしてわたしの真上にまたがると、自分で中へ導いていった。

「あ、くぅ……、と、届く……」

うごめく膣襞と、窮屈な締まり。彼女は舌なめずりをしながら自分で乳房を揉み、喘ぎ、悶えた。

舞うたびにタプタプと両の乳肉が揺れ、わたしの突き刺さった部分からは蜜があふれてしぶきとなる。

「ああああん、いい、こんなの、あああん、気がイキそう!」

遠くまでひびきわたりそうなほど、彼女は声をあげた。わたしは、その淫らな姿を見つめ、まとわりつく粘膜と愛液の感触を受け、肉の締めつけを感じながら、彼女の中にそのまま放出したのであった。

「ありがとございました」

そういって身づくろいを整えた彼女は、荷物をかついで、もと来た方向に帰っていく。

「え? 逆……」

わたしは呼び止めようと思ったが、すでに彼女の姿は林の中に消えていた。

その女の正体が一体何物だったのか、今でもわからない。そして、わたしは得体の知れないものに、童貞を奪われた。決して後悔はしていない。

 


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【3人の芸者に嬲られた温泉宿の思い出】
◀【田舎の早すぎた初体験】
◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」