お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第49回 奈良県在住N・Mさん(59歳)の告白【田舎の早すぎた初体験】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【田舎の早すぎた初体験】

N・M 59歳 奈良県在住

わたしの生家の近所に、少し変わった女の子がいた。母親は彼女が生まれて間もなく蒸発し、祖母と父親の3人暮らしだった。田舎のことなので彼女はイジメの標的となり、学校にも満足に通っていなかった。

名前は小夜子といった。わたしより1つ年下で、ぼさぼさの髪に真っ黒な顔。とてもじゃないが、かわいいといえる風貌ではなかったが、なぜか小夜子はわたしに懐いていた。わたしが自宅でぼんやりと過ごしていると、勝手に入ってきて、一緒に遊ぼう、とせがんでくることもしばしばだった。

それは、小学校6年の夏の日の出来事。小夜子はいつもどおり、庭から縁側を通ってわたしの家にあがりこんできた。

そのとき、わたしは昼寝をしていたが、下半身が涼しいので目をさます。すると小夜子がわたしのパンツをおろし、勃起したペニスに鼻を当ててクンクン嗅いでいるのが見えた。わたしは慌てて飛び起きる。

「なあ、チンコのにおい、かがせてえや」

小夜子はいう。

「なにをいうてんねん。やめとけや」

「なんで? エエやん、におい嗅ぐだけやん」

いったい彼女は、何を思ってそういう行動に出るのだろう。わたしは不思議に思いながらもパンツをはきなおす。

「やめとけ、こんなことするんやったら、これから遊んじゃれへんぞ」

「なんで? チンコのにおい嗅ぐだけやん」

「なんで嗅ぎたいねん」

「オトンと同じにおいするから」

「お前とこのオトン、におい嗅がせるんか?」

「ううん、ウチが勝手に嗅ぐねん。けどオトンは、いやがれへんで」

「アカン、今日は帰れ。用事あるから」

「いつきたら、嗅がせてくれるん?」

「オトンのだけでエエやろ」

「いやや、ほかのんも嗅ぎたい」

「ほな、オレ以外の誰かに頼めや」

「いやや、殴られる」

「オレやったらエエのんか?」

「うん、殴れへんもん」

確かにわたしは、小夜子に暴力を振るったことがない。いや小夜子だけではなく、誰に対しても手をあげたことはない。

「またな、その気になったらな」

「いつ、その気になるん」

「そのときは、そのときや」

わたしはうまく言いくるめて、小夜子を追い出した。

その日から小夜子は、わたしが家にいるとたずねて来て、においを嗅がせろとせがんできた。あまりしつこいので、わたしはしぶしぶパンツをおろし、彼女に嗅がせることにした。

「なんや、今日は大きなってないな」

「そらそうや」

「なんで男の人のチンコて大きなるん?」

「知らんがな」

「どないやったら大きなるん?」

「それはやな」

真剣な目で小夜子はたずねる。わたしは答えに窮してしまう。

「なんとなくや」

「なんとなくか?」

「そうや」

納得したのかしないのか、それでも小夜子はわたしの股間に顔を近づけ、鼻を当てた。クンクンとまるで犬が地面を嗅ぐように鼻を鳴らし、ときどき口から吐息を漏らす。

「ど、どうや……」

「オトンと、ちょっと違う」

目を閉じて嗅ぎ続ける小夜子。そのときわたしは、身体に変化が起きはじめるのを知った。

下半身が熱くなり、血液の充満してくるのがわかる。なんとかごまかそうとしても、一物はぐんぐん大きくなり、完全に勃起をはたす。

「やあ、大きなった」

小夜子は、よろこびの声をあげた。

「なんで? なあ、なんで?」

「し、知らんがな!」

わたしは恥ずかしさのあまり、立ちあがってパンツとズボンをはく。

「なんで? なんでパンツはくん?」

「もう終わりや」

「えー、なんで?」

「なんでもや!」

そんなことがあってからも、小夜子は何度もわたしをたずねた。わたしも小夜子の吐息がみょうに心地よく思え、あらがっているふりをしながら、においを嗅がせていた。

しかし中学生にあがったころ、小夜子との奇妙な行為も中断した。小学校と違って中学校は遠くにあり、クラブ活動もはじめ、小夜子と遊ぶ時間がなくなったからだ。

だが、わたしが中学3年になったばかりの春、桜の花が咲き乱れる日曜日。わたしは受験勉強に集中するためクラブを辞め、その日も昼間から机に向かっていた。

「なあ、遊ぼ」

聞きおぼえのある声に気づき、縁側に出ると小夜子がたたずんでいた。久しぶりに見る小夜子は背も伸び、髪の毛もきれいに整えられ、肌の色も白かった。

「忙しいん?」

「うん、受験勉強や」

「受験?」

「そうや」

「遊ばれへんのん?」

小夜子は寂しそうにいう。わたしはそのとき、気にもとめていなった小夜子の胸に目がいった。

股間を嗅いでいたころの小夜子は、胸も平らな幼女の身体つきだった。けれど、中学生の小夜子は乳房もふくらみ、どことなく艶かしい肉体に成長をとげている。

「ちょ、ちょっとだけやったら」

わたしは勉強を中断し、小夜子を部屋に通した。

「なあ、なあ、おぼえてる? ウチ、ここでチンコ嗅いだの」

「な、なんやねん、いきなり」

「あのとき、チンコ大きなったやん。なんでチンコ大きなるか、ウチ、知ってんねんで」

屈託のない表情で小夜子はいうが、その表情、そして胸乳を見つめるわたしの感情はおだやかでない。

「また、嗅いでもエエ?」

「え?」

「チンコ、嗅いでもエエ? 大きしてもエエ?」

わたしは返事に困った。以前の小夜子ならきっぱり断っただろうが、いま目の前にいるのは、大人になりかけの少女だ。昔日の面影は残っているものの、顔はともかく、身体は大人びている。

「ま、まあ、ちょっとだけやったら」

わたしは家に誰もいないことを確認すると、部屋のふすまを閉めた。ズボンを脱いで、パンツをおろし小夜子の前に座ると、彼女にも裸になるよう命じた。

「なんで?」

「オレだけ裸やったら恥ずかしいやろ」

小夜子は素直にしたがう。

「パンツだけでエエのん?」

「いや、できたら」

全部脱いで欲しい。そう伝えると、小夜子はなんの疑いもなく全裸になった。

わたしは眼前で露呈された小夜子の肢体を見て言葉を失った。腰つきや手脚に幼さは残っているものの、うっすらとした茂みが陰部を覆い、桜色の乳首を中央に収める乳房は、手の平にあまるほどふくらんでいる。

「なあ、もう、嗅いでエエ」

小夜子はいう。わたしはうなずく。小夜子は前かがみになって鼻を鳴らす。わたしの目の前にはなめらかな肌と、丸く小さな臀部の曲線がひろがる。小夜子は嗅ぐだけでなく、指でつまんでもてあそびはじめた。

「小夜子、舐めてくれへんか」

興奮をおぼえたわたしはいった。その言葉に小夜子は、不思議そうな目でわたしを見あげる。

「舐めるん?」

「そ、そうや」

「なんで?」

「舐めたら、その、味とか……、においもようわかるはずや」

「そうかな」

「そうや、絶対」

小夜子は首をかしげて舌を伸ばし、わたしを舐めはじめる。わたしの一物は張り裂けんばかりに膨張し、脈打つ。小夜子は舌を絡めてしゃぶっていたが、やがて口から抜き出し、身を起こした。

「なんで、やめんねん」

「寒い」

「え?」

「寒い」

小夜子はそういって正座し、身を震わせている。

「そうか、ほな」

わたしはいきなり小夜子を抱きしめた。

「こうやったら、暖かいやろ」

「そ、そやけど」

「なんや、こわいんか?」

「う、うん、なんか、こわい」

わたしの表情は劣情にまみれていたに違いない。小夜子は女の直感として、それを感じ取ったのだろう。わたしはそんな小夜子を抱きしめ、床に押し倒した。

「え、え、え!」

「エエから、エエから」

わたしは小夜子の乳房を舐め、陰部に手を伸ばす。

「あ、アカン、アカン、こわい」

「こわないから」

「アカン、アカン、アカンんん!」

わたしはいきり立った一物を、小夜子の陰部に突き当てた。モノは思ったよりもスムーズに、小夜子の内部に挿入をはたす。

「い、いたい!」

わたしも初めてだったが、小夜子も処女だったようだ。しかし、そんな小夜子を気づかう余裕はない。

「い、いたい! 堪忍、堪忍! イタイイタイ! もう、やめて、堪忍して!」

叫び、逃げようとする小夜子を押さえつけ、わたしは腰を振った。そして、そのまま小夜子の中に吐き出したのであった。

そんなことがあってから、小夜子はわたしに近づかなくなった。道であっても逃げ出してしまう。わたしは後悔と罪悪感を味わった。

高校に進学すると、わたしは寮生活を選び、小夜子とはまったく会わなくなった。いつしか小夜子の家族は、どこかに引っ越していった。

そんなわたしも今年で還暦。小夜子がどこでどうやって生活をしているのか、知りたくもあるが、また知りたくもない気もする。

 


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【イジメてほしいとねだるハイミス教師】
◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」