お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第48回 熊本県在住M・Tさん(61歳)の告白【イジメてほしいとねだるハイミス教師】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【イジメてほしいとねだるハイミス教師】

M・T 61歳 熊本県在住

あれは、わたしがまだ現役教師だった12月のこと。とある研修会に出かけたわたしのとなりに、年のころなら30代半ばの女教師が座った。長い黒髪をひとつにたばね、黒縁のメガネをかけ、薄い化粧に黒いスーツと、一見すれば色気のない女性だった。

わたしはとくに気にもとめず、講演を聴き、質疑応答に耳をかたむけていた。やがて休憩時間となり、わたしは紙コップのコーヒーを買い求め、喫煙スペースへ足を運んだ。

そこには件の女教師が先に座っていた。膝上10センチほどのスカートから伸びた形のいい脚を組み、細くて長いタバコから紫色の煙をくゆらせている。研修にあてがわれた会議室では気づかなかったが、細身の割には胸が大きく、スタイルは申し分ない。

わたしはかすかな緊張をおぼえつつ、彼女の近くに席を取った。

「あら?」

わたしの姿に気づいた彼女は、メガネ越しに見つめる。

「たしか、わたしのとなりの……」

「あ、はい……」

「あなたもタバコはお喫いに?」

「ええ、まあ……」

それから二人は、喫煙者にとって学校勤務はなかなか辛いとか、最近の親は教師に期待をかけすぎるとか、いろいろ話す。すると、彼女の考えとわたしの考えはほとんど同じであることがわかり、いつしか意気投合してしまう。

「うれしい。わたしって考え方がおかしい、とっぴ過ぎるってよく言われるんですよ」

「そうですか? ボクはそう思いませんよ。むしろ、まっとうな教師の考えだと」

「あの……」

そのとき彼女は、少しうつむき加減になっていった。

「今日、このあと、ご予定は?」

「いえ、別に」

「よかったらお食事でもしながら、もう少しお話できませんか?」

40年近く生きてきたが、女性の方から声をかけられるのは初めてだった。それに、よく見ると、彼女は顔立ちも端正で清楚な趣を漂わせている。

やがて、休憩時間は終わり、もとの会議室へ。しかし、おこなわれた研修会の内容は、何一つ記憶に残ることはなかった。

会場をあとにし、わたしたち二人は駅に近い居酒屋へ入った。

「気取った店よりも、わたしはこういうとこの方が好きなの」

席について生ビールを頼み、まずは乾杯。このときになって、彼女は自分の名を告げた。

「吉原といいます。K高校で生物を担当しています」

「あ、わたしは……」

わたしも自己紹介をする。

それからは次から次へと料理を頼み、二人は談笑しながら平らげる。見た目のしなやかさとは違い、彼女はよく飲み、よく食べる。わたしも釣られて何杯もビールをお代わりし、やがて心地よい酔いに沈みはじめる。

「ねえ、場所、変えない?」

2時間近くたったころ、彼女はいった。

「いいですね、次は落ち着いたところで飲みなおしましょうか」

「うん、それもいいけど……」

彼女は意味ありげな視線でわたしを見つめ、耳もとでそっととささやく。

「どうせならホテルに、どう?」

わたしは驚き、彼女の顔を見つめる。彼女は薄い笑みを浮かべ、妖しい目でわたしを見る。

「イヤ?」

「いえ、けど……」

「奥さんに遠慮してるの?」

「どうしてボクが、その、結婚してるって」

「指輪」

わたしは慌てて左手を見る。

「マジメなんだ」

「い、いや……、そんな……」

「マジメな男の人、好きよ。でも」

「でも?」

「たまには冒険も必要よ」

すえ膳食わぬは男の恥。そのうえ、わたしは酔っていた。教職にある妻帯者という身分も忘れ、彼女にさそわれるまま店を出たのであった。

彼女は独身だった。それがわたしを安心させ、大胆な行動に走らせたのかもしれない。

「シャワー、浴びてくる」

ホテルに入ると、彼女はそういい残して浴室に消えた。わたしは軽い頭痛とめまい、かなりの緊張感に襲われ、ベッドの上に寝転がった。

「大丈夫か?」

完全な浮気である。しかも相手は、今日知り合ったばかりの女。許されるべきことではない。けれど、拒否できる男もこの世には少ないはずだ。

「まあ、一晩限りだけだろうから」

そんなことを考えているうちに彼女が戻ってきた。わたしはその姿を見、いだいていた不安などもうどうでもいい、という気分を感じ取った。

バスタオルを胸もとに巻いただけの彼女は、生乾きの髪を垂らし、もちろんメガネははずしている。その姿は着衣のときとは違い、妖しく艶美で、見とれてしまうほど麗しい。

「どうしたの?」

彼女は、少女のように小首をかしげてたずねる。

「い、いや……」

「アナタもシャワー、浴びてくれば?」

はやる心をおさえ、わたしも浴室に入った。その時点で、股間の一物はむくむくと頭をもたげはじめている。

「いや、今日はついてる」

わたしは、ぬるい目の湯を浴びながら思った。

部屋に戻ると明りは落とされ、彼女は布団の中にもぐり込んでいた。わたしは、そっと彼女の横にすべり込む。

「ねえ」

「ん?」

「わたしって、はしたない女だと思う?」

「いや、そんなこと」

「いつもはこうじゃないのよ。でも」

「でも?」

「アナタを見て、なんだか……」

いまにも泣きそうな目でわたしを見て、彼女は訴える。その姿に愛しさをおぼえたわたしは、彼女を抱きしめ唇を重ねた。

布団の中で、彼女はすでに全裸であった。わたしは、こんもりと盛りあがった乳房を揉み、もう片方の手を股ぐらにしのばせる。

「あん……」

指を膣に入れると、彼女は甲高い声をあげた。

「や、なんだか、変……」

「やめようか」

「いやん、いじわる」

さんざん秘部をこねくりまわし、蜜をかき出し、乳首を吸う。興奮のたかまった彼女は、大きく身悶えし、わたしに抱きついてくる。

「ねえ、お願い、ねえ」

ねだる彼女。わたしはすでに大きく屹立した一物を手に添え、奥深くまで挿入を果たした。

「あ……!」

白い肌がうっすらと朱に染まる。華麗な表情が歓喜にゆがむ。

わたしは、思うがままに突き立てた。彼女の内部は温かく、締りがよく、蜜の量も多い。わたしは彼女が一番よく見える体位を取った。ひざの上に乗せてわたしが横たわると、彼女は馬乗りになって腰を振る。

「やんやん、いい、気持ちいいぃ!」

髪が乱れ、乳房が揺れ、全裸の体躯が舞いおどる。その淫靡な姿を堪能し、わたしは再び正常位に戻し、抜き差しを繰り返す。

「ねえ、お願い、ねえ」

「イクのか?」

「イ、イク、イキそう、お願い、一緒に」

わたしは一度彼女から抜き取り、急いで枕もとのコンドームをつける。そして、ふたたび内部に納めると、猛スピードで抽送を繰り返し、そのまま達したのであった。

それで終わりだと思っていた。わたしは、いい思いができた、との余韻を感じながらホテルを出る。そして次の日、いつもどおりに出勤した。

1限目の授業が終わって職員室に戻ったとき、電話がかかってきた。相手は彼女だった。

「どうして……」

「学校と名前がわかれば簡単でしょ」

「いや、そんなことじゃなくて……」

「忘れられないの。もう一度会って。会ってくれないと……」

「わかった、わかった」

困惑してみても、本心はまんざらでもない。少なくとも、彼女は美人でグラマーでスケベ。しかもわたしのことを気に入ってくれている。

その日の授業が終わると、わたしは彼女が指名した喫茶店に出向いた。

「ごめんなさい。昨日のことが忘れられなくて」

「いや、こっちこそ」

そのまま飯も食べずにホテルへ。学校への電話は都合が悪いので、携帯の番号とメールアドレスを教える。すると3日とあけずに、彼女はセックスをせがんでくる。

わたしたちは、奇妙な出会いで不倫関係におちいった。しかも、関係が深まりつつあるとき、彼女は変わった趣向のプレイを求めはじめたのだ。

彼女が望んだのはSMだった。しかも自分で縄やムチ、バイブを調達し、責めてくれと言い出す。

「お願い、わたしをムチャクチャにして。イジメて、お願い」

懇願されて拒絶することもできず、わたしは彼女を打ち、バイブをめり込ませ、縄で縛る。それはそれでなかなか面白いプレイなのだが、浣腸を持ち出したり、屋外での行為を求めたりしてくることもあった。

「このままでは危ない」

エスカレートしてくる要望に、わたしは危険をおぼえる。

わたしには家族がある。しかも教師という職業だ。同じ教職の身にある不倫相手と、尋常でない行為を楽しむ。発覚すれば、家族も職業も、いままで築きあげてきたすべてを失ってしまう。

だからと言って、わたしから別れを切り出せない。切り出して逆上されれば、とんでもない結末が待ち受けているかもしれない。

わたしは困惑した。困惑しながらも、彼女の求めに応じる。ただ、それが幸いした。

「アナタ、このごろおざなりになってない?」

「え?」

「縛り方も雑だし、ムチのたたき方も弱い」

「そ、そうかなぁ」

「むかしはもっと乱暴だった。飽きたの?」

「いや、そんなわけじゃ……」

「わたしは飽きちゃった。もっといい人、見つけようかな」

僥倖である。彼女の方から別れを切り出してくれた。

二人の関係は終わり、わたしは事なきを得た。その後、彼女が新しい相手を見つけたのかどうかは知らない。20年前の、甘美でありつつ、破滅目前でもあった思い出だ。

 


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【古希になって初めて体験したSM】
◀【酒乱女の異常戯に耐えた同棲生活】
◀【アメとムチで成績を上げてくれた家庭教師】
◀【美女を目当ての大誤算】
◀【ソープ嬢のテクニックでインポが改善】

◀【街から逃げてきた女と人生の転落】
◀【古女房が愛おしくなった香水の力】
◀【性奴隷になった令夫人】
◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」