お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【サンスポ連動AV女優さんの秘密】美谷朱里さんの巻

今、AV界で飛ぶ鳥を落とす勢いの女優さんがいます。

美谷朱里(みたにあかり)さんです。

彼女の魅力は少しツンとした雰囲気を醸し出していながら、笑顔がとってもチャーミングなところ。

加えて、歯に衣着せぬ物言いがなんとも清々しく気持ちいいのです。誰からも本音で話してもらえなくなってしまった中高年オヤジからすればこれはタマリマセン。

さっそく美谷さんにインタビューをしてみましょう。

美谷さん、まずは軽く美谷さんの特技をお聞かせください。

「そうですねぇ。特技は騎乗位とでも言っておきましょうか」

ええっ! いきなりフルスロットルで来ましたね。今のご発言で読者の何人かは脱糞してしまいましたよ。まだ序盤なんで、もう少しオブラートに包んだ特技をお願いします。

「じゃあダンスですね」

あら、素敵ですね。良いではないですか。騎乗位とは大違いです。オジサン安心しました。ダンスも色々とあると思うんですけど、どういうダンスをおやりになるんですか?

「ヒップホップとかジャズです」

かっこいいですね。ダンスホールとかでも踊るんですか?

「いいえ。家でしか踊りません」

えっ! そうなんですか。もったいないですね。

「はい。でもダンスは3歳から16歳まで習ってました。運動神経は良いほうだと思います」

運動神経のいい女性って男性、特にオヤジ連中から見れば、それだけで魅力的にうつります。今はその運動神経をどんなところで活用してますか? 騎乗位以外でお答えください。

「そうですねぇ。車の運転ですかね」

なんと! ドライブがお好きなんですね。どんなところにドライブに行かれるんですか?

「主に首都高ですね」

え! またマッチョな場所ですね。ドライブというよりタイムトライアルっぽい雰囲気が漂っていますが。

「いえ。きちんと交通ルールを守っていますし、人と競うというよりは運転そのものが楽しいのでタイムトライアルではなくてドライブです。あ、でもやっぱり先ほどの特技ですが、ドラテクにしといてください

走る場所が首都高で特技がドラテクとなると、オジサン世代はどうしても走り屋をイメージしてしまいます。いつもドラテクはお一人でカマしてらっしゃるんですか?

「はい。一人です。夜に目的地を決めないで走るのが好きですね。以前は週4回は首都高に乗ってましたけど、今は忙しくなって週1ぐらいしか行けてないんですよ」

首都高は夜景が綺麗ですものね。

「そうなんです。レインボーブリッジ大好きです」

ドライブ以外にお好きなことはありますか?

「ラーメンです」

おっと。美谷さんたら意外にもラーメン娘だったんですね。どんなラーメンがお好きですか?

「味噌ベース。辛いのが好きなんで辛味噌が好きですね。麺は太麺が好きです」

なんと! 辛口派ですか。しかも太麺派。もしかしてそれもお一人で?

「はい。なんか一人で行動するのが習慣づいちゃってるんですよ」

今までのお話を聞くと美谷さんは見た目によらず、かなり男っぽいんですね。一匹狼っぽいです。

「割とそう言われます(笑)」

ところで、そんな美谷さんが好きな男性のタイプはどんな方なんですか?

「よく笑う人ですかね」

なるほど。性格が明るくて、ちょっとしたことでもウケやすい人とか?

「あ、そんな人ですね。裏表がない人が好きです」

えっ! ウラオモテ? どういうことですか?

「私、思ったことすぐ言っちゃうんで、そういうことをイチイチ気にしない人がいいんです」

ああ、なるほど。言葉遊びの反射神経がいい人が好きなんですね。

「そうなんです。会話がポンポンポンってなる人が好きなんです。反応が遅いと、それだけで裏表があるんじゃないかと思ってしまいます」

なるほど。美谷さんの前では何があっても即答を心がけねばなりませんね。

ちなみに美谷さんの初恋はいつだったんですか?

「11歳の時でしたね。相手は学校で一番足が速くて陸上部でした。スラットしていて頭も良くて、よく笑う人でしたね。あの子は良かったなぁ。私にとってはまるで別次元ぽい人でしたね」

いい初恋の思い出ですね。好きになったらご自身から告白するタイプですか?

「いえ。相手から告白されることのほうが多かったですね」

おおっ! さすがモテますね!

「違うんです。自分から告白する勇気がなかったんですが私、好きになるとすごくわかりやすいんですよ」

ほほう。好きになった相手にはどんなことをしちゃうんですか?

「すごくくだらないことでも話しかけ続けるんです。あれ? でもよく考えたらそれもだいぶ前のことのような気がします。最近誰も好きになってないことが今発覚しました」

それはいけませんね。いのち短し恋せよ乙女です。逆に美谷さんはどんな人が苦手ですか?

「鼻の下を伸ばしている人です」

ひえっ! 男も40歳を超えると全員、鼻の下が伸びてますが。

「好色という意味の鼻の下じゃないです。たとえば、俺はお前のためにこんなことまでしてるんだっていうのを押し付けがましく言う人が苦手なんです。あと、“俺の知識をひけらかす系”の人も苦手です」

なるほど。確かに聞いているほうは辛いですよね。

「そうなんです。とっても困るんです。やっぱり私は“能ある鷹は爪隠す系”の人がいいですね」

さて、だいぶ肩もあったまってきたと思いますので、そろそろ立ち入ったことをお伺いしますが、美谷さんの初体験の思い出を教えてください。

「確か高校1年生の時だったと思います。正直言って、こんなもんかって感じでしたね。気がついたら終わってましたから」

これまでの美谷さんの男っぽい発言の流れからすると予想通りといえば、予想通りですが、なんとも色気がありませんね。エッチが気持ちよくなり始めたのはいつ頃ですか?

「2人目の方とお付き合いが始まってからですね」

なんと。どんな方ですか?

「年上の方でしたね。ようやく落ち着いたエッチができるようになったんです」

えっ。これまたおかしな発言ですね。その前の方とはどんなエッチをしてたんですか?

「場所が相手の実家だったり、時間がなかったりで、いつも落ち着いてエッチができる環境じゃなかったんです」

まさか即ハメ即出しですか! まるで野生動物が敵を気にしながらセックスをしているようです。

ところで美谷さんがAV業界に入ったキッカケはなんだったんですか?

「うーん。なんだったんだろ。お金?」

ひっ! これまた騎乗位以上に生々しいですね。あまりの衝撃に失禁してしまいそうです。

「冗談です(笑)。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、私がAVに入った理由はプロの方とのコミュニケーションに興味があったからなんですよ」

プロの方とのコミュニケーション? なんですかそれは?

「世間一般的には当たり前のことかもしれませんが私、知らない人とエッチするのは好きじゃないんです。ただ相手がプロの男優さんの場合は別です。プロの男優さんて、人に見せるために表現活動としてのセックスをしているじゃないですか。芝居もしながら勃起もしてる。これって簡単に見えることなんですが、実は凄いことだと思うんです。そういう方の相手として性を表現することにちょっと興味があったんですよ」

なるほど! 考えてみればそうですね。演技をしながらチンコを勃たせるなんて芸当、私には無理です。

「そうなんですよ。しかもそういう方って芝居なのにセックスをとことんまで楽しんでるんです。なんか“やりにきてるな”っていうのが身体中から溢れているんです。それでいてとっても余裕があるんです。芸能界でもAV界でも役者としてそういうプロの方と接することができることって、すごく貴重だと思うんです」

ものすごく納得です。ダンスという表現活動を長年やってきた美谷さんだからこそ言える言葉ですね。

「そうそう。ダンスといえば、ひとつ思い出に残る作品があるんですよ」

ほう。どんな作品ですか?

「私、今まで真剣にダンスに取り組んでいたこともあって、たとえ仕事の流れであってもノリで踊るのが嫌いなんです。そんな中、たったひとつだけダンスを中心に撮った作品があるんですよ」

なんと。興味深いですね。どんな内容だったんですか?

「とてもお世話になった監督さんと一緒にやった作品だったんですが、まず撮影日のずいぶん前に作品で使用する楽曲が届きました(笑)」

おおっ! 監督、気合い入ってますね。

「それはそうなんですけど、内容がちょっと変わってるんです」

ほほう。どう変わっているんです?

「まず、舞台は学園モノで私が生徒役なんですね。そんな私が先生に憧れているという設定なんです」

ふんふん。とても自然な設定じゃないですか。

「はい。設定は普通です」

それがどうやって様子のおかしい事態になっちゃうんですか?

「職員室で先生が答案用紙に丸付けををしていて、私がそこにちょっかいを出しに行くんですよ。その時、先生はイヤホンで音楽を聴きながら仕事をしているんですね」

うんうん。ちょっとヤンチャな先生っぽいですね。でも違和感はありませんよ。

「はい。それで私が“何を聴いているんですか”ってなって“お前も聴くか?”って片方のイヤホンを私に渡してくれるんです」

片方づつのイヤホンで2人で同じ音楽を聴くなんて恋愛の定番シーンじゃないですか。キュンキュンきます。冷静にみれば少しコンプライアンスに欠ける先生ですが、今のところまだおかしなところはありませんね。

「はい。様子がおかしくなるのは次からです。先生からイヤホンを渡されて音楽を聴き始めた私が、たちまちリズムに乗って激しく踊り始めるんです。そこから先生は関係なくなって私を中心にしたガンガンのダンスシーンが始まるんですよ(笑)」

職員室でですか! しかも音楽を聴いた瞬間に好きな先生まで投げ飛ばして踊り狂う女子学生とは、奇怪以外のナニモノでもありませんな。かなり変です。

「変ですよね。しかもそのシーンがいきなり終わった後に何事もなかったように普通に制服を着た私が出てきて本編が始まるんです(笑)」

そりゃ、かなりシュールですね。かなり変わった作品展開です。ある意味、監督は天才ですね。

「ええ。そうなんです。だから本編もかなり変わってました。制服姿の私はメガネにおさげの設定なんですが、それがメガネを取り去っておさげを外すと急に痴女になるんです(笑)」

なんと! ウブな女学生がメガネを取ったら痴女に変身するなんてスサマジイ設定ですね。

「そうなんです。しかも絡みでは騎乗位だけでなく正常位もバックもあるんですけど、男優さんには“動くな”って指令が出ていて、ずーっと私がリズムに合わせてノリノリで腰を振り続けているんです。しかも、現場では音楽が流れていたんですが、本編では消されていたので、かなりシュールな絵になってしまいました(笑)」

最初のウブな女学生のことを考えると、とんでもない展開ですが、全体を通して見ると興奮します。最高の作品じゃないですか。

「そうですか! 後から見るとものすごくアホっぽく見えたんですが」

いえいえ。美谷さんの数ある珠玉の作品の中でも5本の指に入る名作です。

ところで、美谷さんはSとMならどちらがお好きなんですか?

「どちらかといえばSですかね」

ほほう。オジサン、美谷さんが男性にどんな攻めをするのか興味津々です。実際、どんな攻めが好きなんですか?

「具体的なプレイというより“これからエッチなことをするんだよ”みたいな雰囲気を作り出すのが好きですね」

えっ! また変わったことをおっしゃいますね。どういうことです?

「うーん。例えばパンツを脱がすじゃないですか」

はいはい。脱がされます。

「ところが勃起してないんです」

あわわわわっ。お恥ずかしい限りです。

「そんなとき、普通はシゴいたり舐めたりして相手を勃たせますよね」

ええ、ええ。そうしていただけると助かります。

「私の場合、手を使わずにカチカチにするのが好きなんです

ええっ! いったいどうやるんですか?

「耳元でいやらしく囁いたり、チンチン以外のところを舐めたり触ったりするんです」

ひーーっ! エロすぎます。美谷さんにそんなことをされたら、それだけで軽く2、3回はイッてしまいそうです。この時点で私、美谷さんが男性を物理的なだけではなく精神的に勃起させてくれる方だと勝手に判断してしまいました。もしそうだとすると世の中高年にはタマリマセン。いったいどうしてそのような思いに至ったんですか?

手で高めたチンチンは長続きしないんです。それにこっちが勃たせようとすると相手も勃せなきゃって、余計に焦っちゃいますよね。それなら精神的になところから興奮してもらおうと思ったんです。それに物理的に刺激を与えてオラ勃たせろっていうのは痴女でもないし、Sでもないと思ったんです」

素晴らしい! しかもシニアに優しい名言も含まれています。美谷さん最高です。

逆に美谷さんが相手にされて興奮するシチュエーションはなんですか?

「そうですね。例えば『俺だけを見て』的なシチュエーションはたまらなく興奮しますね」

おおっ! それはどんなシーンですか?

「たまに覆い被さり系の正常位をした時、両耳を触りながらがっちり顔をロックされて、見つめ合いながら情熱的にガンガン腰を動かしてくる男優さんがいるんです。そういうの好きです」

情熱的なエッチが好きなんですね?

「はい。何事に対しても本気で向き合ってくれる方が好きなんですよ。エッチの時に目を合わせてくれることは、最低限の条件ですね。よく、普段話をしていても目を合わせてくれない男性がいるんですけど、寂しい気持ちになりますね」

なるほど。勉強になります。

最後に美谷さんの好感が持てるオジサンのタイプと苦手なオジサンのタイプを教えてください。

「好きなオジサンのタイプは、さっきも言いましたけどよく笑う明るいオジサンですね。苦手なオジサンは説教くさい人(笑)」

どうです皆さん。美谷さん最高でしょう。それでもまだまだ新人さんの部類なんですよ。これからどんな素敵な女優さんになるか、楽しみです。

文責:編集長原田

【美谷朱里さんの最新作とサンプル動画はコチラ】

『愛する夫の目の前で孕ませ追撃ピストンに子宮堕ちした巨乳妻』(溜池ゴロー)

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=meyd00480/?i3_ref=list&i3_ord=4

【美谷朱里さんプロフィール】

美谷朱里(みたにあかり)

▷T166-B83(D)W58H96

▷1997年4月15日

▷出身地=神奈川県

▷趣味=ダンスとドライブ

▷特技=ドライブテクニック、騎乗位


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀東条蒼さんの巻
◀泉ひなのさんの巻
◀河合あすなさんの巻

◀富永舞さんの巻
◀日下部加奈さんの巻
◀真梨邑ケイさんの巻
◀橋野愛琉さんの巻
◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」