お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第40回 神奈川県在住Y・Sさん(63歳)の告白【性奴隷になった令夫人】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【性奴隷になった令夫人】

Y・S 63歳 神奈川県在住

定年になるまで銀行に勤めていた。出世に縁がなくて重役にまでたどりつくことはできなかったが、家族にも恵まれ、まあまあいい人生が送れたと思っている。仕事はそんな調子だったが、それ以外に、わたしは稀有な経験をしている。それはこの歳になった今も続き、定年後の空いた時間を有効に使っている。いまから、その経緯を記そうと思う。

それは50代半ばのころ。外交員として外回りをしていたわたしは、時間稼ぎに入った書店で一人の女性を見つけた。

「あれは……」

サングラスをかけ、目深に帽子をかぶっていたが、それは間違いなく、得意先の奥さんだった。

顧客であるだんなは、運送会社の社長。不況の折でも業績はよく、そのうえ先代から受け継いだ資産もあり、当行にとっては上得意のひとつだった。そして妻である奥さんは、気品の漂う麗人。そのときも、きらびやかなワンピースを身につけたたずんでいた。その姿は、周囲の空気すら彩るようなあでやかさに満ちていた。

「ごぶさたしております」

わたしは声をかけた。その拍子に、驚いた奥さんは手にしていた雑誌を床に落とす。

わたしはかがんで拾いあげる。そして、その中身を見て驚きを覚えた。

文芸雑誌のコーナーにおかれてはいたものの、内容はSMを主体とした小説誌。しかも写真が多く掲載されている代物だった。

バツの悪さを感じたのか、奥さんは黙ってその場から立ち去ろうとした。

「待ってくださいよ」

わたしは呼び止めた。

「買わないんですか?」

その言葉に、奥さんはサングラス越しにわたしを見る。

「じゃあ、わたしが買いますよ」

「え?」

「実は、わたしもSMには興味があるんですよ」

そのとき、隠されたひとみの眼光が、キラリと光ったような気がした。

「奥さん、よろしければ語り合いませんか」

「語り合う?」

「そう、同じ趣味を持ったもの同士」

思い切り拒否されるか、もしくは無視されるかと思ったものの、意外にも彼女は素直にうなずいてくれた。そこでわたしは、せっかくだからとその雑誌を購入し、そして近くの喫茶店に場を移したのであった。

店の中でも、奥さんはサングラスと帽子をつけたままだった。それはわたしにとっても好都合なので、気にせずホットコーヒーを、彼女は紅茶を注文した。

「しかし驚きです。奥さんのような人が、あの手の本に興味があるだなんて」

「わたしはダメなの?」

「いや、そういうわけじゃないんですが」

「じゃあ、どういう意味?」

高飛車な態度。ひょっとして、彼女はSなのかもしれないと考える。それならちょっと厄介だ。わたしに、いじめられてよろこぶ趣味はない。

「端的にお聞きします。奥さんはSなんですかMなんですか?」

「それを聞いてどうするの?」

「わたしはSなんです。女性の柔肌に食い込む荒縄の様子だとか、苦悶にゆがむ表情に興奮するんです」

「どうして?」

「どうしてなんでしょう。たぶん、人がモノに変化する様子が好きなのかもしれません」

「モノは表情を変えないわよ」

「それは、そうですね」

「Sっ気のある人は、過去にしいたげられていた記憶があって、それを解消しているのかもしれない。もしくは自己顕示欲が強いとか」

「自己顕示欲?」

「そう、もっと自分を知って、もっと自分を見てっていう欲求」

「それは逆じゃないんですか?」

「いいえ、その欲求が溜まると、強制的に自分を認めさせようとするんだわ。だから暴力で興奮する」

「SMの暴力と一般的に言われている暴力は違いますよ」

「どこが? なにが?」

「そうですね」

わたしは、少し間をおいて言う。

「愛です」

その瞬間、奥さんは吹きだした。そして口もとを押さえ、ケラケラ笑う。

たしは真剣に語ったつもりだった。しかし、これで彼女の警戒心が解けるのなら、それはそれでいい。

「その、愛っていう根拠はなに?」

「そうですね。まずひとつは、女性を恨みもしないし、傷つけようとも思わない。確かにムチで肌を赤く染めたり、ロープであざをつけたりはありますけど、血は流させない」

「それはおかしい」

「どうしてですか?」

「究極のMは殺されることよ。傷つき、のたうちながら快楽を感じるの」

「では、奥さんも?」

「わたしは、そこまでハードじゃない」

彼女はそういって、カップを口に運ぶ。

「わたしはなにもかもを忘れたいの。感情だけに溺れる物体になりたいの。その点では、あなたのいうモノに近いかもしれない」

「痛みのなかで理性を忘れる」

「そうね、痛みと屈辱でリフレッシュしたいのかも」

「リフレッシュとはまた、健康的な」

「ねえ、いまはお仕事の途中?」

「はい。しかし、時間に余裕はあります」

「それなら」

奥さんはサングラスをはずした。

「試してみない?」

「え!」

「アナタだったら信用できそうな気がする」

それから、わたしたちはラブホテルに向かった。とはいうものの、SMプレイをするんだから、それなりの道具がそろっているホテルでないと無理だ。それは買った雑誌で情報を得、広告の載っていたところへ赴いた。

高慢な態度をとってはいるが、奥さんは、SMはもちろん、その手のホテルに入るのも初めてらしい。

わたしもラブホテルの経験はあるが、SMプレイは初めてだ。緊張しながら部屋を選び、エレベーターに乗る。入ったところは黒い壁に赤い装飾が施され、おどろおどろしいムードに包まれていた。

「じゃあ、わたしはシャワーを」

そういって浴室ヘ行こうとした瞬間であった。彼女はわたしの腕をつかんで引き止めた。

「いかないで、一人にしないで」

その表情は、いままで見せたことのない、頼りなげではかないものだった。

「このままでいい、このままでいいから」

「でも、汗かいてますよ。それにきのうは帰りが遅くて、風呂にも入ってません」

「いいの」

彼女はひざまずくと、いきなりわたしのズボンをおろした。そして、いまだ力のこもらない一物に舌をはわせはじめる。

「お、奥さん」

「お願い、なにもかも忘れさせて。わたしをあなたのおもちゃにして」

いまにも泣き出しそうな声で彼女は哀願する。こうなれば、わたしも嫌いな方ではない。

わたしは、とりあえず彼女を縛りつけることにした。両手首に革製の手錠をはめ、足首もロープでひとつにする。帽子はもちろん、ワンピースも下着も脱いだ彼女は、長い髪を乱しながら身体を前に折る。わたしはほくそ笑み、彼女を足蹴にする。ダルマのように転がった彼女は、それでも抵抗をしめさない。

「じゃあ、さっきのつづきをしてくれ」

わたしは彼女の髪をつかんで身を起こさせ、十分そそり立った一物を顔面に当てた。

アンモニアと汗の臭いがする股間に、彼女は顔をうずめた。赤い口紅で彩られた唇に、わたしの一物が埋没する。

「そうだ、もっとだ」

口だけでわたしを愛撫する彼女。わたしはその髪の毛をつかみ、奥へ奥へと腰を振る。苦しそうにうめきながらも、彼女ははなそうとしない。わたしは彼女の頭を押さえつけ、乱暴に抜き差しを繰り返し、そのまま精を吐き出したのであった。

その後、ロープで全身を縛り、ベッドの上に放置した。意外とむっちりとした体躯にロープが食い込む姿は、淫靡でエロチックだ。最初の射精で余裕のあるわたしは、まんじりとロープの隙間から飛び出る乳房や、あからさまな陰部を見つめる。

「だめ、恥ずかしい。お願い、お願いします」

身がうずき、愛撫や挿入を望んでいても、何もされない屈辱に彼女は耐えかねたらしい。

「お願い! このままじゃあ、変になるぅ!」

「じゃあ、まずはこれだ」

わたしは巨大な大人の玩具を取り出した。そして脚のロープをはずし、両脚を大きくひろげると、濡れそぼった割れ目に挿入する。奥までめり込み、うごめく感触に、彼女は大きく身をのけ反らせて喘いだ。

「やあああん、だめぇ!」

その後、いろんな玩具で彼女をいたぶる。もちろん、両手の自由は奪ったまま。全身には縄が食い込んでいる。

彼女の身体は興奮と羞恥で赤く染まり、汗がにじみ出て髪の毛が顔に張りつく。

「お願い、もう、気が狂っちゃう」

「本物が欲しいか」

「欲しい、欲しいの」

「じゃあ」

わたしは彼女を縛ったまま前のめりにし、そのまま背後から貫き通したのであった。

その行為が気に入ったのか、それともくすぶっていた思いに火をつけてしまったのか、彼女はことあるごとに、わたしを誘ってきた。貴婦人を玩弄するよろこびをわたしも感じ取っていたので、断ることなどない。プレイはエスカレートし、ムチにロウソク、そして先を鈍くした千枚通しも用いるようになっていた。

「もう、わたし、逃げられない」

「オレもだ」

「これからもずっとね、わたしが死ぬまでずっと」

その言葉通り、いまも関係は続いている。しかし、これ以上になると、本当に彼女はよろこび、絶頂に達しながら、命を落としてしまうかもしれない。そのときわたしはどう対処すればいいのだろう。少し不安に思っている。


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【二人でやってきたご夫人と3人戯】
◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」