お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第39回 東京都在住M・Mさん(61歳)の告白【二人でやってきたご夫人と3人戯】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【二人でやってきたご夫人と3人戯】

M・M 61歳 東京都在住

いろいろあったが、この歳まで独身を通してしまった。さすがに、もはや結婚願望はないが、それでも老い先を考えると寂しく思えるときもある。

小さいが会社を経営し、そこそこ業績もいい。だからカネはある。家族というものに使う必要はないので、収入は全部、自分の小遣いみたいなものだ。そして、そこそこの服を着て、そこそこの車に乗っていると、女には苦労しない。行きつけのクラブやラウンジのホステスを誘うこともあるし、素人女だってカネを見せ付ければ尻尾を振ってついてくる。

強がりといわれればそれまでだが、どうせさほど長くはない人生。好きなように、楽しく、気持ちよく生きてやろうと考えている。

けれど、女にもてるには、それなりのスタイルというものが必要だ。いくら高級スーツを身にまとってみても、ブクブクの太鼓腹やハゲ頭じゃ見た目が悪い。そして、健康でないと、メシや酒もうまくないし、セックスのときに体力も続かない。最悪、アソコがいうことを利いてくれないという事態も想定できる。

だからわたしは、スポーツジムに通うようにしている。

アスレチックマシーンや屋内ランニングで、汗を流すと気分はいい。引き締まった女性インストラクターの身体を見るだけでも、ストレス解消になる。

そんなある日のこと、わたしは新しく入ってきた女性会員と親しくなった。

彼女は45歳の人妻で、なんでも最近ウエストまわりが気になってジムに来たとのこと。歳相応に目じりのしわやほほのゆるみは隠せないが、パッチリとした目といい少し大きい目の口といい、若いころはさぞ美しかったと思える顔立ちをしていた。

「むかしはモデルかなにかを?」

「いえ、少しだけ」

お世辞のつもりでいった言葉が、的中してしまった。なんでも10代、20代のころは、雑誌モデルだったらしい。

「どおりでお美しいと思った」

「いやですわ」

はにかむ姿もさまになっている。わたしはそれとなく彼女に近づき、自分のことを話し、そして彼女のことを聞き出した。

だんなはテレビ局に勤めていて、プロデューサーをしているらしい。毎日が多忙で、家に帰ってくるのもまれ。

「けど、わたし、知ってるんです」

「なにをですか?」

「不倫してることを」

相手は女子アナウンサー。この噂を流せば、マスコミがこぞって押しかけてくるであろう有名人らしい。

「でも、それは最後の手段にとっておくの。わたしはわたしで楽しんじゃおうと思って」

つまり、彼女はダイエットが本当の目的ではなく、楽しむための男探しをこのジムで行おうとしているわけだ。

もっけの幸いとはこのことである。わたしは自分が独身であることを告げ、首尾よくデートに誘い出したのであった。

だんなは週末も仕事だというので、わたしは休日である土曜日に約束を取りつけた。そして、約束の時間に街中のカフェで彼女を待つ。

「すいませ~ん、お待たせしちゃって」

にこやかな笑みで駆けつける彼女。身につけているブラウスもスカートも上品で、スタイルは、その場所にいる誰よりもはえて見える。

しかし、わたしはなんとなく違和感を感じ取っていた。なんと彼女の後から、同じくらいの年恰好をした別の女性がついてくるではないか。

「この子、わたしのモデル時代からの友人なんです」

いわれてみれば、写真ばえするであろう美しさに満ちている。しかし、デートの席に友人を連れてくるというのは、どういった了見か。

「はじめまして」

それでもわたしは、満面の笑みで挨拶をした。

その後、わたしたちはホテルのレストランで食事をし、バーでグラスを傾けた。本来ならこのあと、しっぽりと二人でベッドインのつもりだったが、さすがにそれはあるまいと、次に期待を寄せることにした。

しかし、ジムで知り合った彼女は、とんでもない提案をしてきたのである。

「このあと、どうします?」

「どうって、別に……」

「よかったら朝まで、ごいっしょしていただけません?」

「え? まあ、明日も休みですから、それはいいですけど」

「実は……」

彼女はそこで、友人を連れてきた理由を述べた。

夫への仕返しのため、ダンディな殿方と浮気をする決心をした。とはいえ、一人では、なんだか恐い。そこで、むかしからなんでも話し合ってきた親友を連れてきた。彼女となら何があっても平気だし、安心できる。

わたしは呆気にとられてしまった。トイレにも連れ立って出かける女子校生じゃあるまいし、なんでもかんでも友だちといっしょという神経を疑ってしまう。

「ダメでしょうか?」

すねたような上目づかいで、彼女はいう。

「え……、いえ、わたしは、別に……」

その答えに、二人は手を取り合ってよろこぶ。わたしは複雑な心境のまま、バーを出たのであった。

ホテルの部屋に入り、女性二人はいっしょにシャワーを浴びに出かけた。ソファーに座ってくつろいでいると、まんま女子校生のようなはしゃぎ声が聞こえてくる。

「かなり精神年齢は低いようだな」

モデル業界というものが、どういった仕組みになっているか知らない。けれど、彼女たちはちやほやともてはやされ、あまり苦労も知らないのであろう。だから、10代の知識や精神のまま成長を遂げてしまう。

すべてが、そうだとはいわない。だが、いまからコトを行おうとする二人は、そうに違いない。

ほどなくして、バスタオルを巻いた二人は出てきた。

スラリと伸びた手脚にふくらんだ胸。さすがにスタイルは、申し分ない。

「じゃ、じゃあ」

百戦錬磨のわたしも緊張をおぼえる。

ベッドに移って一人はわたしの身体を舐め、もう一人をわたしが舐る。なめらかで艶やかな肌の感触が二重になって伝わり、興奮はいつもより早くわき起こり、全身を覆う。

3人でくんずほぐれず。一人に挿入して一人を舐め、上に乗せて一人に挿し込み、別の一人の部分をすする。彼女たちはわたしの上でキスを交わし、互いの胸をまさぐっている。そして、二人並べて四つんばいにし、交互に貫く。

「あ、だめぇ、やああん!」

「もっとぉ、あああん、いい、やああん!」

よがり声の二重奏。わたしは奇妙な気分に浸りながらも、二人の肉体を玩弄し続けたのであった。

その後、彼女はジムに顔を出さなくなった。彼女の浮気がばれたのか、それともだんなの不倫を追及したのか、真相は分からない。

もったいない気もしたが、こっちから連絡するのもはばかれる。仕方がないので、いまは別の相手を物色している。

 


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【未亡人の貪乱な舌使い】
◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」