お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【サンスポ連動AV女優さんの秘密】橋野愛琉さんの巻

【清楚系な娘のエロ遍歴】

幼少期から書道を嗜み、学生時代の部活は茶道と吹奏楽。

これだけ聞くと、物静かでつつましやかな女性を想像します。

実際、今回ご紹介する女優さんも書道と茶道を嗜み、趣味は舞台観賞で音楽をこよなく愛する古式豊かな典型的大和撫子です。

お名前は橋野愛琉(はしのあいる)さん

どこに出しても恥ずかしくない理知的なお嬢さんです。

でも、こんな女性がなぜAVの世界に飛び込んできたのでしょう。

実は彼女、パッと見のイメージは清楚系ですが中を開いてみると、とんでもない性癖をお持ちの方なんです。

どんな性癖を持ち、そしてどんな性遍歴を重ねてきたのでしょう。さっそく橋野愛琉さんにインタビューをしてみました。

橋野さん、この度は宜しくお願いします。プロフィールを拝見すると特技は書道と茶道とユーホニウムとあります。書道と茶道はわかるんですが「ユーホニウム」って何ですか?

「ユーホニウムはチューバの小さいやつですね。上手な人が吹くとすごく綺麗な音がするんですよ」

そんな楽器があったんですね。いったいどこで習えるんです。

「あ、それは学生時代に吹奏楽部に入っていて、そこで吹いていたんです」

なるほど。吹奏楽部に所属してらっしゃったんですね。書道と茶道も部活ですか?

「茶道は部活ですが、書道は書道教室に通って習ってました」

文化的な方なんですね。ご趣味のほうも「舞台観賞がお好き」と文化的な匂いがプンプンします。ところで、もう一つのご趣味のローラースケートって何ですか?

「最初はジャニーズに憧れて始めたんですけど、今はパフォーマーになりたくて続けてます。まだあまり上手じゃないんですが、ティックトックでローラースケートを使ったパフォーマンスを公開したりもしてるんですよ(笑)」

おやおや。意外にも活動的な面もあるんですね。舞台がお好きということもそうですけど、橋野さんは「表現活動」が好きなんですか?

「はい。AVを始めるきっかけも、舞台を元々やっていて刺激を求めてこっちに来たんです」

なんですって。いきなり本題に入りましたね。しかも舞台は観賞するだけでなくご自身も出演なさっていたんですね。でも舞台とAVは表現活動としては似ていますが、異業種といえば異業種じゃないですか。いったい、いつ頃AV業界のことを知ったんですか?

「実は小学生の頃です」

なんですと! それはいけません。どこでご覧になったんですか?

「小学生の時に携帯をいじっていたら偶然ソコに辿り着いたんです。私の携帯はアクセス制限がかかってなかったんですよ」

なんという破廉恥な偶然でしょう。初めていやらしい動画を見た時はどう思いましたか?

「おわっ、すげえみたいな感じでした(笑)。その時はAVというジャンルがあることも知らなかったし、そういう業界があることも知らなかったので、ただ裸の男女がすごいことをやってる映像がたまたま携帯にアップされちゃってるという認識でしたね」

そんなものをこっそり一人で見ていたんですね? いけない子です。

「一人で見ていた時もありましたけど、友達と一緒に見たことも多かったですね」

え! 友達と? 小学生からAV友達がいたんですか?

「違います違います。当時はみんなセックス自体、知らなかったんで、みんなで“なにこれ”的な感じで観ていたんです。どちらかといえば“笑い”の要素のほうが強かったと思います」

なるほど。それを「セックス」だときちんと認識したのはいつですか?

「中学生の時ですね。この年頃になるとよく学校でエロ本が回ってくるじゃないですか。そこで初めて今まで観ていた動画の正体がセックスだということを知りました」

学校でエロ本が回覧されていたことをさも当たり前のようにおっしゃってますが、そんなことは普通ではありませんよ。橋野さんの通っていた中学はいったいどんな学校だったんですかね。ともあれ、中学時代にセックスとは何かを知ったんですね。しかしながら、中学生といえば思春期です。恋とセックスが同時に入ってきて混乱しませんでしたか?

「そうですね。でも恋とセックスは別物でしたね。相手のことは好きだけど、必ずしもセックスと結びつけて考えることはありませんでしたね」

おじさん、それを聞いて安心しました。

【橋野愛琉さんの初体験】

そんな橋野さんがリアルなセックス、つまり初体験をしたのはいつなんでしょう?

「高校生の時でした」

どうでしたか。

「実は私、初体験で前も後ろも両方奪われたんです

おかしなことを言わないでください。どういうことですか?

「言葉のまんまです。処女とアナルと両方奪われたんですよ

なんていうことですか! 1穴ばかりか2穴同時とはオゾマシすぎます。AVだってそんなタイトルはありませんよっ! しかもどっちも痛いじゃないですか。いけません!

「あ、でも前はそんなに痛くなかったんですよ」

そういうことを言っているんじゃありません! しかも前が痛くなかったということは、ひょっとして橋野さんは…。

「はい。初体験の前にオナニーで指入れしてました(笑)」

ひでぶっ! やっぱり。ということは前の穴の初体験はフェーズ2だったわけですね。それにしてもだからといって初体験でアナルまで貫通させて良いことにはなりませんよっ! いったいどんな男が相手だったんですか? 推察するにハゲた中年のオッサンに違いありません。

「いえいえ。20代の方でしたよ。彼もアナルは初めてだったんですよ」

えっ? そうなんですか。最近の若者は2穴同時開通が普通なんですか?

「もちろん違いますよ(笑)。初体験の後に彼に『お尻もやってみたいんだよね』って告白されて自然な流れでアナルもやったんです」

ふーん。

「でも、なぜかお尻セットが用意されてましたね」

おわっち。その男は絶対初めてじゃないですよ。間違いなく札付きのアナル愛好者です。

「でも、彼とは通算で2、3回しかアナルはしなかったですよ」

そういう問題じゃありません。それに2、3回もすれば十分その関係はアナルカップルです。

念のため確認しておきますけど、アナル関係はその男だけですよね。

「えっと。それが…」

まさか、付き合う男のほとんどがアナル愛好家だったわけじゃないですよね。質問を変えましょう。橋野さんはアナルセックスに興味のない男性とお付き合いすることができますか?

「できません(恥)」

やっぱり。ついに本性を現しましたね。しかし、不思議なのはこの広い東京でどうやってアナル好きかそうじゃないかを見分けることができるんですか?

「うーん。なんとなくわかるんです」

なんとなく? たとえそれがハロウインでごった返している渋谷の街の中でもアナル好きを見分けることができると?

「はい。でも世の中にはお尻が好きな人ってたくさんいるじゃないですか。そんなに難しいことじゃないような気がするんですけど」

ええ、ええ、たくさんいますよ。でもそのたくさんはおそらく数千人に一人ぐらいの割合でしょう。それに好きになった人が偶然アナルも好きだったなんてあながち信じられません。おそらく橋野さんの周りには「アナルキューピット」が飛んでいてお互いの尻に恋の矢を刺しているんでしょう。それしか考えられません。

【橋野さんが好きなセックス】

ところで素朴な疑問なんですが、そういうカップルがエッチをする時、前の穴と後ろの穴のどちらから先に挿入するんですか?

「好奇心旺盛な人だと後ろからですかね。でも、アナルをするかしないかは男性の大きさにもよりますね。私、前のほうは割となんでもイケますけど、後ろのほうはまだ限界があるんです」

それはそうですよね。そういう場合はどうするんです?

「お互いのアナルを舐め合ったりしますね。アナルは舐めるのも舐められるのも好きです

あわわわわっ! その手がありましたか。

ちなみに橋野さんはSとMだったらどちらですか?

「はいっ! Sです!」

元気に手を上げてお答えしましたね。相手にどんなことをするのがお好きなんです?

「相手の男性を四つん這いにしてアナルを舐めながらチ◯コをシゴき、同時の残った手で乳首を刺激するのが好きです」

くわわわっ! 千手観音ですか! そんなことをやられたら会社でどんな偉い立場の人も形無しです。橋野さんの勝ちですね。完勝です。

【橋野愛琉さんのエロスイッチ】

ところで、橋野さんがムラムラするのはどんなときですか?

「主に寝る前にムラムラしますね」

ムラムラのきっかけってあります?

「うーん。いやらしいことを思い出したりとか。あと、自分が手が届かない人を見るとムラムラしますね」

えっ? どういうことですか?

「たとえばテレビを見てるじゃないですか」

ふんふん。

「佐々木蔵之介さんが出てますよね」

はいはい。橋野さん佐々木蔵之介さんが好きなんですね?

「そうなんです。そしたら、この人どんなエッチするのかなって考えちゃうんですよ」

ええっ! 『ハンチョウ』見ながら?

「ええ。そんなこと考えてるとムラムラしてくるし、気がつくとすごく濡れてるし。じゃあオナニーしようってなってしまいます」

あらまあ。ところで橋野さんはどんなオナニーをするんですか?

「普通ですよ。アソコをいじります。でも遊び足りない時はアナルでオナニーもしますね

遊び足りなくてアナル遊び? ソレ、普通なんですか? 先ほどから恐ろしくて聞けなかったんですけど橋野さんの性感帯って…。

「1にアナル、2にアソコ、あとはサワサワくすぐられると感じちゃいますね」

くすぐられると感じるタイプはかなり感度が良いと聞きます。橋野さんも感度抜群とお見受けしました。

【橋野愛琉さん出演のAV作品】

ところで、橋野さんは、これまでにどんな作品にご出演なさったんですか?

「制服系や妹系もありますがやっぱりSの役で出ることが多いですね」

今後やってみたい作品はありますか?

「そうですねぇ。楽しいのはウンチとオシッコなんですけど、本当にやりたいのはラブラブエッチ系の綺麗な作品ですね」

ウンチ&オシッコと綺麗なラブラブエッチは正反対ですが、やっぱりそこは女の子ですね。やっぱり夢のある作品がお好きなんですね。

「あ、でも複数の男性に次から次へとやられる作品にも出たいですね」

えっ? ラブラブエッチは? たくさんの男性から同時にラブラブエッチ攻撃を受けたいということですか?

「いえ違います。たらい回しにされたいんです

た、たらい回しっ! 次から次へと?

「ヤラれたーい(笑)」

聞いているコッチが混乱しそうです。要はなんでもやってみたいということですね。素晴らしい女優魂です。

「はい。基本的にNGはありません(笑)」

あわわわわっ! なんて末恐ろしいことを。

ところで今年は2019年の「イク年」と100年に一度のエロ年ですが、どんな年にしたいですか?

「やっぱり、様々な作品に出演して自分を高めていきたいですね。あと、身近なところでいうとコンスタントに潮を吹けるようになりたいです」

えっ! 後半戦ちょっとおかしなことを言っていましたね。潮はまだ吹かれたことはないんですか?

「もちろんありますけど、毎回吹けるわけじゃないんです。もっと頻繁に吹けるようになりたいですね」

恐れ入りました。最後に橋野さんの好きなオジサンと嫌いなおじさんのタイプを教えてください。

「好きなオジサンはそうですねぇ、安心してエッチができるオジサンですかね。あと、清潔感のあるオジサンが好きです。嫌いなオジサンはエッチが下手なオジサンですかね(笑)」

皆さん、どうでしょう。見た目とのギャップが激しいでしょう? こういう娘にはドキッとさせられるし魅力も感じます。今後どんな女優さんに育つのか楽しみですね。

文責:編集長原田

【橋野愛琉さんのプロフィール】

橋野愛琉(はしのあいる)

T157-B84(C)W62H89

生年月日=1993年12月4日

出身地=神奈川県

趣味=舞台鑑賞、ローラースケート

特技=茶道、書道、ユーホニウム


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀葉月桃さんの巻」
◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」