お色気 めくるめく官能世界へ誘います

長月タケオ選「中高年の性告白」第38回 埼玉県在住O・Jさん(65歳)の告白【未亡人の貪乱な舌使い】

このコーナーは官能小説家の長月タケオ氏が一般の中高年読者から寄せられた「性の告白」をご紹介するものです。そこにはシニアである我々同世代が共鳴する「あの頃」の時代背景があり、実体験ならではの生々しい「性の現実」があります。懐かしくも妖艶な古き良き官能の世界をご賞味頂ければ幸いです。編集長

【未亡人の貪乱な舌使い】

O・J 65歳 埼玉県在住

日課の散歩に出かける道すがら、つい足を止めてしまう家がある。趣のある古いしもた屋だが、山茶花らしき垣根からのぞく庭には、色とりどりの季節の花が誇らしげに咲いている。

「きっと、高尚な趣味のご婦人が手入れをされているのだろう」

わたしはそう思いながら、その本人を見たくて雨や風の日以外、その見事な庭をながめるために、ぶらっと家を出るのだった。

それは水仙や梅の花が咲くようになった頃。わたしがいつものように足を止めて庭をながめていると、一人の婦人が縁側からおりてきた。年齢はわたしと同じくらいだろうか、和服を身につけた清楚な風情の女性だった。

彼女はわたしに視線に気づき、軽く頭をさげた。わたしも会釈を返す。

「失礼ですが、何か?」

「いえ、あまりにもお庭がきれいなもので、つい見とれてしまって」

その言葉に、彼女は満面の笑みを浮かべる。

「それは、それは。よろしければ、なかに入ってゆっくりご覧ください」

「え、いいんですか」

「はい、なんのおかまいもできませんが」

わたしはちゅうちょしたが、せっかくの誘いを断るのは無粋だと考える。

「では、遠慮なく」

「どうぞ、どうぞ」

彼女は玄関にまわって扉を開けてくれた。わたしはかすかな緊張をおぼえながら、あがりかまちに足をかけたのだった。

縁側に腰かけ、庭をながめていると、彼女がお茶と菓子を持ってきてくれた。

「あ、これはどうも」

「こんなものしか用意できませんが」

「いえいえ、十分です」

わたしのとなりに座って、同じように庭をながめる婦人。その横顔は歳相応のしわやたるみはあるものの、若い頃はきっと美人、いや今でも十分美しいと思わせる気品に満ちていた。

「失礼ですが、お一人でお住まいですか?」

縁側にたどり着く途中、居間に置かれた仏壇に、夫らしき人物の遺影が飾られているのをわたしは思い出す。

「はい、主人は4年前に亡くなり、子どもたちも独立しました」

「おさびしくはないですか?」

「さびしくないといえばウソになります。けど、わたしは一人のほうが好きな性分で」

「ほお、それはもったいない」

「え?」

「いえ、あなたのような美しい方が、家にこもって過ごしているだなんて」

「あら、いやですわ」

ほほに手を当て恥ずかしがる姿は、まるで乙女のようだとわたしは思った。

「でも、本当にきれいな庭だ。手入れされている方の気持ちが、如実にあらわれています」

「わたしは昔から庭いじりが好きで、お花も大好きで。花の世話をしているときが一番幸せなんです」

「なるほど」

「でも時々、このまま老いていくことが怖い日もあります。夜寝るときとか」

「一人寝がおさびしい」

「ええ、まあ」

沈黙がよぎる。わたしは、ひょっとして誘ってくれているのか、という疑問をおぼえる。

「あ、お茶が冷めちゃいましたわね。新しいのと入れかえてきます」

「いえいえ、もうわたしはこれで」

「え? 帰られるんですか?」

「はい、あまり遅くなると、息子の嫁が心配するもので」

「まあ、お子さまのご夫婦とご同居」

「はい、わたしも妻を2年前に亡くしましてね、それからずっと」

「それはそれは」

彼女は急に、さびしそうな表情に変わった。

「ごちそうさまでした。いや、久しぶりに命の洗濯をしたようです」

「いえ、なんのおかまいもできずに」

「では」

わたしが玄関に出て立ち去ろうとすると、彼女が背中に呼び止めるような声をかける。

「また……」

「はい?」

わたしはふりむく。

「また、きてくださいますよね」

まるで、恋人が遠く離れて暮らす愛しい人へ、哀願するような表情。

「え、ええ……、はい、おじゃまじゃなければ」

「では、いつ」

「え?」

「いつ、お越しくださるんですか」

「え、ええと、あしたにでも」

「うれしい、お待ちしてます」

打って変わって、満面の笑みを浮かべる彼女。わたしも40年以上若返ったような気分になり、はずむ心と足どりで、家路をたどったのであった。

その日から、彼女とのつき合いが始まった。名前は佳代子。亡き夫との間には一男一女をもうけたが、息子は母との同居を嫌がる嫁を優先し、娘は外国人と結婚したらしい。

「それは、それは」

「だから、あなたがうらやましくって」

「いえ、同居も気をつかうばかりで、あまりいいものじゃありませんよ。それよりも、楽しい時間を過ごさせてくれる相手がいるのなら、一人のほうが気は楽」

「わたしに、そんな人は」

「わたしがいるじゃありませんか」

わたしは佳代子さんの目をじっと見つめた。彼女もわたしを見つめてくれたが、すぐに恥ずかしそうに顔を伏せる。

「いやですわ。からかわないでください」

その姿に、わたしは欲情をおぼえてしまった。

こう見えても、若い頃はそこそこ女泣かせでならしたわたしだ。いったん春情に火がつくと、もう止まらない。

「佳代子さん」

わたしは彼女の手を握りしめる。

「わたしじゃ、ダメなんですか」

真剣なわたしの眼差しに、佳代子さんも視線を返してくれる。

「わたしのような老いぼれに」

「なにが老いぼれなもんか。佳代子さんには、若い女にない色気と美しさがそなわっている」

「本当に、わたしでいいんですか」

「はい」

わたしは佳代子さんの手を、自分の方に引っ張る。彼女はあらがいもせず、胸の中に飛び込んでくる。

「奥へいきましょう」

佳代子さんはポツリとつぶやいた。

奥の間には布団が折りたたんであった。わたしがひろげると、佳代子さんは背中を向けてその上に座る。

「ふしだらな女と思わないでください。主人以外では初めて…」

わたしはその言葉を封じるように、背後から抱きつき、唇をふさいだ。

「こ、こんな気持ち、初めてです。ついこのあいだ、知り合ったばかりなのに。どうしてでしょう」

「男と女というものは、そんなものです」

「お願い、やさしくしてください」

わたしは佳代子さんの帯をとき、襦袢を脱がす。和装の下に下着はつけていない。わたしも大急ぎで裸になり、佳代子さんにのしかかった。

めくるめく快感が、わたしの身体を走りぬけた。佳代子さんの肌は、艶やかでなめらかだった。そして陰部に手を伸ばすと、生娘のような声をあげる。

「ああ、かんにん」

十分に濡らして、いざ突入。久しぶりの興奮を、佳代子さんの中にぶちまけたのだった。

それがきっかけだった。その日から、身体の火照りをおさめる行為に、佳代子さんはのめり込んでしまったのだ。

どこから手に入れたのか、若い女が肌もあらわに悶え狂う雑誌を見て、わたしに質問する。

「この子、殿方のアレを咥えてますけど、これって気持ちいいんですか」

「いや、気持ちいいかどうかは、咥えたことがないもんで」

「いやですわ、殿方の方です」

「ああ、それなら、口とアソコの構造は似てるといいますから」

「ためしてみます?」

淫猥な眼ざしで、わたしを見つめる佳代子さん。これまでの優雅な品位はそこわれていたが、それはそれで愛しく思える。

わたしは裸であお向けに横たわる。佳代子さんはきちんと足を折り曲げて座り、わたしの股間に顔をうずめる。

「むううう」

舌使いやからめ具合は上手といえないが、久しぶりの心地よさに、わたしは光悦となる。

「ふううんふん、ううん」

頭を上下させ、抜き差しを繰り返す佳代子さん。

「ああ、そんなことしたら」

「出るんですか? いいですよ、出しても」

「しかし」

「女も気持ちのいいものです。初めて知りました。だから」

佳代子さんは激しく首を振った。わたしは辛抱たまらず、その口の中に射精してしまったのだった。

口での行為がよほど気に入ったのか、佳代子さんはその後も、わたしが訪問すると真っ先におしゃぶりをしてくれた。

「あなたの気持ちよさそうな顔、見られるのもうれしい」

そんなことも言ってくれる佳代子さん。庭は荒れ放題となり、花も咲かなくなったが、その代わりをやっと見つけたようだ。

わたしにとっても動きが少ないだけラクチンだし、佳代子さんがこの歳になって淫乱になっても、だれも迷惑するまい。そんなことを思って、毎日通いつづける今日この頃だ。

 


【選者紹介】

長月タケオ(ながつきたけお)

1962年生大阪府出身在住。1988年官能小説誌への投稿でデビュー。

1995年第1回ロリータ小説大賞(綜合図書主催)佳作受賞。

おもな著作『ひとみ煌めきの快感~美少女夢奇譚』(蒼竜社)

『病みたる性本能』(グリーンドア文庫)

『禁断の熟女』(ベストロマン文庫・共著)

『19歳に戻れない』(扶桑社・電子版)

『誘惑する女 熟女たちの悦楽』(九月堂・電子版)

ほか

長月タケオ『誘惑する女 熟女たちの悦楽』

電子書籍のお求めはコチラ

http://amzn.asia/fVLfrF8


【中高年の性告白バックナンバー】

◀【バイブを隠し持っていた女房】
◀【愛液こそ回春の妙薬】
◀【勃起薬を飲む時間を間違えてチャンスを逃す】
◀【生徒の母に誘惑された新米教師】
◀【本気で娼婦を愛してしまい散財したわたし】
◀【かつて憧れた美人妻によく似た娼婦を抱く】
◀【記憶にない絶頂で従順になった高慢OL】
【女の貪欲さを見せた年増ホステス】
【武道館で出会った清楚で淫乱な少女】
【レズ女二人のおもちゃにされた出張の夜】
【泥酔した娘を悪戯したわたしの後悔】
【5年ぶりに再会した元妻との懐古SEX】
【母親のほうが魅力的だった若気の至り】
【古希過ぎのわたしをよみがえらせてくれた淫乱娘】
【電動バイブを持ち込んだ夜から夫婦円満】
【間違いを犯さぬための風俗通い】
【フーテン時代のわたしに妻を抱かせた紳士】
【ピンサロで豪遊4Pの結果、無一文に!】
【兄が助っ人をしてくれて無事に挿入】
【女体の味を教えてくれた10歳年上の叔母】
◀【旅先で出会った一夜限りの古風な五十路女】
【夜の世話までしてくれる元ホステスの居候】

【黄金水を飲んで興奮してしまう倒錯の性衝動】
【淫乱OLと穴兄弟になった同期社員5人】
【マセた幼馴染の少女に誘われて】
【わたしをセックスの虜にした年増看護婦】
【夫に頼まれて人妻を抱いた旅の宿】
◀【ウソでだまして美女をモノにしたわたしの後悔】
【となりに越してきた若夫婦の痴態をのぞき見して回春】
【パソコンを習い始めたわたしが先生に抱いた妄想】
【ムチでぶたれ、ロウを垂らされて歓ぶいかず後家】
【同級生の女の子に口で気持ちよくしてもらった15の夏】
【尻穴を舐ってくれる風俗嬢にぞっこん】
【息子の嫁を襲ってしまったバブル時代の悪夢】
◀【板前のわたしが酔った女将から受けた誘惑】
【1万円で中出しをせがんだ早イキの援助交際熟女】
◀【大学生のわたしが家出少女と過ごした甘美な10日間】
◀【洗濯屋のわたしと、いきなり迫ってきた若奥さまとの密かな悦楽】
◀【還暦を過ぎて悟ったオッパイの魅力】
◀「EDになったわたしに真実のよろこびを教えてくれた愛人」