お色気 めくるめく官能世界へ誘います

サンスポ連動AV女優さんの秘密「葉月桃さんの巻」

私はこれまで数多くの女性を取材してきましたが、何万に一人の割合で性を学問的に見ている方がいます。

そのような方々は時として「ハードな変態」に見られがちですが、実はその裏側にとてつもない哲学を持ち合わせていたりするものです。

今回ご紹介する新人女優さんも誰が見ても一見清楚で可愛い普通の女の子ですが「あること」がきっかけで心に秘めていた禁断の扉が開花してしまいました。

その新人女優さんのお名前は葉月桃さん

お名前からして爽やかで可憐な印象です。

いったいどんな女の子なんでしょう。さっそくヴェールに包まれた彼女の心の内を覗いてみましょう。

【過去の文献でドMが開花した美少女】

葉月さんは新人女優さんということですが、デビュー作は腰が抜けるほど過激なタイトルですね。

『最狂ドMお嬢様 ハードコアお披露目会』

オゾマシイことに「さいきょう」の「きょう」の字が“強い”ではなくて“狂う”になってますよ。しかもサブタイトルには「おまえのデビュー作をメチャクチャにしてやるよ」などという物騒な言葉が添えられているじゃありませんか。とても新人女優さんのタイトルには思えませんが、いったいどうしたというのでしょう。

「はい。自分の限界がどこまでか知りたくてこの世界に入りましたからデビュー作でこのようなタイトルをいただくことができました」

げ、げ、げ、限界? まさかそれは「ドM」の限界じゃありませんよね?

「いえ、そのまさかです」

ひっ! ということはデビュー前から様々なことをご経験済みとか?

「ええ。縛られたり、ローソクを垂らされたり、アナルバイブとか、そうそう。アナルに入れるアニマルの尻尾も含めてハードなことは一通り経験済みです

あわわわわっ! 嫁入り前の娘がハシタナイことを。ところでアニマルの尻尾ってなんです?

「読んで字のごとく動物的なシッポですね」

ひーーっ! 人間のケツに動物のシッポをネジ込むんですか! もし豚のシッポだったら…あわわわっ! 考えただけでも気を失いそうです。いったい、いつ頃からそんな危険な性癖に目覚めたんですか?

「高校3年生の時ですね」

こ、こ、高3! ナニがきっかけだったんですかね?

「江戸時代の折檻とか拷問に触れる機会があって、それを見た時に一瞬で心を惹かれてしまったんです」

なんと! じゃあそれは日本史のお勉強の延長線ではありませんか。どうやらただのケダモノではなさそうですね。ところで、その文献のどんな部分に惹かれたんですか?

「被虐的なものに魅力を感じてしまいました。最初は見てドキドキするだけだったんですが、次第に自分でもやってみたいと思うようになったんです」

なるほど。大昔の折檻や拷問を自己の体を使って現代に再現させようとしたんですね。そう考えるとエリートMと言うこともできます。しかしながら、だからといって「お前のデビュー作をメチャクチャにしてやる」はひどいですね。いったいどんなことをされたんですか?

「まずは逆さイラマですね」

さ、逆さイラマ? 意味がわかりません。イラマだけでもかなりハードなのに逆さイラマとはあまりにも過激です。ちなみにそれは江戸時代の逆さはりつけにイラマをドッキングさせた拷問ということですね。実際にやられてみていかがでしたか?

「とてもよかったですね。人生で一回経験できるかどうかの体験ですし、過去の文献を自分の体で再現できたことに至福の悦びを感じました」

そ、そうですか。他にはどんなことをされたんですか?

「めちゃくちゃオシッコをかけられましたね」

えっ! 小便を! 本来小便は男性が女性にかけてもらうモノです。女性が男性にかけられたとしたら、あまりにも被虐的です。いくらなんでもソレは苦痛だったでしょう。

「はい。今までオシッコは一人にしかかけられたことがなかったんです。今回はたくさんの人にオシッコをかけられて、とても興奮してしまいました

ドシーーーッ! 一人ではなくて複数だったんですね。しかもソレで興奮したとはなんたるドMでしょう。先行きがとても心配です。

【葉月桃さんのエロスイッチ】

ところで、葉月さんはどんなことをされるとエロのスイッチが入ってしまうんですか?

「お尻を叩かれた時ですかね」

なんとなく想像はついていましたが、改めてご本人の口から聞くと衝撃が走りますね。やはり「もみじ」や「かえで」が残るほどのスパンキングがお望みなんでしょうか?

「ふふふ。それはどうでしょう。でも痛いことをされると濡れてしまうのは確かです」

ええっ! 痛いことで濡れるんですか! それは珍妙な。スパンキングの他にはどんなことで濡れたりします?

「そうですねぇ。髪の毛を強く引っ張られたりとかですかね。とにかく乱暴にされると濡れます」

なんということでしょう。痛さでしか快感を得られないということですか? そんな葉月さんの性感帯はどこです?

「あ、でも背中を優しく撫でられると、とても感じてしまいます」

えっ? どういうことです? 実は優しい愛撫も好きなんですか?

「極めたいのは被虐的ですが、性感帯は別なんです」

なんと! 目からウロコです。やはり葉月さんはただのドMではありませんね。とても理知的です。

【葉月さんが一番興奮するエロ行為】

ところで葉月さんが一番、興奮するエッチはなんなんですか?

「はい。アナルの潮吹きです」

えっ! 意味がわかりません。そもそもアナルで潮を吹くことがあるんですか?

「お尻の穴を刺激すると尿道から潮を吹くんです。男の潮吹きに似たようなものですかね。今回の作品でもアナル潮吹きをやっていただいて、とても感動しました」

あのぅ。つかぬコトをお伺いしますが、マ◯コの潮吹きとアナルの潮吹きはどう違うんでしょうか?

「アナルの潮吹きはイクとは違うんですがマ◯コの潮吹きに勝る気持ちよさがあるんです」

どちらがお好きですか?

「どっちも好きです。それぞれによさがあるんですよ」

マ◯コのほうはわかりますがアナルのほうのよさって具体的には何なんでしょう?

「そうですね。理解していただくのは難しいかもしてませんが、女性だったらマ◯コを刺激されれば誰でも気持ちいいわけですよ。アナルの魅力はそれにゾワゾワ感がプラスされることです。あとはやはり“汚いかな”っていう背徳感があって、それが絶妙なスパイスになるんです」

なるほどぉ。オジサンにも何となくアナルの良さがわかってきましたよ。ところで、マ◯コとアナルの両方に同時に入れられたらどんな感じなんですかね。今、このインタビュー記事を読んでいる読者の皆さんは全員、ソレが知りたいのです。

「壊され感がハンパないですね。もう何度もイキ狂ってしまいます

ギャオス! 想像しただけでもキンタマがでんぐり返ってしまいそうです。他にはどんなことをされるとイキやすいんですか?

「そうですねぇ。足の指をマ◯コに入れられて即イキしたことがありますね」

あ、足の指をマ◯コに? それはマ◯コへの冒涜です。

「はい。やっぱり精神的に被虐的なものには過剰に反応してしまいますね(笑)」

葉月さんは感度の良さに加えて、被虐的に扱われている自分自身に陶酔することで、余計にエクスタシーを感じてしまうタイプなんですね。なんてエロ偏差値の高い娘なんでしょう。

「うふふ。ドM行為はやるだけでなくて見るのも好きなんですよ。だから、鏡の前でエッチするとさらに興奮してしまいますね(笑)」

ひゃー、究極のドM愛ですね。もしかしたら、オナニーも鏡の前でするタイプですか?

「しますします(笑)。よくわかりましたね。鏡の前でM字開脚して濡れてくる過程を観察しながらオナニーすると、深いエクスタシーを感じますね」

ひーーーっ! まさか本当にそうしているとは。いやらしいにもほどがあります。

「あと、オナニーをするときにはオシッコを我慢した状態でするのが好きですね」

えっ! どういうことですか?

「電マを使っていると気持ちいい反面、オシッコが出ちゃうかもっていう背徳感に襲われるんです。それが興奮のスパイスになるんですよ(笑)」

あわわわわっ。一人Mプレイじゃないですか! オゾマシイにもほどがあります。でもうっかりしたら本当にオシッコが出ちゃうこともありますよね?

「さすがにそれはありません(笑)。でも結構濡れるのでオナニーするときはペットシートを使いますね(笑)」

えっ! ペットシート?

「はい。ワンちゃんを飼っているので共有してるんです(笑)」

ドシーーーーッ!

【葉月さんを満足させる3つの約束】

ところで少し話は変わりますが、Mの女の子とエッチをするときはどんなことを心がけたらよいでしょうか?

「まず、私に限らずMの女性と接するときは、女の子のことをちゃんと理解してあげることが大事ですね。女の子の本当にやりたいことをちゃんと確認しながらエッチをすることも肝要です。例えば、多くの男性は勘違いしていますが、私の場合、浣腸は責められている時よりも出ている時が一番気持ちいいんですよ」

最後の一文はさておき、とても含蓄のあるお言葉です。

ちなみに我々シニアからして見れば、肉体的に葉月さんを満足させることは至難の技ですが、葉月さんを精神的に満足させるためにはどのようなことをすればいいですか? 3つ教えてください。

「そうですねぇ。まずはどんなに酷いことをしていてもキチンと目を見て欲しいですね」

あ、それスゴイですね。やはり女の子にとって目を見つめ合うことはとても大事なんですね。勉強になります。次はなんですか?

「言葉で私を征服して欲しいですね。例えば“お前は俺のオモチャだから俺の自由に使ってやる”とか、ちゃんと口に出して言って欲しいですね」

嗚呼、確かに。無言で痛めつけるのは愛ではなくてただの暴力ですね。暴言を吐きながらするのも同じです。やはり過激なプレイの根底にもお互いに分かり合える愛の言葉が必要だということですね。

勉強になります。最後はなんです?

「最後は、酷いことをした後はやっぱり優しくされると嬉しいですね」

感動です! 目で通じ合い、言葉で官能を高め、最後は体で包み込む。いまだに薄ぼんやりではありますが、ドMの醍醐味がわかったような気がします。

そして私は今までMに対して葉月さんほど前向きでしっかりとしたビジョンを持った娘を知りません。さながら今回の葉月さんのデビュー作は我々シニアにとってただのSMモノではなくM女性に対する「性の教科書」と言えるでしょう。

最後に恒例ではありますが、葉月さんの好きなタイプのオジサンと苦手なタイプのオジサンを教えてください。

「好きなオジサンはやっぱり清潔感がある方ですね。反対に苦手なオジサンは汚い方。あと横暴なオジサンは苦手ですね」

なんと! やはりMの方でも横暴なオジサンは嫌いですか。

「はい。私がMだから余計にそう感じますね。どんなに酷いことをされても、それは相手を信頼しているからできることです。それは横暴とは違います。やはり安心できる状況でエッチしたいですね」

皆さん、いかがでしょう。彼女の一つひとつの言葉にはMに対する深い愛と性への飽くなき探究心が秘められています。それでいて彼女はまだ22歳の大学生。これからも葉月桃さんから目が離せませんよ。

文責:編集長原田

【葉月桃さんのサンプル動画とデビュー作はコチラ】

『最狂ドMお嬢様 ハードコアお披露目会』(えむっ娘ラボ)

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=mism00124/?i3_ref=list&i3_ord=1

【葉月桃さんプロフィール】

葉月桃(はづき もも)

▷T157-B79(C)W57H85

▷生年月日=1996年8月10日

▷出身=神奈川県

▷趣味=アイドル観賞

▷特技=P字バランス


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

◀塚田詩織さんの巻
◀神宮寺ナオさんの巻
◀羽咲みはるさんの巻
◀楓カレンさんの巻
◀新人・七海ティナさんの巻
小倉由菜さんの巻
桐山結羽さんの巻
佐川はるみさんの巻
久我かのんさんの巻
◀桐谷まつりさんの巻
原さくらさんの巻
野々原なずなさんの巻
本庄鈴さんの巻
花咲いあんさんのエッチな秘め事
架乃ゆらさんの性遍歴
小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」