お色気 めくるめく官能世界へ誘います

還暦風俗ライターSがイク!「恵方巻」

肋骨骨折の癒えない還暦風俗ライターの私Sは寝返りを打つたびに胸が痛くて、これではまだ風俗店に行くことができません。新しいレポートが書けないので商売上がったりなのでございますよ。

そこで仕方なく、前回に引き続いて「お茶濁しシリーズ」(と勝手に銘打ちました)の第2弾をお送りすることにいたしましょう。

先日、ヒマにまかせて妄想にふけっていた時(オナニーをしていたわけじゃありませんよ)、ある画期的なアイディアが閃きました。

毎年この時期になると「恵方巻」が話題になるじゃないですか。ほら、節分の日に恵方を向いて太い巻寿司を無言で食べると縁起がいいといわれる、あれですよ。最近ではコンビニで売れ残って廃棄される量があまりに多いということで問題になっていますよね。

まあ、この際それはいいというか別問題として、ちなみに、恵方とは正月の歳神の来臨する方向のことをいい、今年の恵方は甲(きのえ)、東北東の方向らしいですよ。

それで、私が思いついた画期的アイディアというのは、この時期の風俗店が採り入れたら絶対に話題になるに違いないプレイなんですよ。

名づけて「恵方フェラ」です。

恵方に向けておっ立てたお客さんのチンポを女の子がくわえ、無事にフィニッシュすると幸運が訪れるという気持ちよくって、しかも縁起がいい、ありがたい夢のようなサービスです。

どうです、いいでしょう?「そういうプレイならオレもやりたい」と思ったでしょ?

お店にしてみれば、ハロウィンやバレンタインのように毎年必ずやることのできる集客イベントになるし、特別な経費は一切かかりません。お客さんにも絶対にウケると思うんですけどねえ。

このアイディア、どこかの風俗店で採用してくれないですかね。それとも、すでにどこかの店でやっているかも。何しろこの風俗業界、アイディアマンが揃っていますからね。


【シニアの風俗放浪記バックナンバー】

◀「○○人妻倶楽部」の巻
◀「ハイブリッドヘルス小岩中央」かえでちゃん
◀「欲しがり女は激しくて」の巻

「風俗に飽きた方にオススメのドルチェ」の巻
「五反田の中国エステ」の巻
「五反田人妻城」の巻
月に1週間しか働けない風俗嬢
働く女性のアソコを嗅ごう
◀『東京射精管理倶楽部』
若者にソープを任せていてはいけません