お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【シニアの夜遊び基礎知識】 年末風俗は「声出していこう」

今年も残すところあと2週間ほどになりました。暮れも押し詰まってきて世間様は、さらに慌ただしさが増してきたような気がします。

人間、追い込まれるとイライラするものです。それは風俗嬢も同じこと。この時期の嬢の中には、イラついている方も少なくありません。

実際、モタモタしていると𠮟られたり「チッ」とか舌打ちをされたりすることもあります。

特に、若い頃と違って動作の遅い我々中高年は、どうしても嬢をイラつかせることが多くなります。嬢をムラつかせようとして風俗に行っているのにイラつかせてしまったら元も子もありません

そんな生き馬の目を抜く年末風俗では、いつもと違った所作が必要になります。

そこで今回は皆様と共に「年末風俗の遊び方」についてディスカッション(討論)したいと思います。

まず、イラついている嬢を正気に戻すには機先を制する必要があります。そこで開口一番、大きな声で「挨拶」をしてみるのはどうでしょう。

「こんばんわっ! ふつつか者ですが宜しくお願いしまっす!」

自分よりもはるかに年上の男性に爽やかに挨拶されたことで、嬢はハッと我に返り、自分の筋違いなイラつきに恥ずかしさを感じます。

こうなったらしめたものです。なぜなら、精神的な恥ずかしさは肉体的な恥ずかしさにつながるからです。

言い換えれば、太古の昔にイヴがリンゴに手をつけてしまった瞬間よろしく急に乙女の恥じらいと妖しい「性のへ欲情」が沸き起こってしまうのです。

そんな嬢にさらに追い打ちをかける言葉がこれです。

「嗚呼、なんて美しいんだ」

ここで注意しなければならないことは、先ほどの元気な挨拶とは打って変わって、ため息まじりに言うことです。女性はこういう「緩急」に非常に弱い生き物なのです。間違っても小峠調で叫ぶようなことがあってはなりません。

さて、この段階で先ほどまで理不尽なイラつきに支配されていた嬢も、恥じらい深いただの小娘になっています。こうなればもう、思いっきりモタモタしても大丈夫です。

平素なら嬢が怒りの極限に達するであろう襟のボタンを外さないまま服を脱ごうとしてもがく行為や、ズボンを脱ごうとして盛大に転倒する行為も優しく許してくれます。なんなら、あえてそのような行為をやってやりましょう。声出し効果で母性本能が高まっている嬢はそれを見て「キュン死に」するほどの愛おしさを覚えるに違いありません。

年末は昼夜問わず、街中の女性がイライラしています。シニアたるものそんなピンチをチャンスに変えるため、声を出していきましょう!

文責:編集長原田


【シニアの夜遊び基礎知識バックナンバー】

◀風俗も「備えあれば憂いなし」
エロさ倍増「待ち合わせ風俗」
名医が教えた「性病予防」
◀女性が忘れられない男
芸術の秋に試したいオプション
触らないほうがいい場所
勃たないことは武器になる
女性を不安にする男の特徴
男の食べ方はセックスを表す
 一度はヤりたい掟破りの「着たまま」プレイ
「ヘンリー式」で興奮度倍増!
ペニスは風俗で進化する?
女性の性欲は「声」でわかる
セックス時の正しい呼吸法
出会い系は損して得とれ」
もうひとつのW杯で勝つ!
◀風俗で脳が活性化する!?
 風俗に行く「正しい服装」
シニアのための女性器観察
馴染みの風俗嬢に手土産を
五月病は風俗で治す
「妄想力」でエロさ倍増
左は「性界」を制する?
◀店で最初に確認すべき事
◀愛撫がうまい人の作法
「褒める」「感謝」を忘れずに!
◀女性が興奮する環境とは?
風俗嬢の母性を掻き立てよ!
風俗プレイも声出していこう!
女性が乱れる「立ち愛撫」
◀春風俗は「M女と遊ぼう」