お色気 めくるめく官能世界へ誘います

還暦風俗ライターSがイク!「風俗に飽きた方にオススメのドルチェ」の巻

私がこの企画を始めてからというもの、悪友たちが面白がっていろいろな情報を寄せてくれるようになりました。やはり持つべきものは悪友であります。

その中にひとつ、とっても気になる情報がありました。

「新宿にある『ドルチェ』っていうヘルスが面白いよ。行ってみな。『あり・なし』がおススメだよ」

新宿もヘルスも分かりますけど、「あり・なし」って何だ? 雀荘でコーヒーを頼む時、「おばちゃん、コーヒーあり・ありで」とかいって、砂糖とミルクの好みを伝えますけど、もちろんそれとはちょっと違うでしょうね。何もヘルスまで行って、女のコと一緒にコーヒーを飲もうというわけじゃないんですから。でも、悪友に聞いても「行けば分かるさ」としかいってくれません。

そこでギモンを残したまま、取りあえず新宿へと突撃してみました。

今回のお相手は如月じゅりちゃん。20歳です。まずは写真を見てくださいよ。

どうです、カワイイでしょう。それもハンパじゃないカワイさです。以前はキャバクラにお勤めしていたそうですが、これだけの美形ですからね、当然ナンバーワンだったんでしょうね。それに88センチDカップのおっぱいが何ともおいしそうなんです。これはもうタマリマセン。

ともあれ、こんなコと2人っきりでチョメチョメできちゃうんですよ。入店前のギモンもすっかりどこかに忘れ悪友に感謝しながら、いざプレイにと、じゅりちゃんのパンティを脱がしてみたら……。

あれ~!? 何これ。

そうかあ、「あり・なし」の意味がやっと分かりましたよ。

ここ『ドルチェ』ってヘルスはヘルスでも、ニューハーフヘルスだったんですね。

そして、じゅりちゃんはもともと男の子で「サオあり・タマなし」というわけだったんですよ。

でも、何度もいいますが、じゅりちゃんは、そんじょそこらのアイドルが裸足で逃げ出しちゃうような飛びっきりのカワイさですからね、この際、男だろうが女だろうが関係ないじゃありませんか。記者はじゅりちゃんに全てを委ねることにしましたよ。

さて、プレイになると、じゅりちゃんはさすがに男のツボをよ~く知っています。記者の一番弱いところをこれでもかと攻めてくるんですから、気持ちいいったらありません。

「もしかしたらフツーのヘルスよりこっちのほうがいいかもしれないぞ。通っちゃうかも」とマジで思ったりしちゃったのですが、そんな私に、じゅりちゃんから思いがけない悲しいお知らせが。

何と10月中旬でこのお店からも業界からも足を洗ってしまうんですって。いや~、もったいない。せっかく巡り会ったというのに……。

というわけで本日の結論。

「女性を超えた女性」とのプレイは一度ハマってしまったら抜け出せなくなるかも。

じゅりちゃんはいませんが、『ドルチェ』にはじゅりちゃんクラスの女のコがワンサカ在籍しています。「あり・なし」のコもいれば「あり・あり」や「なし・なし」のコもいます。フーゾクはもう飽きたというシニアにもおススメです。

【ドルチェの情報】

料金=60分2万円~

電話=03-5937-6443

dolce-dh.com/top


【シニアの風俗放浪記バックナンバー】

「五反田の中国エステ」の巻
「五反田人妻城」の巻
月に1週間しか働けない風俗嬢
働く女性のアソコを嗅ごう
◀『東京射精管理倶楽部』
若者にソープを任せていてはいけません