お色気 めくるめく官能世界へ誘います

還暦風俗ライターSがイク!「五反田人妻城」の巻

前回、前々回とマニアックなお店が続いたので、今回はごくごくノーマルなお店に行きたくなりました。秋の夜長には、しっとりした人妻さんとチチ繰り合うというのがやっぱりいいのではありませんかね。

そこで、人妻といえば五反田、五反田といえば人妻と、フーゾク好きの間ではミシュラン級の揺るがぬ評価を受けている五反田へと足を運んだのでございます。

ところが、さすがは天下の五反田です。あまりにお店が多すぎてどこにしたらいいのか迷ってしまいました。その時、パッと思い浮かんだのが悪友Tの顔でした。Tは仲間内で「五反田の帝王」と呼ばれている男。彼ならきっといいアドバイスをくれることでしょう。さっそく電話します。

「そうだなあ。いろいろあるけど、今なら『五反田人妻城』がいいんじゃないかな。正直飛び抜けていい子はいないけど、逆にとんでもない地雷もいないんだ。それに、あの店の女のコたちはみんな性格がいい。だから、楽しく遊べるはずだよ」

さすが持つべきものは悪友です。ナイスな情報でした。性格がいいというのはとっても大事なことです。いくらいい女でも接客がおざなりだったり、態度が悪かったりしたら最悪です。お金をドブに捨てるようなものですからね。

というわけで、お店に連絡したところ、従業員さんが感じのいい人で、的確な受け答えをしてくれました。これなら大丈夫だろうと私は確信したのです。

話を聞くと、この店は待ち合わせ専門ということで、五反田風俗の待ち合わせポイントとしてはここしかないという吉野家前で夜の7時に待っていることにしました。

さて、今宵のお相手は中川さん、37歳。スレンダーで色っぽく、優しい性格の人妻さんだそうです。

吉野家の前に約束の5分前に到着。はたしてどんな人妻さんが現れるのか、ドキドキしますなあ。つい辺りをキョロキョロ見回してしまう私。期待で胸もアソコも張り裂けそうです。これぞ待ち合わせの醍醐味でしょうね。

すると、7時ちょうど、携帯に非通知で電話が。慌てて出ると、向うから白いワンピース姿の清楚な感じの女性が電話をしながら歩いてきます。

エッ、もしかして彼女!? ワッオー、これは大当たりですぞ。

眼が合うと、ニッコリ微笑みながら、

「中川です。よろしくお願いしますね」

と礼儀正しい彼女。手に手を取って近くのラブホへとなだれ込みます。もうすっかり不倫気分です。

部屋に入ると、驚いたことに中川さんは潤んだ目をしながら、いきなりパックンしてきましたぞ。

おお、何なんだ、このスピーディな展開は。

「今日は朝からムラムラしちゃって……。ずっと欲しかったの」

見た目のイメージとは裏腹の、とんでもないエロ奥様なのでありました。

思いもよらなかった先制攻撃にまずは撃沈してしまったのですが、まだ時間がたっぷりある上に、85センチEカップのバストが目を引く中川さんのエッチなカラダに、わがムスコも正直に反応して一緒にお風呂に入ってからの2回戦へ突入です。

そして最後は、中川さんの、もしかしたら入っちゃっている?と思わせる、うますぎる素股になすすべもなくイカされてしまいました。

というわけで本日の結論。

容姿もプレイも性格も、そしてカラダも全て合格点! 次もまた指名したくなってしまう極上の淫乱奥様でありました。ウ~ム、マンダム、いや、マンゾク。

【五反田人妻城】

東京都 五反田 人妻デリヘル

料金=80分1万7000円~

電話=03-5791-7615

http://www.hitodumajo.com/gotanda/top

中川さん(37歳)

T162-B85(E)W59H87


【シニアの風俗放浪記バックナンバー】

月に1週間しか働けない風俗嬢
働く女性のアソコを嗅ごう
◀『東京射精管理倶楽部』
若者にソープを任せていてはいけません