お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【サンスポ連動AV女優の秘密】架乃ゆらさんの性遍歴

【架乃ゆらさんの性遍歴】

昨年の11月に名門AVメーカー『S1』よりデビューし、来月でちょうど1年が経つ架乃ゆらさん。現在は、あの人気グループ『恵比寿マスカッツ』のメンバーとしても活躍中で、人気、実力ともに急上昇中です。

快活60ではそんな架乃ゆらさんにインタビューを敢行。果たしてゆら様はウブな新人時代からどんなエロ変化を遂げたんでしょうか。

まずは読者の皆様に彼女の簡単なプロフィールをご紹介いたしましょう。

生年月日は1998年12月28日で現在19歳。出身はあの岩井志麻子先生を排出した岡山県です。スリーサイズは身長156センチ。B84W55H86。ちっちゃくて可愛いですね。でも出るところは出て、くびれるところはくびれて、ウエストなんて抱き寄せたら折れてしまうほど細いですね。ちなみに趣味はサイクリングとのことです。健康的で爽やかですね。

しかし、そもそもどうしてこんな虫も殺さないような清純でカワイイ子が過激なAV界に飛び込んできたんでしょうか。不思議ですよね。

この謎を解くために、まずは彼女がAVデビューするまでの男性遍歴についてお伺いしてみましょう。

架乃さん、まずは恋愛についてお伺いします。初恋はいつで、どんな男の子が好きでしたか?

「初恋は幼稚園の頃です。でも、恋というより仲のいい男の子ができたというのが私の初恋だったと思います」

なるほど。それでは相手を異性として意識した恋はいつだったんでしょうか?

「中学生の頃ですね」

おおっ。思春期ですね。やはり幼稚園の時同様、ただの同級生男子をだんだん異性として意識するようになったというパターンでしょうか。純情ストーリーが目に浮かびます。

「いいえ。同級生とかじゃないんです。実は担任の先生なんですよ」

なんですと! 中学生が担任の先生に異性の匂いを感じたですと! 背徳な匂いがプンプンしますな。その男はいったいいくつだったんです?

「たぶん、30代だったと思います」

まさか、その教師と不純なことをしたわけじゃないでしょうね?

「もちろん違います(笑)。たぶんあの時は大人の男の人への憧れがあったんだと思います」

なら、結構です。インタビュー序盤から犯罪じみた話しになるのではないかと一瞬、ドキドキしました。加齢の影響かケツの穴が緩くなって脱糞しやすくなっているのであまり、驚かさないでくださいね。

では、続けましょう。初めて男性とお付き合いしたのはいつですか?

「高校生の時ですね。部活の先輩でした」

架乃さんはどんな部に所属していたんですか?

「美術部です」

いいですね。放課後の夕日のこぼれる美術室。たった一人、無心になってカンバスに向かう男子生徒。そんな場所で見る男の子はちょっぴり大人びて見えてますよね。そうですかそうですか。大人への憧れはようやくその先輩で成就するんですね。最高にロマンティックじゃないですか!

「いえ。それがちょっと変わった先輩だったんです。卒業生だったんですが、いつも学校に教えに来ていたんですよね」

えっ! そうだったんですか? 卒業生なのにいつも高校に侵入していたとは少々、危険な男ですね。学校側としてもコンプライアンス上、あまり良くありません。ちなみに初体験はその方となされたんですか?

「はい。思ったほど痛くありませんでした」

えっ! あ、そうでしたか! あのぅ、初体験が痛くなかったという女の子によくありがちなんですが、架乃さんは、ひょっとして…。

「あ、何が聞きたいかわかりましたよ(笑)。オナニーですよね。はい、してました(恥)」

やっぱり! いつ頃からご自分でご自分をでイタズラされていたんですか?

「小学校6年生の頃です」

おっつ! そいつは早いですね。いったい何がきっかけだったんですか?

「誰に教えてもらったかは覚えていないんですけど、ネットにオナニーのやり方が出ていたんです。それを見ながらやったのが最初です」

悪い友達がいたものです。そうすると、架乃さんが通ってらっしゃった小学校は女子生徒の間でオナニーブームが巻き起こっていたわけですね。さすが、岩井先生の故郷・岡山恐るべしです。やはり、エッチなことに興味を持ち始めるのは早かったんですかね?

「はい。今考えると早かったと思います」

最初にエッチなことに興味を持った瞬間がいつだったか覚えてらっしゃいますか?

「たぶん授業中だったと思います」

ええっ! 授業中ですか? いったい何の授業でそんなコトになってしまったんですか?

「国語です」

なんと! 我が国の教育の歴史を根底から覆す大事件ですよ。教科書出版会社はもう一度、国語の教科書を総ざらいする必要がありますね。オゾマシイ限りです。

ところで、その頃のオナニーはどんな感じだったんでしょう。まさか、小学生からイキまくっていましたなんて言いませんよね?

「もちろん違います。その頃は外側(クリ)だけを触る程度で、まだオーガズムは経験してませんでした」

それを聞いて安心しました。もう少しで岡山を見る目が変わるところでしたよ。ちなみにオナニーでも初イキはいつだったんですか?

「初めてイッたのは中2か、中3頃だったと思います」

年齢的には小6とあまり変わりませんね。やはりイマドキの娘たちは我々の世代と違って、新人類ということでしょうか。

ん? ちょっと待ってください。そうなると先ほどの趣味の「サイクリング」が違った意味に見えてきますよ。ひょっとして大自然の中で股間に刺激を求めようとして…。

「違います違います(笑)。景色を見るのが好きなんです」

安心しました。もう少しで架乃さんが変態にしか見えなくなるところでした。

話を恋愛遍歴に戻しましょう。これまでの男性経験は何人くらいですか?

「2人です」

意外ですね。オナニーは早熟ですが、セックスのほうはまだまだ発展途上なんですね。これまでお付き合いされた方の共通点みたいなものはありますか。

「2人しかいませんが、やっぱりちょっと変な人でした。あとは年上ということと、ちょっとSっぽかったかな(笑)」

お付き合いされた方がS! ひょっとして架乃さんはMですか?

「どうですかね。このお仕事を始めてから攻めるのも好きになりました(笑)」

なるほど。今ハッキリわかりました。架乃さんにとってのセックスの進化は、ほとんどがAVの中で育まれているんですね。そうなると、架乃さんのセックスを知るためには出演作の歴史を紐解いていくのが一番、わかりやすいですね。

ではまず、デビューのきっかけを教えていただきましょうか。

「中学生の時、ネットで検索していたら麻美ゆまちゃんを見つけたんです。その時になんて可愛いいんだろうって思ったのがAVの世界に興味を持つ最初のきっかけになりました」

ゆまちゃん可愛いいですよね。ゆまちゃんに憧れる気持ち、よくわかります。でもやっぱり、普通の女の子が裸で表現活動をするっていうのは抵抗があったんじゃないですか?

「そうでもないんです。高校時代に美術部だったんで、卒業してからデッサンのためのヌードモデルをしていたんです」

なるほど! 女性の裸を美術的な目線で感じていたんですね。だから、デビュー作の『架乃ゆら18歳 新人AVデビュー』(S1)はちょっとアートな匂いがしたんですね。すごく納得です。

▶作品詳細はこちら

でも2作目はアートに少し過激な要素が加わってますよ。

『18歳架乃ゆら 初イキ!性感開発3本番スペシャル』

▶作品詳細はこちら

タイトルからして架乃さんをセックスでイカせるために作られた作品ですよね。

「はい。今までセックスできちんとイッたことがなかったんですが、この作品で完全に開花してしまいました」

つまり、作品の中でオーガズムに目覚めたということですね? これは架乃様の作品史の中で完全に殿堂入りする1作ですね。

4作目のコレはなんです。

『激イキ117回!痙攣3900回!イキ潮3600cc!初心な純白スレンダーボディ エロス覚醒はじめての大・痙・攣スペシャル』

▶作品詳細はこちら

激イキ117回って、つい前の作品で初めてちゃんとイッたばかりじゃないですか! いったいナニがあったんです?

「感じすぎちゃって自分でも何があったかよくわからないんですが、この作品でかなり感度が良くなってしまったようなんです。気がついたら117回もイカされていました。しかも潮吹きがすごかったですね。タイトル通りの大痙攣でした。ガクガクです」

凄まじいですね。見ているコッチがガクガクしそうです。心臓の弱いシニアは違った意味で大痙攣を起こします。

5作目は風俗体験。これは架乃さんのテクニックをあまねく堪能できる作品としてシニアは安心して見れそうですが、6作目のコレはなんです?

『絶頂ポルチオ開発 巨根×膣中イキオーガズム』

▶作品詳細はこちら

「正直、ここから私のセックス感が180度変わりました。いままでは外(クリ)のほうが気持ちよかったんですが、この作品を経験して、もう中じゃなきゃ満足できなくなりましたね」

6作目でとんでもない進化を遂げましたね! 私生活にも多少なりとも影響はありましたか?

「はい。ついつい大きそうな人を目で追ってしまうようになりました」

オゾマシイ! 趣味のサイクリングは景色の観賞からチンポの探索に早変わりです。でも、7作目はさらに凄いことになってますよ。

『激イキしすぎておしっこ解禁 人生初!大痙攣・大絶頂 失禁・おもらしオーガズム』

▶作品詳細はこちら

ここまでくると我々年寄りには意味がわかりません。セックスの最中に放尿とはいったいどういうことなんでしょう?

「もう体が敏感になりすぎてしまって、イキすぎて全身がコントロールできなくなってしまったんです。でも、気持ちいい延長でおしっこを出すと、さらに気持ち良くなって頭が真っ白になれるんですよ(恥)」

デビュー時にウブだった少女が短期間でえらいことになってしまったんですね。1年前は畑だった場所に高層ビルが建ったような変貌ぶりです。とにかくセックスの進化が早くて凄すぎます。

おっ、8作目のコチラはタイトルは別としてなんとも可愛らしいじゃないですか。

『おチ●ポ大好き即尺、いつでも即ハメご奉仕メイド』

▶作品詳細はこちら

こちらは介護を目前にした我々シニアでも安心して観賞できそうです。

「この作品は受けるだけではなく与えるエロスに徹底的にフィーチャーしました。初めて自分から攻めに行った作品です。楽しかったですね」

この作品が先ほど仰っていた「S心の芽生え」につながるんですね。突然ですが、架乃さんがご奉仕した時に男性にしてもらえたら嬉しい反応「ベスト3」を教えてもらえませんか?

「えっ! ちょっと恥ずかしいですね」

ではいきますよ。第3位!

「うめき声、ですかね」

第2位!

「吐息です」

さてさて栄えある第1位は!

「気持ちいいって言葉で言われると嬉しいです。興奮します」

いやらしいですね。他には男性のどんな仕草で興奮するんです?

「ちょっとビクビクすると可愛いと思います。あと、この作品では私の騎乗位姿も見て欲しいですね。実は騎乗位、得意なんです(笑)」

そうなんですね! 性感が開発されただけではなくて「腰使い」まで達者になっていたとは驚きです。やっぱり騎乗位が一番イキやすいんですか?

「体位は全部好きなんですけど本当に一番好きなのはバックですね」

おっ! そうなんですか。その心は?

「奥に当たるからです」

ひっ! お見それいたしました。作品紹介を続けましょう。

9作目は打って変わって様子がおかしいですね。

『1ヵ月間もセックスもオナニーも禁止されムラムラ全開でアドレナリン爆発!痙攣しまくり性欲剥き出しFUCK』

▶作品詳細はこちら

いったいどういうことですか。

「タイトル通り、撮影前1ヵ月、禁欲生活をさせられて、その後にセックスしたらどうなるか実験されたんです」

架乃さんの人生で一番無駄な時間ですね。1ヵ月間もどうやって性欲を我慢したんですか?

「ふてくされてご飯をいっぱい食べてました(笑)」

おわっち。人間、性欲を押さえつけられると食欲に走るとは聞いていましたが、本当だったんですね。で、実際に1ヵ月の禁欲生活の後のセックスはどうでしたか?

「解禁後、ようやく絡んだ男優さんが、思いがけず早イキしてしまったんです。あの時は心から“許さん”と思いました」

それはそうでしょう。架乃さんが30日も我慢したのに男優は30秒ももたないなんて言語道断です。

「しかも、その後に他の女優さんが気持ちよさそうにセックスしているのを目の前で見せつけられたんですよ! 多分、私、オチ●チンが欲しくて、ひどい顔していたと思います(笑)」

それは災難でしたね。今のお話を聞くと、男優さんの早イキもわざとだった可能性がありますね。いずれにせよ酷い話です。

10作目が痴漢ですね。

『制服少女 強・制・連・結 満員痴漢車両』

▶作品詳細はこちら

そして11作目は『ツンデレ妹が無防備に毎日パンチラ誘惑してくる』ですね。受け身が多かった架乃さんが、ついに誘惑する粋まで達しましたね。

▶作品詳細はこちら

ところで、架乃さんはプライベートでどんな風に男性を誘惑をするんですか?

「えっ! それ言わせるんですか? 恥ずかしいですね。う~ん、手を触っちゃうかな」

それだけですか?

「うふふ。その手を太ももに持っていっちゃいます」

なんと! それはスケベすぎる誘惑です。快活読者は全員、イチコロですよ。

さて、いよいよ最新作まで来ましたよ。ここまでの道のりで読者の皆さんも、ウブな架乃さんが、どうやって今のお姿になったか、お分かりになったと思います。

では、最新作を発表しましょうか。

『舌と唇と唾液が濃厚に絡み合う涎ダラダラ全身ベロベロ性交』

読んだだけでキン玉がでんぐりがえりそうになるタイトルですね。しかし、いやらしいキスです。イマドキこんないやらしい接吻をする娘なんて、そう滅多にはいませんよ。

「キス、好きなんですよ(笑)」

ええ、ええ、この画像を見れば、小学生だって架乃さんが無類のキス好きだってことはわかりますよ。キスだけで相当、濡れますでしょう?

「一番濡れるのはがキスですし、私の場合、キスでスイッチが入ってくるんですよね。男性に“これからエッチするぞ”って言われるより、いきなりキスされて体を求められると、気が遠くなるほど興奮します」

そのエロいコメントに、こっちのほうが気が遠くなりそうです。この作品で一番、気をつかったことは何ですか?

「舌を見せるように意識していました」

なるほど。おやっ! 架乃さんたら、舌ベロが長いですね。

「そうなんです。昔から舌が長いって言われてました。顎の所まで伸びるんれすよ」(実際に舌を出してくれました)

こりゃ、すごい! まさにキスをするためにあるような舌ですね。タマリマセン。この作品はキスからセックスへの流れですから、これまでの作品以上に気持ちが入ったんじゃないですか?

「はい、この撮影でも星の数ほどイキました」

やっぱり。よく見ると男優さんが、オジサンですね。おじさんとのキスどうでしたか?

「私、オジサン好きなんで、オジサンとの唾液交換、最高でした(笑)」

快活60読者は今、みんな泣きながらこのコメントに「いいね」をしてますよ。

そのついでに快活60読者に向けて、好きなオジサンと嫌いなオジサンのタイプを教えてあげてください。

「基本的にはオジサン好きなんですけど、あえて言えば、好きなオジサンはオシャレな方かな。嫌いなオジサンは、お風呂に入らない方。清潔な人が好きです」

皆さん、架乃ゆらさんの最新作は10月18日に配信開始です。見逃してはいけませんよ!

取材&文責:編集長原田

【架乃ゆらさんの最新作のお求めとサンプル動画はコチラ】

『舌と唇と唾液が濃厚に絡み合う涎ダラダラ全身ベロベロ性交』

▶作品詳細はこちら

【架乃ゆらさんプロフィール】

架乃ゆら(かのゆら)

▷生年月日=1998年12月28日

▷T156/B84W55H86

▷出身地=岡山県

▷趣味=サイクリング

▷性感帯=いっぱいある。特に背中、耳、乳首


【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

小泉ひなたさんの初デビュー裏話
宮園さゆりさんの秘密の性癖
天使もえちゃんが目指す女優像
橘@ハムちゃんがAVに出て驚いたこと
水樹璃子ちゃんの好きなエッチ
百岡いつかさんの「AVに出演して驚いたこと」
相沢みなみちゃんの「好きなエッチ」

霧島さくらちゃんのAV魂
◀桐谷まつりちゃんが「縛られて目覚めちゃった」

 秋山祥子ちゃんの「一番、濡れちゃうシチュエーション」
小倉由菜ちゃんの理想のエッチ
笹倉杏ちゃんの「秘密の性癖」
波多野結衣さんの秘密の性癖
祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴
緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」