お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【還暦風俗ライターSがイク!】シニアの風俗放浪記『東京射精管理倶楽部』

人間、年を取ればどうしてもカラダのあちこちにガタが出てくるものです。いくら気持ちは若くても、こればっかりはどうしようもありません。それは「ヘソの下」もおんなじで、若い頃「抜かず3発」を自慢していたのも夢のまた夢。「光淫矢のごとし」なのでございますよ。

先日、悪友が「いい店があるよ。騙されたと思って1回行ってみなよ」と、ある店を教えてくれました。何でもその店は「ペニスハンター」という名のS痴女がチンポを徹底的に弄び、もうガマンできないというギリのギリまで発射させてくれないんだそうです。

還暦過ぎの悪友は、その店で「何十年ぶりかの、ほとばしるような射精を体験した」というのですから、これはぜひとも行ってみなくてはなりません。

問題のお店は五反田にありました。『東京射精管理倶楽部』という名前です。漢字ばかりの何とも堅苦しい雰囲気ですが、要はM性感のお店なんです。ただ、その中身がとんでもなく濃いのです。

お店に電話して指定されたラブホに入って待っていると、10分もしないうちにペニスハンターさんがやって来ました。

ISSIKIさん、29歳。174㌢の長身で足の長~いモデルさんのような素敵な女性です。84㌢Dカップのおっぱいも見事です。とはいっても、ここではペニスハンターさんに手を触れることは一切ご法度です。

1人でシャワーを使いきれいにして出てくると、ISSIKIさんはすでに準備をして待っていました。

ミニの白衣から伸びる黒ストッキングのスラリとした足にそそられましたが、今もいったように触ることはできません。

ISSIKIさんに促されていよいよプレイ、いや射精管理のスタートです。

まずはうつ伏せになり、背中やお尻、太ももの付け根辺りを中心にオイルを使ってマッサージ。これがなかなか気持ちよく、ついウトウトしてしまうほどでした。

しばらくして、ISSIKIさんから、

「じゃあ、今度は仰向けになってね」

と声がかかり、本格的なチ●ポへの施術が始まりました。

ここからが地獄、いや天国でした。

ISSIKIさんは記者のチ●ポや玉袋、睾丸をある時は強く、またある時は弱く、伸ばしたり、揉んだり、ツボ押ししたりと自由自在の匠の技で弄ぶのですから。いつもは立ちのよくない記者のチ●ポもこれでもかとばかりに、しっかりと漲ってしまいました。

(ううっ、発射したい)

そんな記者の思いを見透かしたように、

「まだまだイッちゃダメよ。本当にいいのはこれからなんだから」

といいながら、ISSIKIさんがニコニコしながら取り出したのはストッキング&ガーゼ。これでどうするというのでしょう?

不安半分期待半分で見ていると、なんと湧き出る我慢汁を亀頭に塗りたくった後、敏感な肉棒の反応を楽しむかのようにストッキング&ガーゼで亀頭をピカピカに磨き上げるのですよ

わぉー、これは超強烈! 快感がチ●ポから全身を貫くようで、もはや限界です。

「もういいですか。我慢できません。出させてください」

お願いする記者に、ISSIKIさんは、

「どうしようかなあ。おちんちん、ピクピクしてるよ。もうちょっと我慢できない? 今我慢すれば、もっといい気持ちになれるよ」

そんなISSIKIさんのささやき淫語も気持ちよさに拍車をかけてくるようです。

依然としてストッキング&ガーゼでの亀頭磨きを止めようとしないISSIKIさん。

「もうダメです。イキま~す」

限界に達した記者はとうとうISSIKIさんの手の中に発射してしまいました。

その量のすごいこと! こんなに出したのは何年ぶりでしょう。それもISSIKIさんの超絶テクニックのおかげでしょうね。

しかもISSIKIさんは、発射した後も記者のチ●ポを離そうとはせず、ひたすらしごき続けるのですよ。さすがにもうザーメンは出ませんが、これがまたメチャクチャ気持ちいいのです。

「どう、気持ちいいでしょう? 中には潮を吹く男性もいるのよ」

潮を吹く!? それって女性だけじゃないんだ。ISSIKIさんによれば、その日の体調などによって全員が全員、潮を吹くというわけではないそうですが、コツをつかむと男性でも潮が吹けるようになるそうですよ。

結局、記者が潮を吹くことはありませんでしたが、十分に堪能した80分でした。これはクセになりそうです。

最後に、東京射精管理倶楽部をより楽しむための極意を。

●当日のオナニーは厳禁。最低でも1日溜めてから行くこと。

●プレイ前にこれから始まる快楽悶絶の時間を妄想し、股間と気持ちを盛り上げておくこと。

●ペニスハンターの前での恥じらいは一切無用。とことん全てをさらけ出すこと。

●喘ぎ声や快楽にカラダが動いてしまうことを絶対に我慢しないこと。

●射精管理中は余計なことは一切考えず、ペニスハンターに完全に委ねること。

●ああしてほしい、ここを集中して責めてほしいといった要望があれば、プレイの最初にペニスハンターに遠慮なく伝えること。

取材&体験:快活60還暦風俗ライターS

【東京射精管理倶楽部】 

03-6417-9445 

営業=12時~0時(年中無休)

料金=40分8000円~(ホテル代は別途)

http://www.syasei-kanri.com/main.html