お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【サンスポ連動AV女優の秘密】祝!デビュー1周年!山岸逢花様の恥ずかしい性遍歴

【実は恥ずかしがり屋だったデビュー前】

男性を心地よく魅了する艶のある声。

その声からはなかなか想像がつかない、あどけなさが残るキュートなルックス。

しっかりと真実を見つめて輝く瞳。

その奥に見え隠れする妖艶な大人の色香。

有史以来、清楚とエロスのギャップがある女性は、多くの男たちを魅了してきました。

その美貌とギャップは時として城を傾かせ、そして時として歴史そのものを変えてきたのです。

まさに「傾城」と言われる所以です。

そんな千年に一度現れるか現れないかの傾城美女を現世で発見しました。

それが、山岸逢花様。名門AVメーカープレミアムで活躍中の超人気単体女優です。

山岸様は、我々シニアが、もはや極楽浄土でしか会えないと思っていた生き仏的な女優と言っても過言ではないでしょう。

今回、そんな山岸様が、デビュー1周年を迎えるという情報を入手した記者は、冥土の土産にとばかりにインタビューに馳せ参じました。

ちなみにデビュー前の山岸様は、地方局のアナウンサーを務めていたそうです。どうりで声が良いはずです。記者などはその艶やかな声を聞いただけで早くも「くの字」状態です。

さて、そんな観音様のような山岸様はいったい、どんな性癖をお持ちなのでしょうか。さっそく、インタビユーを始めてみたいと思います。

まずは、デビュー1周年、おめでとうございます。いきなりですが、デビュー当時と今現在で心境的な変化があれば教えてください。

「意外に思われるかもしれませんが、実は私、とっても恥ずかしがり屋だったんです。人と一緒にいても、あまり自分を出せないタイプでしたね。

それに、あまり冒険しないタイプでもありました。買い物なんかも、自分の知っている範囲内でしか行動しませんでしたし、遠いところにも行かない。好んで未知の世界に足を踏み入れることはありませんでした。

それが今では、自分でも驚くほどオープンになりましたね。以前は言っちゃダメなんじゃないかなって思えることは我慢して言わなかったんですけど、今は自分の意見をしっかり発言できるようになりました」

なんと! いきなり、冒頭から良い話ですね。小社の入社1年目の新人に聞かせてあげたいぐらいです。

何がきっかけでそのように心境が変化したんでしょう。

「たぶん、自信がついたんだと思います。あと、AV界には私が今まで見たことがないような人がたくさんいるんですよね。本当に多種多様です。そんな方々と一緒に仕事をしていたら、自然と私も自分は自分でいいんだなって思えるようになってきたんです」

お若いのになんて含蓄がある発言なのでしょう。いつも他人の畑の様子ばかり気にしてきた姑息な自分が恥ずかしいかぎりです。

【ごっくんの作法「ネバスペ」とは?】

ところで、そんな山岸さんのデビュー記念作品についてなんですが、こりゃ大変なシロモノですな。

『祝!デビュー1周年ごっくん解禁Special山岸逢花』

タイトルを見ただけで思わず、生唾をゴックンしてしまいます。

ところで、この「ごっくん解禁」は山岸さん的には、どんな意味合いを持つのでしょうか。

「実は私も知らなかったんですが、業界的には『ごっくん解禁』は大事件らしいんですよ(笑)。

よくよく考えれば、たとえ口の中とはいえ、相手のDNAを体内に取り込むことじゃないですか。それって、一大事ですよね。

しかも、私の場合、初めてのごっくんなのに1回だけじゃなく、10ごっくんもしたんですよ!」

あわわわわっ! 嫁入り前の娘が他人様のDNAを10回もごっくんするなんて、タダゴトではありません。考えただけで腰が抜けそうです。

実際飲んでみてどうでしたか?

「人によって全然、味が違うんですね(笑)。さらっと飲めるモノもあれば、うわぁ~ネットリっていうのもあって、それにしょっぱかったり、酸っぱかったりと味も色々。正直、この味のバリエーションの豊富さには驚かされましたね。ちなみに私的には酸味があるほうが好きです

ひいぃぃいっ! いったい全体、カメラに向かってどんなお気持ちで飲んだんでございましょう。

「この作品を見ているファンの皆様一人ひとりに向けて、感謝の気持ちを込めながら、ごっくんしました。あなたのを飲んでいるのよっていう気持ちです」

なんと! まさに1周年記念にふさわしい映像ですね。しかも、何度でも繰り返し楽しめる作品ということもできます。たかがスペルマといえども感謝されると出し甲斐もあるというものです。

「そうそう、そういえば、ごっくんにはネバスペっていう由緒正しい作法があるのをご存知ですか?」

ネ、ネバスペですか? 存じませんが。

「要はワインのソムリエのようなものなんですけど、精子を口の中に含んで転がして嗜んだり、馥郁とした味わいを楽しんだりするんです。笑われてしまわれるかもしれませんが、口に含んだ精子を一度、手のひらに出してまたすするのも、ネバスペの作法のひとつなんですって。AVの世界って本当に深くて広いんですね」

可愛いお顔をしながらなんて破廉恥なことを…。

しかしながら、ソムリエといえば、洒落たグラスにワインを入れて、回したり匂いを嗅いだりして楽しむのが一般的ですが、もしや、精液でそれを?

「ええ、今回の作品ではネバスペの作法にのっとってワイングラスに5人分の精液を入れて、楽しみながら嗜まさせていただきました」

ごっくんファンにはタマリマセンね。私には画面の前で「結構なお手前でした」と手を合わせて拝んでいるファンの姿が目に浮かびます。

【あまりにも早熟な性への目覚め】

さて、そろそろだいぶ肩もあったまってきたと思いますので、ここからは直球勝負といきましょう。

ズバリ、山岸さんの性感帯を教えてください。

「クリです!」

おわっち! いきなりの豪速球ですね。あまりの直球にもう少しで脱糞するところでした。

「あの、すごく具体的に言っちゃっていいですか?」

はい、どうぞ。

「私、クリを皮の上から触られるのが好きなんですよ。あと最近はその周辺も気持ちいいことがわかってきましたね。入り口を触られているだけでもイっちゃうこともしばしばです」

なるほど。クリトリスという点を中心にしながら性感帯が小陰唇を伝って広がってきたというわけですね。それはまさに今、山岸さんの肉体が日に日に開発されている最中ということに他なりません。まるで、都市が開発されていくサマを見るようです。

とりわけ、山岸さんの場合は「円」で性感帯が広がっていますから、電車でいえば東京駅を起点にした山手線のようなものでしょうか。それぞれの駅の特色を生かした感度が期待できます。

「あ、でもですね。今は入り口だけでなくて、奥のほうにも気持ちいいところができつつあるんです。ちょっと説明しづらいんですが、入り口とは全く違った快感スポットなんですよ」

なんと。いきなり郊外に性感帯という名の都市ができ始めましたか。東京の街でいえば武蔵小杉のようなものでしょうか。つくづく女体とは摩訶不思議なものです。

ところで、その武蔵小杉についてですが、奥のほうは、どうされると気持ちいいんですかね?

「そうですね。体位で言ったら正常位。それの足を上げて入れるやつですかね。その体位で当たるスポットが最高に気持ちいいです」

それはおそらく体位四十八式の中の屈曲位という体位ですな。

しかし、デビューからわずか1年足らずで膣のインフラがどんどん整備されているご様子です。

これほど進化の早い女性はあまり見たことはございませんが、山岸さんは昔から早熟だったんでしょうか?

「初めてオナニーを覚えたのは小4ですね」

えっ? 小4? 小4ってクリトリスあるんですか?

「よくわかりませんが、気持ちよかったのであったと思います。きっかけはパソコンゲームのバナーですね。可愛らしいアニメ女の子がエッチな格好で貼り付けられてあって、なんだろうコレって開いてみたのが、エッチに興味を持ち始めた最初でした」

小学生がパソコンで性に目覚めるとは、昔に比べると凄い時代になったものです。

素朴な質問なんですが、オナニーという以上、やはりイクんですか?

「いえ、そこからは少し時間がかかったんです。初イキは中1まで待つことになります」

私からすれば中1でもかなり早いと思います。

ということは中学時代はオナニーしまくりのイキまくりということでしょうか。

「オナニーは大好きでしたけど、当時はどんなに試行錯誤してもイケない時もありました。今思えば、原因は思春期特有の気分の問題だったと思います。そんな時はAVの“潮吹き”の動画を見て心を落ち着かせていましたね

潮吹き動画で心を落ち着かせるとは、いったいどんな娘だったのでしょう。海辺で潮の満ち引きを見たり波の音を聞いたりして物思いに耽る少女のことは聞いたことはありますが、潮は潮でもアソコの潮で癒されている娘の話を聞くのは初めてです。

そんなオナニー中学生だった山岸少女の初体験はいつなんでしょうか?

「中3ですね。でも最初は思っていたよりも気持ち良くなかったですね。それが高校生くらいで気持ち良さがわかってきて、高3の時にはセックスでもイってましたね」

中学生でオナニーを習得し、高校生でセックスをマスター。受験科目に保健体育があったら、間違いなく東大に入ってますね。偏差値80は余裕で超えてます。

【山岸逢花さんの理想のセックスとは?】

そんな性の東大生である山岸さんはオナニーとセックスならどちらが好きなんですかね?

やっぱりセックスのほうが好きですね。それも愛のあるセックス。一番好きなシチュエーションは一日中、果てることなく貪り合うセックスが好きですね。朝起きてセックス、朝食を食べてからセックス、少し休憩してセックス、お昼食べてセックス、お風呂でもセックスです。セックス中心の生活が理想です」

もはや東大でさえ、飛び級レベルですね。本来卒業まで4年かかるところを1年で卒業できそうです。

そんな性のエリートである山岸逢花さんの今の全てが詰まった作品が、今回の『祝!デビュー1周年ごっくん解禁Special』だったんですね。申し訳ございません。少し軽く見ていました。反省してます。

「実は私、キスでもエッチでも相手と目を合わせながらのほうが情熱的になれるんです。気持ちが高まれば高まるほど目を開けていたいんですよ。今回の作品もよく見ていただければ、私が目を開けたままエッチなことをしているシーンがたくさんあります。実際、そのシーンはすごく気持ちが入っているんです。

あと、同じように情熱的になれることが舐めることですね。相手の舌やペニスが溶けてしまうようなキスやフェラが好きです。今回の作品では、そんな気持ちで精液を味わっている姿も見ていただきたいですね」

小4で初めて性に目覚めた少女は今、大人のエロスの最高峰に君臨しつつあります。絶えず進化し続ける女優・山岸逢花さんもデビューしてまだわずか1年。これからの彼女の一挙一動から目が離せません。

取材/文責:編集長原田

【商品のお求めとサンプル動画がコチラ】

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=pred00075/?i3_ref=list&i3_ord=10

『祝!デビュー1周年ごっくん解禁Special山岸逢花』(プレミアム)

【サンスポ連動AV女優の秘密バックナンバー】

緒方エレナちゃんが「シタくなっちゃう時」
白瀬ななみちゃんが「初めてイッた瞬間」
波木はるかちゃんが「初めてイッタ瞬間」
◀小倉由菜ちゃんがAVに出て驚いたこと
真白ここちゃんがAVに出て驚いたこと

JULIAちゃんの「秘密の性感帯」
河合あすなちゃんが「初めてイッた瞬間」
◀桜空ももちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
愛里るいちゃんが「AVに出演して驚いたこと」
優梨まいなちゃんの「私がシタくなっちゃうとき
青山希愛「私の理想のエッチ」