お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【シニアの夜遊び基礎知識】 シニアのための女性器観察

「女性のアソコが見たい!」

健全な日本男児なら誰しも一度はこう思ったことがあるでしょう。

実際、女性器はどんなに見ても飽きることはありません。しかもソコは顔よりもはるかに個性があります。色や形、ビラビラのバランスや大きさに加え、愛液の量や匂いも人によって様々です。

また、同じ女性でも年齢や体験人数、そして出産の有無によってアソコの形は変化していきます。いわば、女性にとっての女性器は、これまでの人生を如実に表す年輪のようなものなのです。

そこで今回は、読者の皆様に「女性器観察」をご提案したいと思います。

何もヌクだけが風俗の醍醐味ではありません。せっかく裸の女性が目の前に出てきてくれるのですから、じっくりマ●コを観賞してみるのも一興です。なんならベレー帽を被り、スケッチブックを持参して女性器を写生してみても良いでしょう。写生してから射精するなんて男にとって、これほどの贅沢はありません。

しかも、そこには嬉しい相乗効果も期待できます。多くの女性はアソコをマジマジと観賞されると、それだけで淫乱のスイッチが入ってしまうのです。事実、指一本触れていないのにソコからはとめどもなくスケベ汁が溢れてきます。これは男性にとっては、とてつもなくコーフンする瞬間ですし、女性にとっては触られて濡れるよりも恥ずかしい瞬間でもあるのです。

当然、写生後のプレイにもお互い熱が入ります。いつも以上の濃厚サービスが期待できるでしょう。

一度、お試しすることをオススメします。

文責:編集長原田

【シニアの夜遊び基礎知識バックナンバー】
馴染みの風俗嬢に手土産を

五月病は風俗で治す
「妄想力」でエロさ倍増
左は「性界」を制する?
◀店で最初に確認すべき事
◀愛撫がうまい人の作法
「褒める」「感謝」を忘れずに!
◀女性が興奮する環境とは?
風俗嬢の母性を掻き立てよ!
風俗プレイも声出していこう!
女性が乱れる「立ち愛撫」
◀春風俗は「M女と遊ぼう」