お色気 めくるめく官能世界へ誘います

【シニアのためのAV試写室】第13回 2018年熟女女優賞獲得!花咲いあんを観るべし!

お笑いでMー1やキングオブコントなどのコンテストがあるようにAV業界にも様々なコンテストが存在します。なかでもAVファンや業界人が最も注目するコンテストのひとつが『スカパーアダルト放送大賞』です。

今年は3月1日に開催されましたが、そこで見事に熟女女優賞を獲得したのが花咲いあん! 現在、AV女優は1万人近くいますが、なかでも「熟女」は年々レベルが上がっており、今や激戦区。ノミネートされるだけでも大変なことです。そんな激戦を制して見事に最優秀を獲得したのですから花咲いあん様は熟女の中の熟女と言えるでしょう。

無類のAV好きの私からしたら獲るべき人が獲ったというのが素直な感想ですが、ご存知のない方のために彼女の素晴らしいスペックをここでご紹介したいと思います。

実はこの花咲いあん様、熟女としてはまだ年が若いのですが、義母、近親相姦、痴女モノ、拷問モノ、アナル、レズ、そして変態首締めモノまでやってのけるほぼNG無しのスーパー女優なんです。そのレパートリーたるや、まさにイオンモールに来たような気分。ないものがないという感じです。これぞ、花咲イアンモール!(笑)。

※右が花咲いあん様。『姉逆3Pトランス花咲いあん 波多野結衣』(痴女ヘブン)羽多野結衣様と共演でのワンシーン

なんでもやれちゃう女優ってたまーにお顔が『??』って方もいらっしゃいますが、いあん様はしっかり美人。体も綺麗。スタイルも良し。その上、ドエロ。特にSの時のいあん様は凄いの一言です。彼女が作品で見せるビンタはモーレツ! 良い意味で容赦がありません。音なんか、天龍源一郎のチョップとほぼ一緒です。

※上が花咲いあん様『姉逆3Pトランス花咲いあん 波多野結衣』(痴女ヘブン)より

Mの時だって、いあん様は一切、手を抜きません。拷問系の作品では、とことん自分を虐めています。いあん様の作品を見ていると日本人が忘れている「根性」という2文字が脳裏に浮かびます。おそらく、いあん様はスパイになって相手に捕まっても絶対口を割りません。ちなみに拷問で口は割りませんが、いあん様はフェラが極めて達者です。男優の喘ぎ声のデシベルが違います。舐める時の音も激エロ。もう楽器。エロフルートです。

※快感に悶え苦しむいあん様『姉逆3Pトランス花咲いあん 波多野結衣』(痴女ヘブン)より

こんなにエロがメガ盛りなのに食傷気味にならず、不思議とまた観たくなるのが、いあん様の真骨頂です。本日は4月1日ですが、嘘だと思ってるアナタ、一度ご覧あれ。

※右がいあん様『●●』(痴女ヘブン)より

今回の作品は動画はありません。申し訳ございません!
動画を視聴したいからは下記作品HPにてサンプル動画をご視聴ください。

【シコシコ先生プロフィール】
普段は「お笑い芸人」という表の顔を持つが、週末は密かにシコシコ先生に変態し、エロコラムを執筆。私生活上の理由で、その正体は決してバレてはならない。関西方面出身。中学2年時に友人宅で友人父が隠し持っていたAVを見て以来、その魅力に取り憑かれ、上京により爆発。現在までに5千本のAVを鑑賞する。男優のしみけん、森林原人などのAV関係者との親交も深い。現在お気に入りの女優は松田美子。

『姉逆3Pトランス花咲いあん 波多野結衣』(痴女ヘブン)
http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=cjod00068/


【シニアのためのAV試写室】

第12回 「シニアに元気と勇気を与える」作品

第11回 珠玉の義母モノに刮目せよ!

第10回 「10年に1人の神乳を目撃せよ!」

第9回 世界の美女「裸体の祭典」

第8回 男優がオススメする女優とは

第7回 ドキドキさせる熟女・井上綾子様

第6回『欲張りさんのオヂサマへ』 

第5回 淫乱の申し子!鮎原いつき様に刮目せよ

第4回『おじさんぽ』

第3回『成人映画のアノ興奮を再び』

第2回『影の勃て役者』

第1回『演技無しのエロメンタリー』