街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.09.01

体調の異変は加齢なのか自然破壊なのか

ニュースでご存知の方も多いとは思いますが、ここ最近は世界中で異常気象が報告されています。

特に気温の上昇と自然災害は酷いもので毎年、多くの死傷者が出ています。

そこに加えて大気汚染や水質汚染はどんどん進んでいるのですから、もはや地球全体が病魔に侵されている状態になっているといっても過言ではありません。

地球自体が病気の状態ですから、そこに暮らす生物だってタダで済むわけがありません。

実際、数年前から鳥インフルエンザやら口蹄疫やらと、家畜を中心にこれまでにはなかった新しい病気が次から次へと出てきています。

では、人間はどうでしょう。

やはり人間も地球上の生き物である以上、当然自然環境悪化の影響を受けているに違いありません。

そうなると今、問題視されている糖尿病や脳卒中や心臓病などの成人病も、本当にただの加齢によるものなのか疑いたくなってしまいます。

事実、糖尿病専門の医師の中には「糖尿病は食事が原因ではない」とはっきり明言されている方々がどんどん増えてきています。

では、何が原因はなんでしょう。

私の旧知の医師は、はっきりとこうおっしゃっています。

「自然環境の悪化が原因である」

衝撃的です。

もっと詳しくいうと「自然環境の悪化によるストレスがすべての病の原因だ」と言っておられるのです。

確かにどんなに健康的な食材を食べてもクソ溜めの中で食事をしていたら健康にはなりませんし、どんなに高級なベッドで寝ても、近くにクソ水が流れていては安眠はできません。

極論を言えば現在の我々の生活は、クソ溜めの中でクソ水が流れ、絶えず屁の臭いが漂う中で生活をしているわけです。

そこに加えてクソみたいなオッサンが傍若無人に振る舞い、クソみたいな若者がスマホ歩きをしながら体当たりをしてくるのですから健康的な生活が送れるわけがありません。

さらに昨今のクソ煽り運転です。

もはや家の中にいても外に出てもクソだらけです。

ひょっとしたら、最近チンコが硬くならないのも、このようなクソまみれの環境が原因なのではないでしょうか。

そればかりではありません。

最近、物忘れが激しいのも、酒に酔いやすくなったのも、クソや小便のキレが悪いのも、もしかしたら加齢ではなく、自然環境の悪化が原因かもしれません。

疑い始めればキリがないのです。

解決策は2つです。

自分も地球上のクソになるか、地球のクソを拭くかです。

我々、中高年ができることは、これからの時代の人のために、せめて地球に新しいクソを撒き散らさないようにすることです。

人に優しく、地球に優しく

それが中高年世代の健康の近道ではないでしょうか。

文責:編集長 原田