街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.08.30

【特集】中高年とあおり運転

ここ最近、テレビではずっと「あおり運転」のニュースが流れています。

本日は政府が「あおり運転の厳罰化」を審議するという旨の報道がなされていました。

この報道であおり運転は縮小の一途を辿っていくとは思いますが、まだ車載カメラがついていない方は、大至急装備したほうがよさそうです。

なぜなら、今度は加害者として立件される可能性があるからです。

あおられたか、あおられなかったかは人によって個人差があります。

普通に運転していても「あおった」と言われれば一巻の終わりなのです。

自分の正当性を主張するためにも車載カメラは早めに装備しておきましょう。

しかし、こんな世の中になるなんて、つくづく嫌な時代になったものです。

そういえば、私が免許証を取ったと大昔、担当教官にこんなことを言われたことを思い出しました。

「車を運転する人間は周囲をイラつかせてはいけない。それが直接的にも間接的にも最大の事故の元だ」

つまり「自分だけが気持ちよく運転するな」と言っていたわけです。

今となっては至極名言です。

確かに自分だけ気持ちの良い運転をできるのは暴走族しかいません。

「俺は誰にも止められないぜ」

こんなことをほざきながら運転している人間は間違いなく最終的には海に落ちます。

海や川や肥溜めに落ちたくなければ、譲り合いと周囲に細心の注意を払う運転が大切といえましょう。

また、「周囲をイライラさせない」ということについては当時の教官にこんなことを教えてもらいました。

「むやみにブレーキを踏んではいけない」

一見、そっちのほうが危ない運転なんじゃないかとも思いましたが、実は何も障害がないのにブレーキを頻繁に踏む行為は後続車の運転手が発狂するほどイラつく行為らしいのです。

また、「挨拶以外はパッシングもクラクションも鳴らすな」とも言われました。

これも怒りに任せて行なった場合、相手をイラつかせるようです。

担当教官曰く「怒りのパッシングはガン飛ばし、怒りのクラクションは馬鹿野郎と叫んでいるのと同じ意味」なんだそうです。

これが挨拶だったりすると「パッシングはウインク、クラクションはありがとうに変わる」というのですから、同じ音なのに不思議なものです。

この際ですから、クラクションも相手をイラつかせない音に変えてみたらどうなんでしょうか。

たとえば鳴らしたら「ピカチュー」と泣き叫ぶ音にしてみたり、女性の「アハーン」などというお色気音にしたりするのです。

この音ならたとえ注意のために鳴らされたとしても相手はズッコケてくれます。

そういった意味では「なんでやねん」とか西川のりお師匠の「ホーホゲキョ」なんかも良いかもしれません。

エロクラクションもいいですね。

「ハアハアハアハア」

「ドピュッ、ドピュッ」

「ピチャピチャ、ヌルヌル」

要は周囲をイラつかせなければ良いのです。

間違っても「ぼーっと生きてんじゃねーよ」などは選択してはいけません。

このままいくと本当にいつか、街中が「変態クラクション」に溢れる日が来るかもしれません。

その日がくるまで安全運転を心がけましょう。

文責:編集長原田