街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.07.19

会社の女の子に伝言を頼んでみたら

皆さまの職場でも「ホワイトボード」というアナログ的なものが、いまだに活用されていたりするのでしょうか。

誰がどこで何をしていて何時に帰ってくるかを記載するアレです。

だいたい職場の一番、目立つところに掲げてあり、同じ部署の者だけでなく外からの来訪者が来ても一目瞭然のアレです。

自己申告なので、ウソばっかり書いている輩もいたりするのですが、私の場合はかなり正直に書いて出かけております。

なぜなら、一度、大ウソを書いて出かけたら、行き先として書いていた取引先の男がアポも入れずにマヌケヅラをしてやってきてしまったことがあるからです。こうなると私は、このマヌケの100倍くらいマヌケな男に陥ります。

こんなことは二度とあってはならないのです。

だから、急に朝から他人様の会社に立ち寄らなければならないことになった時などには、外から会社電話をかけて、すでに出社している人に正直に「どこで何をしていて何時に帰ってくるか」を書いてもらうようにお願いしたりしています。

そして、ウチの部の場合は大抵が内勤の女の子が書いてくれたりするのです。

ある朝、急に朝一でお伺いしなければならない取引案件が発生したので、内勤の女の子が出社する時間を見計らって電話をし、行き先と帰社時間をホワイトボードに記載してもらいました。

その日は2件、立ち寄らねばならない場所があり、帰社予定時間は午後3時。実際は少し予定が押してしまったので、16時に帰社しました。

帰社したら、すぐにホワイトボードに記載された自分のスケジュールを消しに行きます。

そこで、私は思いっ切り腰を抜かしてしまいました。

なぜなら、このような記述が私のホワイトボード欄に記載されていたからです。

ヒーーーーーーッ!

これではただのボンクラ社員ではありませんか。

確かにこの日は「ボートレース振興会」に打ち合わせに行って、その後に浅草ロック座で舞台に出ている川上奈々美さんに取材に行っていました。

しかし、この書き方だと、会社をサボってボートレース場で舟券を買って、大穴を当てて浅草ロック座にしけこんだようにしか見えません。

イマドキ不良高校生だってこんなスケジュールは組みません。

しかも、かなり長時間にわたって「コレ」がホワイトボードにさらされていたことが推察されます。

あわわわわわわっ!

間違いなく社長の目にも止まっていることでしょう。

こうなるくらいだったらホワイトボードにウソを書いてもらったほうが100倍マシでした。

もちろん女の子に罪はありません。

書き方については、かなり様子がおかしいものがありますが、まごうことなき事実です。

今後は外からホワイトボードの記載を頼む時にはヘマがないように「こう書いて欲しい」と具体的にお願いしたいと思います。

職場にホワイトボードがある方は私と同じことにならないように重々、お気をつけください。

文責:編集長原田