街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.07.14

他人には絶対に言えない「雨の日の楽しみ方」

天気予報によると、この3連休は全国的に「雨続き」ということです。

多くの中高年の方は雨天だとあまり外に出たがりません。

理由は様々だと思いますが、男も女も40歳を超えると猫以上に水に濡れるのを嫌う傾向にあるようです。

私も雨の日はハゲた頭が余計にハゲ散らかるので、できるだけ外出は避けています。

強いて出かけるとすればボートレース場か「金太郎花太郎」ぐらいでしょうか。

金儲けか性欲のどちらかが満たされなければ、わざわざ外出はしません。

ところが最近「あること」に気がついてから、雨の日の外出がとても楽しくなってしまいました。

それは「傘をさした人」が、ある種「独特の表情」をしていることに気づいたからです。

特に女性の場合は、それが「汚いチンコを見たときと同じような顔」をしているのです。

普段は笑顔がとっても爽やかな近所の奥さんでさえも、傘の隙間から覗く顔は必ず「汚いチンコ顔」をしています。

ひと昔前、「おいしい顔ってどんな顔」というフレーズで人気のCMがありましたが、まさにその正反対の顔です。

あえて口にまでは出さないまでも、なんとも言えぬ不快な顔。それが、雨の日に傘をさして歩く女性の顔なのです。

そうです。チン先に古いティッシュのカスが着いているのを発見した時に女性が見せるあの顔です。

ちなみに女性は雨でなくても「日傘」をさして歩きますが、その時の顔とは全く違います。

日傘をさしている女性は、どちらかというと「小さいチンコを見た時の顔」に近いかもしれません。

眉間にシワを寄せているのは雨天の時と同じですが、なぜか日傘の場合は「半笑い」だからです。

ともあれ、見ず知らずの女性が「汚いチンコを見た時の表情」を拝めるのが雨天ということになります。

ここまで話を進めると「じゃあ男性の場合はどんな顔をしているんだ」という女性読者の声が聞こえてきそうな気がします。

なので、お答えします。

男性は「下手なフェラチオをされている時のような顔」をしています。

関東は明日も雨のようです。

足元に気をつけて外出してください。

文責:編集長原田