街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.07.07

シニアにとっての「現金」と「カード」街角調査報告

このコーナーで何度も申し上げている通り、人間とは本来「性悪」(しょうわる)な生き物なのです。

古来より、どんな素晴らしい発明がされても悪いことかエロいことにしか使いません

本当にしょーもない動物です。

特にそれが「お金」にまつわる話なら深刻です。

そこで今回はそんな「人類性悪説」に基づいて、我々シニアが今後、現金派でいたほうが良いのか、はたまた時代に合わせてカードを多用したほうが良いのかを徹底検証したいと思います。

ちなみに今回はあえて街の中高年に取材し、それぞれの「デメリット」について聞いてみました。

なぜ「メリット」について聞かなかったかというと、どうせ「便利」とか「時代に合ってる」などという、つまらん答えしか返ってこないからです。なにしろ人間は性悪ですから悪いことを聞いたほうがベラベラとよく喋るのです。本当にしょーもない動物です。

では、さっそくいってみましょう。

【現金のデメリット】(シニア版)

・いつも会計でモタモタして後ろの客をイラつかせてしまう(60代女性)

・酔っ払って会計時に多く支払ってしまったことがある(50代男性)

・財布を盗まれたり無くしたりした時に現金だけは絶対に返ってこない(40代男性)

・うっかり火事を出すと全財産を失う(70代男性)

・現金ではスマホアプリやネット通販ができない(50代女性)

・トイレで紙がない時に紙幣でケツを拭きたくなる誘惑にかられる(50代男性)

・知らないうちに孫や息子に抜き取られる(70代女性)

【カードのデメリット】(シニア版)

・必要以上に無駄遣いをしてしまう(50代男性)

・IDとパスワードを盗まれやすい(40代女性)

・ボッタクリの店で使うとスキミングされる(40代男性)

・うっかりフーゾクやラブホで使えない(50代男性)

・他人(特にアバズレ)に貸すとエライことになる(60代社長)

・後から明細を見た時にいつも腰を抜かすのが嫌だ(50代女性)

・自分の行動をカード会社に知られてしまう(40代女性)

その他にも人によって現金、カード双方に様々なデメリットがあると思いますが、大方上記のような感じでしょう。

ちなみに私は現金派です。

なぜなら、欲望に任せて、ありもしない金をカード払いにすると毎回、明細書が来た時に失禁するほど驚いてしまうからです。そんな時は、いつも世界が終わったような絶望感に陥ります。

加えて仕事柄、いつもいかがわしい場所ばかり行っているので、恐ろしくてみだりにカードを出せないという裏事情もあります。

結局薬局、悪い奴とエロい奴を前にしたら、現金だろうとカードだろうと我々中高年なんてひとたまりもありません。ケツの毛まで抜かれます。

また、自らの欲望を優先してお金をないがしろにすると、私のように毎月、月末に地獄を見るハメになるのです。

要はみだりに「財布を出さない心構え」「現金とカードの使い分け」が大事だと言えます。

でも、財布を出さないことには自信はあっても、現金とカードの使い分けは難しいですよね。

どこかの出版社で「絶対にカードを出してはいけない店ワースト100」とか「カード払いがお得な買い物ベスト2000」みたいな本は出ないもんですかね。

しかし、いずれにせよ、いろんな意味で風俗ばかりは現金払いが良さそうです。

文責:編集長原田