街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.06.18

令和になっても使いたい「古き良きニッポンの掛け声」

どうやら日本列島は6月にして早くもに突入してしまったのかもしれません。少なくともここ、東京はもはや夏同然です。

外を歩くと、とにかく暑い。しかもこの湿度です。ジメジメ、むしむし、肌もベッタベタ。不快指数もどんどん上がります。

ここまでくるとテンパった変態が、いつなんどき往来でタマキンを放り出すかもわかりません。

世の中が完全におかしくなる前に全国民がビシッと「気合い」を入れ直さないと、あちらこちらでタイヘンなことが起こりそうです。

ということで、今回の特集は「気合い」には必要不可欠な「掛け声」について検証したいと思います。

古来より、日本民族は「掛け声」を出すことによって邪念を振り払い、臆病風を吹き飛ばしてきました。

しかし、最近ではすっかり掛け声は使われなくなってしまいました。

これはいけません。

そこで、おさらいの意味も込めて、この場で由緒正しき「掛け声」を列記したいと思います。

「チェスト~!」

・空手、剣道などの打撃時に加え、立ち小便や射精などでも使用できます。ただし、顔射で使うと女性に嫌われることもあるので注意が必要です。

「どっせぇーい」

・主に重たいものを押すときに使います。大便時に使うと大物がひり出せます。

「オー・エス」

・主に重たいものを引っ張るときに使います。ラブホ前で女子を引っ張るときに使っても効果的です。この言葉を繰り返すことでさらにパワーアップします。

「南無三!」

・敵に崖っぷちに追い込まれて海に飛び込むとに使います。現代ではデリヘルで呼んだ女性が写真と全然違ってチェンジ不可能の時に叫びます。また賞味期限が明らかに切れている食べ物を口に放り込む前にも使ったりもします。

「団らんはそこまでだっ」

・主に強盗が他人の家の居間に乱入する時に使います。たとえ押し入った家が団らんしていなくても、礼儀としてこの言葉を発しなければいけません。

「よーし、よしよしよしッ」

・主に動物が嫌がるぐらい可愛がる時に使う掛け声です。動物王国では頻繁に使われています。現代ではご奉仕してくれた風俗嬢に対して帰り際に使うと効果的です。女のコにとって一生、忘れられない客になります。

ここでご紹介したのは氷山の一角です。

日本の歴史の中には、まだまだ素晴らしい掛け声がたくさんあります。

ご自身で調べて是非使ってみてください。

暑さや邪念を振り払うだけでなく、人生に張りが出てくるに違いありません。

みなさまのご健勝を心よりお祈り申し上げます。

文責:編集長原田