街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.06.08

道玄坂で起きた「中年不倫カップル」の悲劇

本日私は、それこそキンタマが縮みあがるような光景を目の当たりにしてしまいました。

それは私が取材のため渋谷の道玄坂のメインストリートを歩いていた時のことです。

道玄坂といえば、言わずと知れた「ラブホテル」の聖地

夜の顔とは打って変わって正午過ぎのその街は若者たちで溢れかえっていました。

そうです。渋谷は「若者の街」でもあるのです。

ラブホテルが軒を連ねる通りを人混みを掛け分けながら取材先に向かっていると、ある場所に若い女の子たちの長~い行列ができていました。

ナンジャラホイ。

どうやらその行列の先には、今流行りのグッズか飲食店があるようです。

女の子たちはみんなオシャレな格好をして友達同士で談笑をしながら自分たちの順番が来るのを待っています。

するとどうでしょう。突然、その場に不釣り合いな2人組が現れたのです。

何を隠そうラブホテルで昼過ぎまで乳繰りあっていたオッサンと女性です。

オッサンは50代、女性のほうは30代半ばといったところでしょうか。

しかも、2人はどう考えても会社帰りの格好なのです。

2人とも白昼の渋谷にはとても似つかわしくないスーツ姿。女の髪の毛は心なしか乱れ、最悪なことにオッサンのワイシャツの襟には口紅とファンデーションがべったりとくっついています。

間違いなく突発性の不倫です。セックスに計画性が全くありません

ここまでくると、小学生だって昨晩この男女に何があったのか容易に想像ができます。

おそらく、金曜日の晩にお互いに発情して、そのまま後先考えずにそのホテルにしけこんだのでしょう。

まさか一夜明けたら女子中高生の集団に囲まれているなど、サカリのついた2人には想像できるはずもありません。

「やだぁ~」

「ちょっと何あれぇ~」

行列の視線は一気に男女に注がれます。

最悪としか言いようがありません。

おっさんの頭がハゲ散らかっている分、余計にものの哀れを感じます。

昼過ぎまでハメ狂った代償がコレとはあまりに不憫です。

気まずさ120%で、もう二度と2人が体を合わせることはないでしょう。

そういえば、同じような光景を他の場所でも見たことがあります。

それは、あるピンサロでの出来事です。

そのピンサロは普段は人通りのあまり多くない商店街の中にあるのですが、ある時間が来ると近所の女子高生の通学路になるのです。

その時は、運悪く昼間っからピンサロにしけこんでいたオッサンが、出てきたところを学校帰りの女子高生軍団に遭遇。

これがまた素行の悪い高校で、オッサンは、そこらじゅうのギャルから言葉にするのもためらわれるようなハシタナイ淫語を浴びせかけられ続けたのです。

言葉責め好きならいざ知らず、普通の神経では到底、耐えることはできません。

私もその光景を見ながら、脱糞寸前にまで追い詰められました。

皆さん、イヤラシイ場所に入るときは、出る時のことも考えて入りましょう。

時としてとんでもないことになることがあるので、ご用心を。

文責:編集長原田