街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.06.01

招かれざる客が自然に帰りたくなるマジナイ

6月がやってまいりました。

6月といえば「結婚式のシーズン」です。

今年の6月は令和最初の「ジューンブライド」ということもあって、数多くのカップルが挙式をすることが予測されます。

もしかしたら皆様の中にもご令嬢やご子息、孫や親戚の子が結婚式を挙げるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしそうなら、おめでたい限りです。

実は私、最近の結婚式でものすごく気になることがあるのです。

それは引き出物などに入っている新郎新婦のお礼状です。

そこには2人の新住所がしたためてあって「お近くにお寄りの際は是非遊びにきてください」などと書かれているのですが、本当に遊びに行ってもいいものなのでしょうか。

普通に考えれば、「遊びに来てください」などと書かれていても、そこは気をきかせて絶対に行きません。

しかし、なかにはテンパって本当に「近くに寄ったから」などとほざきながらアポなしでやってくるアホウも100%いないとは限りません。

実際、私の友人は先日、酔った勢いで「そういえばこの辺にこないだ結婚したばっかりの部下の家があるはずだからそこで飲み直そう」などど、腐ったミカンのような顔をしながらヘドが出るような暴言を吐いておりました。

当然、その場の全員でその男をチャランボして、よその街に連れ去りましたが、もしこのクズが一人でいたらタイヘンなことになっていました。

個人情報のこともありますし、こういう輩がいることを考えると、引き出物に新住所の書かれたブツを入れるなどという風習はいますぐやめたほうが良いと思われます。

しかし、万が一、このような「招かれざる客」が来た時のためにご子息とご令嬢には「あのマジナイ」を教えておいたほうが良いでしょう。

それは「逆さ箒」です。

古来から神国日本では、長居をしたりしてなかなか帰らない客の近くに逆さ箒をセットして、見事に追い返していたものです。

やり方は簡単です。

まず箒を1本購入。

それを客の見えないところで逆さにして立てかけます。

加えて箒の頭の部分に手ぬぐいをかけると、さらに効果的です。

これをやられると、客は知らず知らずのうちに帰りたくなってしまうのです。

他にも押し売り、セールスマン、ひょっとしたらストーカーにも効果があるかもしれません。

皆さんも家や会社に嫌な客がきたらやってみましょう。

文責:編集長原田