街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.05.07

令和は「人間レンタルビジネス」が流行する予感

連休中に感じたことですが、世の中には思っている以上にレンタカーやシェアカーを利用している人が多いような気がします。なにしろ信号待ちをしている車の2台に1台が「わナンバー」なのです。

このことから察するに、今や自家用車は、自分で所有するよりも借りることが主流なのかもしれません。

考えてみると世の中には様々なレンタルやシェアが溢れています。シェアで有名なところではシェアハウスなるものがありますが、イマドキは家具までレンタルしてくれるサービスまであるようです。

家具をレンタルするなど、どういう了見なのかと思っていたら、これが意外にも流行っていて、その理由は飽きたら内装を丸ごと変えることができるからだそうなんです。例えば、今まではヨーロッパ調にしていたけど急に和テイストにするなどです。そう考えると気分転換にもなりますし、経済的で確かに便利です。

また、女性の間ではブランド物のバッグをレンタルするビジネスも好調とのことです。なんでも買えば30万円もするバッグが月数千円で借りられるとのこと。車と違ってバッグの場合は、はたから見ればそれが買ったものなのかレンタルなのかわかりませんので誰でもセレブに見えるわけです。こうなってくると当然、洋服もレンタル、靴もレンタル、時計もアクセサリーもレンタルということになってきます。

もしかしたら現在はレンタルやシェアができないものなど、ほとんどないのかもしれません。

逆に自分で所有しなければならないものも、無いということにもなります。

なんなら、旦那や女房も借りてこれる時代になりそうです。そうなればシングルファザーの方やシングルマザーの方々も夫婦揃って授業参観や運動会に参加できるのです。もちろんジジイやババアのニーズもあるでしょう。敬老の日などにレンタルしてくれば子供の情操教育にとても良い影響を与えるに違いありません。

その他にもロリコンのお兄さんが妹を借りてきたり、ブラコンの女子がお兄ちゃんを借りてきたりとニーズはどんどん広がります。

もちろん、レンタルするのは家族に限ったことではありません。上司や部下もレンタルできる時代になるでしょう。

こうなってくると、家族も組織もあったもんじゃありませんが、もしかしたらそれが新しい時代のあるべく姿になるかもしれません。

文責:編集長原田