街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2019.05.01

【祝!令和】新時代の展望

ついに新しい時代が始まりました。

還暦の方は昭和と平成をちょうど30年づつ経験し、令和でもう30年長生きすれば90歳。めでたいことこの上ありません。これからも健康には重々、気をつけたいところです。

せっかく新時代が始まったわけですから何か新しいことを始めたいというのが人の情というものです。

おそらく皆様の中にも本日から運動を始めたり、禁酒、禁煙、禁マージャンなどの節制を始めたという方も少なくないでしょう。

しかし、私の場合、何かを新しく始めても絶対に続かないことがわかっていますし、今までやってきたことをやめる忍耐力もありません。

できればあまり苦労せずに日々のライフワークとして誰でも簡単にできることを始めたいものです。

あれこれと考えた挙句、本日から「小銭拾い」をライフワークにすることにしました。

自動販売機の釣り銭箱にみだりに指を入れたり、高級マンションの車止めのあたりでタクシーの釣り銭が落ちていないか物色するアレです。

ウォーキングにもなりますし、その上小銭がゲットできるとなれば一石二鳥です。朝一で活動しなければ掃除の人にネコババをされてしまいますので、これで早起きの習慣がつけば一石三鳥。曜日によって、どこに小銭が落ちているのかわかるようになれば、散歩の達人にもなれそうです。

本来は落とし物は警察に届けなければなりませんが、50を超えたジジイが50円やら20円をやらを交番に持っていってもお巡りさんも迷惑でしょう。それどころか、そんなクソジジイは不審者以外のナニモノでもありません。職務質問をされるのが関の山です。

ということで、令和元年5月1日からは「小銭拾い」に徹します。

1年でいくら拾えるか、今から楽しみです。

文責:編集長原田