街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2018.06.24

【流行通信】最近の女性のファンションがドキドキします

6月は多くの家で衣替えをする時期だと思いますが、近頃の女性たちの衣替えっぷりが、どうも気になって仕方がありません。

よもや、お気づきの方も多いかもしれまでんが、老いも若きも学生さんもOLさんも人妻さんまでもが、天下の往来でスケスケ姿で歩いているのです。

まさにスケスケルックの再来です。

嘘だと思われるなら、周囲を見渡してみてください。

あるものは生足を透けさせて、またあるものはブラジャー透けさせて丸出しの乳を放り出し、それはそれは楽しそうに歩いています。

街の中だけではありません。夏が近づくにつれ、スケスケ半裸の女性たちは神聖なオフィスにまで進出してきました。

女性たちは皆、ファッションだとのたまうのですが、一体全体どこの国のファッションに半裸を晒すオシャレがあるというのでしょう。

これがそのスケスケです。

確かに一見、オシャレそうには見えます。

トレンドの最先端だと言われれば、「そうだったのか!」と納得してしまうかもしれません。

しかしやはり、我々シニアからすれば、嫁入り前の娘が下着の上にコレだけ羽織って現れたら、腰を抜かしてしまうでしょう。

考えてもみてください。これが一人ではなく、団体様だったらどうでしょう。

それがオフィスならば、部長は股間が屹立して席から立ち上がれず、ウブな平社員は終業のベルが鳴るまでコピー機の前で「くの字」スタイルです。

もし街の中ならジジイどもは失禁と脱糞を繰り返し、公園なら、子供達は泣き叫ぶに違いありません。

それだけではありません。いつもは御自慢の正直者の孫が、アンデルセン童話の「裸の王様」さながらにスケスケ女性の目の前で「裸だ裸だ」と絶叫し、貴殿は窮地に陥るやもしれません。

どうしてスケスケルックが復活したのでしょうか? さっそく知人の女性に聞いてみました。

「そもそもスケスケルックじゃないですから! シースルートップスっていうんです!

最初は韓国で流行したみたいですよ。

あと、見せられないモノは下に来ませんから! そういう変態みたいな見方をするから日本はいつまで経ってもファッション後進国って言われるんです! もっと美的センスで見られないものなんですかね?」(知人の女性)

お叱り半分、呆れ半分といったところでしょうか。

ちなみに、皆さんはご存知かもしれませんが、今は「見せブラ」というものがあるらしく、一見ランジェリーに見えてもそれは下着ではないそうです。

ですから皆さんも街でスケスケの女性を見ても大騒ぎしないように気をつけてください。

それはあくまでもファッションですから。

追伸:わずかではありますが、男性用のシースルートップスもあるようなので、皆さんもこの夏、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

文責:編集長原田

前の記事 【男の科学】猫で地球の異変を予測できるか?