街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2018.03.29

【男の娯楽】玉を転がして棒を弾いて穴に入れましょう

最近、私の周辺のジジイの間でボーリングが流行っています。

ジジイたちは暇さえあればボーリングに行こうとするので、ナニがそんなに楽しいのか聞いてみたところ、こんな驚くべき答えが返ってきました。

「何かを破壊するのって気持ちいいだろ」

なんと、こともあろうにジジイどもはボーリングをスポーツとしてでなく、破壊活動として楽しんでいたのです。そういえば、何かを破壊して得点を競うスポーツはボーリングぐらいしか思いつきません。

しかしながら、擬似行為といえども、どうして昨今のジジイたちは破壊活動に目覚めてしまったのでしょう。別のジジイがこんなことをのたまっていました。

「最近はテレビでニュース見てても新聞読んでてもも腹が立つことばっかり。

気晴らしに散歩なんかしてると今度は犬の糞を踏む歩きスマホのアバズレに突き飛ばされるはで、これまた腹が立つ。

かといって飼い主に犬の糞を投げつけるわけにもいかないし、アバズレからスマホを取り上げて放り投げるわけにもいかない。せめて何かに怒りをぶつけたいからボーリングに行って、腰が抜けるほど玉を投げてピンを弾き飛ばしてウサを晴らしているのさ」

どうやら破壊活動の原因は世の中に対する怒りだそうです。

こんな連中が集まっているわけですからボーリング場はさぞかし殺気だっているだろうと思いきや、実際に行ってみたらジジイどもはみんな和気藹々としているではありませんか。よく見ると熟女もたくさんいて、ちょっとした中高年の社交場になっているのです。

しかも、ジジイと熟女ときたら一緒にピンをぶっ倒しては、ハイタッチをしたり抱きついたりしてワシャワシャと楽しんでいるのです。いったい、どうしたことでしょう。世の中への怒りをぶつけているというのは嘘だったのでしょうか。

室内スポーツなのになぜか真っ黒に日焼けして、ボーリングのやりすぎで右腕だけが“シオマネキ”のように太くなってしまっている50代のジジイにその辺のところを聞いてみました。

「ここにきてる中高年が何らかの不満を抱えていてウサ晴らしにきているのは本当さ。

僕もそうだけど、ほとんどの人がボーリングをする前はカラオケでウサを晴らしてたみたいだね。

でもカラオケって自分が歌っている時に誰も聞いてなかったり、誰かがマイク独り占めしちゃってなかなか順番回ってこなかったりで余計、腹が立つことも多いでしょ。

それに中高年になるとノリのいい歌なんて知らないしね。

その点、ボーリングは必ず順番が回ってくるし、人のプレイは必ず見るしね。お互い盛り上がれるわけさ。

あとね、見て分かる通り、自然な形で男女がボディタッチできるんだよ。

ジジイたちなんかは女性とハイタッチしたいがために目を血走らせてストライク取りにいってるね。それって若さの証拠だよ。ボーリングやってるとね、体はもちろんだけど、気持ちが若返るのさ

中高年のボーリングブームの聞いてはいけない裏事情を知ってしまいました。

皆さんも一度ジジイ仲間やご近所の熟女と一緒にボーリング場にシケこんでみてはいかがでしょ。

ウサ晴らしになると同時に熟女とイチャコラできて一石二鳥ですよ。

文責:編集長原田

前の記事 【還暦放浪記】ネットカフェ難民編