街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2018.03.25

【シニアおしゃれ道】目力を鍛えましょう

まだ3月ですが、東京は桜が満開です。街ゆく人々の服装も、すっかり春めいてまいりました。

我々シニアも少しぐらいは春らしいおしゃれを楽しみたいものです。

しかしながら、鏡を見ると腰を抜かすぐらい愕然としてしまいます。

ハゲ散らかった頭、いつも充血した目、臭そうな口、耳毛に鼻毛、そして何よりもまな板のように筋肉が落ちた胸と、腹をすかした妖怪のように出っ張った腹。鏡に映った自分の姿を見るにつけ、ガマさながらの脂汗が出てきます。

嗚呼、とても春風が似合いそういありません。

いったいどうしたら良いのでしょう。

そこで快活60編集部は、そんな醜いシニアでも春を謳歌できる方法を探してきました。

題して、目力強化大作戦です。パフパフ。

教えてくれたのは、小社と取引のある美容ライターさんです。例のごとく「こんな下品なサイトに名前を出すと仕事がなくなる」と怯えているので、実名は控えさせていただきます。

さっそく、シニアが春らしく、そして力強く生まれ変わる方法を教えてもらいましょう。

「40歳を超えると目元の筋肉が衰え、重力負けすることで、まぶたが下がって腫れぼったくなり、目が小さく見えるようになってきます。これが顔全体がどんよりとして、老けて見える最大の理由になります。

特に近年はスマホやパソコンの使いすぎで、ほとんどの中高年男性が血行不良の疲れた目をしていますよね。

つまり、目に若々しさがないんです。

春は目元に視線が集まる季節です。だから男性といえども目元に輝きを取り入れれば、自然に春らしい装いを演出することができます」

なんと、目元ひとつで、中高年にも春が来ると?

「はい。しかも男性の場合、目元が生き生きするとそれだけで、力強さを演出できます。目力が強い男性は、女性からすればとてもセクシーに見えます」

ええっ! セクシーですと。若い頃でも言われたことがありません。この年で女性にセクシーなんて言われたら脱糞するほどの喜びです。さっそくどうすれば良いか教えてください。

「わかりました。まず普段の生活の中で簡単にできるエキササイズをお教えしますね。

まぶたを大きく見開いでギュッと閉じる。この繰り返しを10回づつ、1日最低3回はやってください。

実はこれ“目の筋トレ”なんでうすが、垂れ下がってきたまぶたを引き上げる効果があります。

また、この動作をすることで、目の周りにある毛細血管の血行不良を解消する効果もあるようですよ。疲れ目にも最適です」

おお、これなら通勤中でも仕事中でも、飲み会中でもできて継続できそうです。

そういえば、よく貴乃花親方が時々、目を大きく見開く表情をしますが、確かに若乃花親方は目力があって目元が若々しいですね。

「親方が美容のためにそうしているかどうかはわかりませんが、目の筋肉を動かすことは良いことです。

あともうひとつ、これは私が快活60のユーザーさんだけに提案したいことなんですが…」

え! うちの読者だけに教えてくれるんですか? なんですか? 期待に尻の穴が熱くなってきました。

「じゃあ、お話しますね。アイシャドーをすることをお勧めしたいんです。快活60の読者さんて、サイトの名前の通り快活なんですよね。これは遊び心がある紳士にしかお勧めできないんですが、目の周りにアイラインを引くと目力が驚くほど増すんです。

男性ですから黒かブラウンのリキッドで、細めに入れればナチュラルな仕上がりになります」

アイシャドー! 目にクマを入れるんですね。

でもそれって志村ケンの「変なおじさん」みたいになりませんかね。

「変なおじさんはアイメイクを変なおじさんになるように作っているから変に見えるんです。きちんとおしゃれに入れれば変態には見えませんよ(笑)」

皆さん、いかがでしょう。目元をパッチリさせることで、我々中高年も春を謳歌できそうです。ちょっと冒険かもしれませんが、アイメイクもチャレンジしてみてはいかがでしょう。

文責:編集長原田

前の記事 【犬と暮らす】パートナー犬に会ってきましたよ