街角ニュース ほぼ毎日更新!街角のニュースをお届け

2018.01.02

【快眠大作戦】自分だけの「特別な寝具」大追跡

「いい初夢を見たい」

男なら誰でもそう願います。

なぜならこの日の夢は今年1年間の金まわりと女運を占う夢だからです。

だから皆、気合いを入れて寝るのです。

ところがどうでしょう。

いい夢を見た試しがありません

こんな時に限って、いつもなら決して見ることがないような悪夢を見ます。

ちなみに昨晩の私の夢は、頭に懐中電灯を2つ縛り付けた私が、股間に天狗の面を貼り付けて全裸で走り回り、女、子供に石を投げつけられるという物語でした。

まるで「八つ墓村」の変態版です。

なんでよりによって初夢の日に、こんな夢を見てしまったのでしょう。

全裸芸人・アキラ100%が生本番中に「金隠し」を落とすという、とんでもないヘマをやらかしたからでしょうか。

それとも私の深層心理の中にそのような変態願望があるからなのでしょうか。

だとしても、あんまりです

当然、どの夢占いの本にも、そんな変態の夢は解説されていませんでした。

一体、いつになったら「宝船」は私のところにやってくるのでしょう。

一富士二鷹三茄子などという福夢を見ることができた人など、本当にこの世に存在するのでしょうか。

私が見るのはいつも、クソとミソと変態の夢です。

一体、何がいけないというのでしょう。

仮に私が品行方正であるとすれば、寝床に問題があるとしか思えません。

早速、検閲してみました。

敷布団、掛け布団、枕、方角、すべて異常ありません。

寝床の近辺に、私をおとしめるためのお札、いわく付きの置物、呪われた絵画もありません。

寝床に異常がないということは、珍妙な夢の原因は私自身にあるということになります。

極めて遺憾です

実は、多くの方々が私と同じような事態に陥っているのではないでしょうか。

「ここ一番で福夢が見れない」

「毎日のように悪夢にうなされる」

「夢見が悪くて夜中に飛び起きることがある」

これではどんなに睡眠を取っても疲れが取れません。

良質な睡眠とは程遠い状態です。

非常に残念なことですが、原因がわかれば対処法はあります。

それが「抱き枕活用法」です。

そもそもは「いびき防止」に効果的と言われる「横向き寝」を推奨するための商品として注目されていましたが、近年は「別の効果」を指摘する医師や専門家も増えてきました。

それが「癒し効果」です。

なんでも古女房以外の何かを抱いて寝ることは、中高年男性にとって、快眠やリラックス効果を誘発するらしいのです。

また、睡眠時に限らず、抱き枕をすることは、腰痛や足のむくみやダルさの解消にも有効との報告もあります。

さらに、この抱き枕、自分だけのオリジナルカバーを装着することも可能なのです。

最近は、エロアニメやAV女優の助平なイラストや写真が印刷された抱き枕が密かに人気を集めていますが、当然、貴殿お気に入りのドスケベ写真をオーダーメイドで印刷することもできます。

なかには妙なところに穴を開けて、何やらいかがわしいことを楽しんでいらっしゃる方も少なくないとか。

こうなると寝るのが楽しくて楽しくて仕方ありません。

自然と、良い夢を見られるようになるでしょう。

私としては、奇数日は淫夢目当てに女性の淫らなカバーで楽しみ、偶数日は一万円札を散りばめた抱き枕で、億万長者気分を楽しみたいところです。

男の健康は淫らで良質な睡眠が基本。皆様も試してみては如何でしょう。

文責:編集長原田

 

◀前の記事【謹賀新年】戌年はどうやって生きればよいのでしょう

◀次の記事【運気上昇】仕事始めの一番最初にやっておきたい些細なこと