オトナの白書 新聞テレビで報じない心の叫び

【第19回】代替医療とペニスの未来


このコーナーは日本でただ一人のエキスパートと言われる「本田ヒルズタワークリニック」の本田昌毅先生に50代、60代からどうやって男性器を強化すべきかご指南いただくものです。

前回は令和最初の連載ということもあって、本田先生に「新時代のペニス」について語っていただきました。亀頭部にヒアルロン酸等を入れることによって「永久に現役のペニス」を手に入れる方法を伝授していただき、さぞかし多くの読者が腰を抜かしたに違いありません。

今回は前回のテーマをさらに「深掘り」して本田先生から「代替医療とペニス」をテーマに「シニアのポコチン」の衝撃の未来について教えていただきました。

読者の皆様に於かれましては、この話を聞いた瞬間に失禁&脱糞の恐れがありますので、ここから先は「おまる」などをご用意の上、読み進めてください。電車などの公共の場所でお読みの方は「おわっち」などと情けない悲鳴を上げないように細心のご注意をお願いします。

【解禁されていく!? 性器の再生医療】

では、さっそく本田先生にお話をお伺いしましょう。

先生、現在医学界で話題になっている「再生医療」がチンコにも関係するという噂を耳にしましたが本当でしょうか。

「本当です。実は現在の医学では、再生できない臓器はないのです。ただし、現行は倫理的な問題でそれが解禁されていないというのが実情です」

えっ! なんでですか?

「永遠に死なない人間ができてしまうからです」

なんと! 例の少年のように機械のカラダを手に入れなくても生き続けられるんですか? むしろ素晴らしい話じゃないですか! どこに倫理的な問題があるというんです。

「やはり生物学的に『死なない』ということは自然の摂理に逆らう行為ですからね。そもそも世の中のありとあらゆる制度は『人間がいつかは死ぬ』ことを前提に作られています。それにたとえ法制度を変えたとしても人の命が永久に続く場合、どのような不測の事態が起こるのか、まったく見当がつきません。ゆえに技術があっても解禁できないんです」

確かに先祖が10代前から生き続けていて「全員同居」なんてことになったら子孫にとってはかなり面倒臭いことになりそうですね。

でも、だからといって、せっかくの技術をまったく使わずに塩漬けにしていては「絵に描いた餅」ではないですか。まるでせっかくチンコの増大手術をしたのにヤラせてくれる女がいないような状態です。歯がゆいにもほどがあります。

「そうですね。だから今後は、倫理的な問題が少ないところから徐々に再生医療が解禁されていくことが予想されます。その最たるものが日本では『性器』ではないかと私は思うんです」

えっ! なんで「日本では」性器なんですか?

「日本は今、深刻な『少子化』に悩まされているからです」

【卵巣・精巣も若返る再生医療】

なんと! それは若者がちっとも結婚しないから、この際、爺様と婆様の性器を若くして子供を量産しようという考えですね。しかも一度子育てを終えているというノウハウもある上に資金的にも余裕があるわけですし、素晴らしい話じゃないですか!

「いやいや。確かにそれもアリなのかもしれませんが、私が言っているのは『結婚の高齢化』とそれに伴う『高齢出産』対策の話です。

ご存知の通り、現在の日本では男女ともに40歳を超えてから初婚を迎えるなんてケースもザラです。性器の再生医療はそういうご夫婦でも子供を作りやすい環境を作るための医学的なアプローチなんです。

だから寝ている爺様と婆様を起こす話とはちょっと違いますね。

そもそも、すでに子育てが終わった方々が新たに子作りをすることについては、倫理的な問題の前にご家族にとって問題がありそうですね」

そうでしたか。確かに爺さんが勝手に訳のわからん女を連れ込んだり、婆さんが次々と、どこぞでこしらえてきたのかわからん子供を産みまくったら一族としては収拾がつかなくなります。

ちなみにチンコを再生医療でビンビンに若返らせることができるということは精巣自体も再生できるということですよね?

「もちろんです。そうじゃないと少子化対策として意味がありませんよね。同じく卵巣も再生医療で若返らせることが可能です」

すごい時代になりましたね。

【もう夢ではないペニスのチェンジ】

ところで今更なんですが、再生手術はどのような手順で行うんでしょうか?

「難しい話は抜きにして簡単にご説明しますと、幹細胞を保存して、それをベースに臓器を培養するんです。その後完成した臓器を移植します」

い、移植? 急にテンションがダダ下がりです。要は手術で取り付けるということですよね? 私は勝手に体内で新しい細胞が増殖するのかと思っていました。

「もしシニアになっても体内で新しい細胞が増殖するとなったら、それはそれですごいことですね。でも、現状では体外で培養されたものの移植という方法が採られます。要はペニスのチェンジということになりますが、それほど難しい手術ではありません」

難しくないって、それは先生基準ですよね。そもそもペニス中に張り巡らされている毛細血管や神経を完璧につなぐ手術ができる医師なんて、私は本田先生以外に知りません。それに、そこまでして若いペニスを手に入れたいかどうかは、正直悩んでしまいます。

「そのほかにもペニスのチェンジは糖尿病の方なんかにも需要がありそうですね。再生医療は皆さんが思っている以上に進歩しています。もちろん、それに伴う医師の技術も平均値で見れば格段に上がっています。今後、それはますます加速化すると思います。あとは法的な問題だけですね」

皆さん、令和という時代は過去の人間からすれば考えられないぐらい医学的に凄い時代になりそうです。

そう考えると、「老後2000万円問題」も対岸の火事と傍観しているわけにはいきません。

「性と生の長寿」と国政の問題にもっと真剣に取り組まなければなりませんね。

快活60と本田先生を中心にこの問題を今後も検証していきましょう!

取材&文責:編集長原田


取材協力:本田ヒルズタワークリニック
0120-84-0836(ハヨー・オーハンサム)
info@honda-hills.jp

【全国の本田ヒルズタワークリニック】
札幌院
住所
〒060-0042 札幌市中央区大通西1-14-2 桂和大通ビル 50 3F(MAP
電話
0120-4107-44
青森院
住所
〒030-0801 青森市新町2-1-11 ESTビル2階(MAP
電話
0120-84-0836
東京駅前院
住所
〒103−0027 東京都中央区日本橋3−4−16 春陽堂ビル4F(MAP
電話
03-3517-2464
「東京駅」徒歩2分。
名古屋院
住所
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町14-12 セントラルWESTビル5F(MAP
電話
0120-84-0836
JR「名古屋駅」徒歩5分。 名古屋高速「名駅出口」車で10分
金沢院
住所
〒920-0853 石川県金沢市本町 2-7-1 越田ビル2F(MAP
電話
0120-84-0836
2016年9月9・10日新規開院。予約先着5名さま治療費半額。「金沢駅」徒歩5分
京都院
住所
〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町11(MAP
電話
0120-84-0836
「京都駅八条口」徒歩2分。 阪神高速8号京都線「上鳥羽IC」車で10分。
神戸院
住所
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21 東館E304(MAP
電話
0120-84-0836
「新神戸駅」徒歩2分 1階にファミリーマート
岡山院
住所
〒700-0901 岡山県岡山市北区本町1-18 駅前ビル3F(MAP
電話
0120-84-0836
「岡山駅」徒歩2分。
小倉院
住所
〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町3-5-7 KSKコアビル4F(MAP
電話
0120-84-0836
「小倉駅」徒歩2分(コレット井筒屋裏)。 北九州都市高速「富野出口」車で5分。
那覇院
住所
〒902-0072 沖縄県那覇市字真地362-1(MAP
電話
0120-84-0836
「那覇IC」車で5分。