オトナの白書 新聞テレビで報じない心の叫び

【第13回】切らない包茎手術


このコーナーは日本でただ一人のエキスパートと言われる「本田ヒルズタワークリニック」の本田昌毅院長に50代、60代からどうやって男性器を強化するべきかを御指南いただくものです。

前回はペニスの増大術に使われるヒアルロン酸について、恐ろしい話と未来に向けて明るい話の双方をお伺いすることができました。

読者の皆様の中には、恐ろしいほうの話を聞いて腰を抜かし、明るい未来の展望に胸を躍らせた方も少なくないと思います。

そこで今回は「男性医療の明るい未来」と題して本田先生からお話をお伺いしたいと思います。そこには本田先生が「日本でただ一人のエキスパート」と言われる秘密が隠されておりました。ここから先をお読みの方は周囲をよく確認し、自分のチンコを握りしめながら拝読いただければ幸いです。

それではさっそく皆様をドクター本田の素晴らしい「匠」の世界にご案内しましょう。

【“切らない包茎手術”は『短小』と『包茎』と『早漏』の解消がセット】

先生、巷では先生が何やら「賞」をいただくらしいと騒いでいますが、いったいそれは何なんでしょう。

「よく知ってますね。実は私も詳細は確認していないんですが、ニューヨークタイムズ紙の香港版で“世界のエラリーダー”の一人として表彰されるみたいなんですよ」

なんと! それはすごいですね。ところで「エラ」って何ですか? よもや亀頭のエラのことではございませんよね。

「エラは英語で“時代”を表すので直訳すると“時代のリーダー”ということになりますね。亀頭のエラとはエラい違いです」

おわっち! 見事な意趣返し。お見それいたしました。ちなみに先生は様々な独自の技術をお持ちですよね。例えば全国10医院をたった一人で回診していたり、切らない包茎手術だったり。そうそう、このコーナーでもご紹介させていただいた「女性の名器」を6種類も人工的に作り出す技術も国内では先生しかできませんよね。いったい何がエラリーダーに選ばれたんでしょう。

「それがまだ分からないんですよ。おそらく、性器専門医として、そういうひとつひとつの努力の積み重ねが評価されたんじゃないですかね。でも一人で回診していることや名器作りは表彰されづらいと思うので、もしかしたら“切らない包茎手術”が評価されたのかもしれません」

なるほど。それではその「切らない包茎手術」について詳しく教えていただけませんでしょうか。

「いいでしょう。ちょっと話は長くなりますが、まず最初に私の“切らない包茎手術”が『短小』と『包茎』と『早漏』の解消がセットであるということを頭に入れておいてください」

ええっ! 包茎の治療なのに短小と早漏もオプションでついてくるんですか! それは聞き捨てなりません。早く教えてください!」

「まあまあ、落ち着いてください。よく“包茎は何が原因か”と聞かれることが多いんですが、私の考えとしては包茎の大きな原因は“ペニスの未発達”ではないかと想定しているんです。実際、思春期のある時期に、本来発達しなければならないペニスの成長が途中で止まってしまった人が包茎であることが多いんです。例えば、赤ちゃんと子供は基本的に包茎ですよね。もちろん遺伝的な問題もあるとは思いますが、包茎の方は子供のペニスのまま大人になったと仮定できます」

子供の心を持ったまま大人になった人物といえばピーターパンが有名ですが、子供のチンコを持ったまま大人になった男性は悲惨以外のナニモノでもありません。先生、いったいどうすれば良いのでしょう。

【まさに神ワザ!切らない長茎術】

「安心してください。要はペニスの発達の過程をオペで再現してあげれば良いのです。まずここでペニスの発達過程を簡単におさらいしておきましょう。

まず最初のペニスの成長過程としては陰茎が長く太くなります。そうなると自然に亀頭が剥けますよね。剥けた亀頭はさらに発達します。ちなみにここで亀頭が十分に発達できていないと早漏になります。実は包茎に悩む方の多くが、この最初の過程である『陰茎が長く太くなる』ところで成長が止まってしまっていることが多いんです。実際、包茎で悩んでいる方は短小でも悩んでいることが少なくありません。それで“未発達”を解消してあげるにはまず、ペニスを長くすれば良いのではないかという発想に至ったわけです」

なるほど! 確かにチンコさえ長くなれば被っていた皮は後退します。ということは先生の「切らない包茎手術」の正体は「長茎術」ということですか? あれ、でも先生、長茎術は普通、ペニスの根元を切りますよ。いったいどういうことですか?

「確かに“普通は”そうですね(笑)。でも、包茎を解消するために体の一部を切って長茎をするのでは、全く意味がありません。なぜなら包茎手術よりも傷が大きくなってしまうからです。だから私の場合、針と糸だけを使って切らずに長茎術を施しています」

ええっ! 針と糸だけで長茎ですって。それじゃあ、引っ張り出す部分が見えないじゃないですか! まさかそんな神業が可能なんですか?

「もちろん可能です。そこは4万人もの患者を施術してきた経験がモノを言います。私ぐらいになると、目をつぶっていてもミリ単位でどこに何があるかがわかります。むしろ視覚にとらわれたほうが判断を誤るかもしれませんね(笑)」

ドシーーーッ! 先生、あまりの衝撃に腰が抜けそうです。まさに神の領域です。

しかしながら、そもそもナゼ先生は切らずに針と糸だけで長茎をやろうなんて考えたんですか? 医師の立場からすれば、切ったほうが楽じゃないですか。

「その答えはとても簡単です。それは私とペニスが関わらないことがペニスにとってはいいことだからです」

えっ! 意味がわかりません。どういうことですか?

「当たり前の話ですが、オペの時、私が何もいじらなければ何も起こらないわけですよね」

ええ、ええ。そりゃそうでしょう。

「普通、医師は手術台を前にして患者に何もしない時間は1秒たりともありません。手術の時間が1時間であれば、休憩することなく絶えず患者をいじっているわけです」

それはそうでしょう。むしろ、途中で飯を食われたり看護師とイチャコラされたらたまったもんじゃありません。

「つまり、それは裏を返せば1時間の間、患者に何かしらの傷をつけていることになるんです」

あ。

「ということは傷をつければつけるほどリカバリーの時間が長くなるということにつながるわけです」

あわわわわっ!

「もし、完治までの期間が1カ月と言われたとしましょう。それは裏を返せば“未完治期間が1カ月”と同じことなんです。未完治の状態が長く続けば続くほど、様々な問題が起きる可能性があります。例えば大きな出血や化膿、傷口が開いてしまうなどですね。

でも、傷口が針の穴しかなかったら数時間で完治します。なぜなら、インフルエンザの注射や採血のレベルと変わらないからです。当然、手術もすぐに終わるし痛みも少ない。加えて術後に問題の起きる可能性も少なくなりますよね。

だから、私が極力ペニスと関わらないことがペニスにとってもダメージが少ない。つまりペニスにとって良いことだと考えたんです」

ギャオス! そこまで患者のことを考えていたとは! もう先生にケツを向けては眠れません!

でも、そんなことができる医師が先生の他にもいらっしゃるんですか?

「今までこれを完璧にできる医師は見たことがありませんね。特に長茎は難しいですしね」

やっぱり。アリガタヤ、アリガタヤです。いやはや先生、本日も素晴らしい話でした。ありがとうございます。

「いやいや、話はまだ終わっていませんよ」

えっ? その他にもあるんですか?

【15分で完了!奇跡の増大術】

「もちろんです。先ほど私は『包茎』と『短小』と『早漏』をセットで考えていただきたいと申し上げましたよね。この段階ではまだ茎を長くしただけで太くする過程と早漏を解消する過程が不十分なんです」

な、なんですと! いったい、この上ナニをなさるというんです。

増大です。前回もお話しした1回入れたら永久に消滅しないフィラー剤を亀頭に注入します。これにより初めて亀頭が発達し、早漏も解消されます」

ヒーーーッ! ナンマンダブナンマンダブッ! 先生に後光が差して見えます。アリガタサのあまり脱糞しそうです。恐る恐るお伺いしますが、長茎に増大も加えて手術時間はどれぐらいなんでしょ?

「そうですね。長くて20分。早ければ15分で終わります。両方とも傷口は針の穴程度しか開いていませんから次の日からお風呂にも入れますし、セックスも可能です」

もはや驚きすぎて大概のことには驚かなくなってしまいました。今、目の前で裸の女性がM字開脚していても晩のおかずの心配ができそうです。まさに先生はナンバーワンでありオンリーワンですね。わかってはいたことですが、改めてお話を聞くと、毎回驚かされます。ニューヨークタイムズ紙で表彰されても当然ですし、もしノーベルペニス学賞なるものがあったら間違いなく先生が受賞するでしょう。

読者の皆さん、受賞が終われば本田先生は世界中から引っ張りだこです。先生が日本からいなくなってしまう前にペニスの悩みを相談してみましょう。きっと明るい未来が開けること間違いなしです。

 

取材&文責:編集長原田


取材協力:本田ヒルズタワークリニック
0120-84-0836(ハヨー・オーハンサム)
info@honda-hills.jp

【全国の本田ヒルズタワークリニック】
札幌院
住所
〒060-0042 札幌市中央区大通西1-14-2 桂和大通ビル 50 3F(MAP
電話
0120-4107-44
青森院
住所
〒030-0801 青森市新町2-1-11 ESTビル2階(MAP
電話
0120-84-0836
東京駅前院
住所
〒103−0027 東京都中央区日本橋3−4−16 春陽堂ビル4F(MAP
電話
03-3517-2464
「東京駅」徒歩2分。
名古屋院
住所
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町14-12 セントラルWESTビル5F(MAP
電話
0120-84-0836
JR「名古屋駅」徒歩5分。 名古屋高速「名駅出口」車で10分
金沢院
住所
〒920-0853 石川県金沢市本町 2-7-1 越田ビル2F(MAP
電話
0120-84-0836
2016年9月9・10日新規開院。予約先着5名さま治療費半額。「金沢駅」徒歩5分
京都院
住所
〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町11(MAP
電話
0120-84-0836
「京都駅八条口」徒歩2分。 阪神高速8号京都線「上鳥羽IC」車で10分。
神戸院
住所
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21 東館E304(MAP
電話
0120-84-0836
「新神戸駅」徒歩2分 1階にファミリーマート
岡山院
住所
〒700-0901 岡山県岡山市北区本町1-18 駅前ビル3F(MAP
電話
0120-84-0836
「岡山駅」徒歩2分。
小倉院
住所
〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町3-5-7 KSKコアビル4F(MAP
電話
0120-84-0836
「小倉駅」徒歩2分(コレット井筒屋裏)。 北九州都市高速「富野出口」車で5分。
那覇院
住所
〒902-0072 沖縄県那覇市字真地362-1(MAP
電話
0120-84-0836
「那覇IC」車で5分。